サブスクリプション

サブスクリプションビジネスに重要なロイヤルカスタマーを育成するシステムとおすすめのツール

今、都心を中心にサブスクリプションサービスを提供する企業が多くなってきました。

サブスクリプションとは、顧客が企業に対し所定の料金を支払うことで、一カ月もしくは一年など定められた機関において、企業が提供するサービスを自由に利用することができるという仕組みです。

定額制と同じような意味を捉える方も多いかと思いますが、定額制はただ単に料金を支払ってモノを提供するという仕組みに対し、サブスクリプションはいかにして顧客との関係性を継続させるかということを重視しています。

だからこそ、豊富な料金プランを提案したり、無料期間や休止制度などを導入し、ユーザーフレンドリーな精度を設け、顧客を取り込める仕組みが重要なのです。

サブスクリプションビジネスとして安定した収益を出すためには、「ロイヤルカスタマー」と呼ばれるファン化したリピーターを少しでも多く増やすことが重要です。

ロイヤルカスタマーを増やすためには、顧客を囲い込むためのロイヤルカスタマー戦略を考案し実施しなければなりません。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに重要なロイヤルカスタマーを育成するシステムとおすすめのツールをご紹介していきたいと思います。

ロイヤルカスタマーの育成に力を入れたいとお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ロイヤルカスタマーを育成するシステム

CRM

CRMは、Customer Relationship Managementの頭文字を取った略語です。

日本語に訳すると、顧客関係管理という意味を持ち、企業目線でサービスを提供するのではなく、顧客目線で見て「こんなサービスや商品が欲しい」という視点を持つことです。

CRMの考え方は、どれほど優秀な人材が優れた商品やサービスを開発しても、実際にそれを利用する人がいなければ、ビジネスとしては成り立たないというものであり、顧客を中心として考えた戦略を考案していきます。

SFA

SFAは、Sales Force Automationの頭文字を取った略語です。

営業支援システムのことを指し、予算と実績を比較して目標達成状況を可視化する機能、それぞれの案件の進捗状況を把握する機能、営業活動を記録し報告する機能などが備わっています。

これらの機能により、営業活動を標準化することができるようになったため、営業体制を安定させることができるのです。

MA

MAは、Marketing Automationの頭文字を取った略称で、顧客一人一人と長期的な関係を構築するためのプラットフォームです。

今、スマートフォンとSNSがかなり普及している時代であるからこそ、顧客は自ら膨大な量の情報に触れることができるようになったため、その顧客一人一人に確実にメッセージを届けるための手法の一つとしてMAが活用されているのです。

ロイヤルカスタマーを育成するおすすめのツール

O2Oアプリ

O2OアプリはOnline to Onlineの略称であり、主にEコマース分野にて利用されており、インターネット上の情報が、現実世界の顧客の購買行動を促進させることを意味しています。

オンラインからオフラインへ顧客を送ることができますし、何よりもリピーターとコミュニケーションを取ることができるので、ロイヤルカスタマーを育成するにはかなり有効活用することができるでしょう。

オウンドメディア

オウンドメディアは、Webサイトやブログ、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSなど、自社が保有するメディアのことです。

オウンドメディアは自社の世界観を演出できるよう、作りこむまでに少し時間がかかってしまいますが、ある程度完成すれば自社のものとして自由に運用することができることが強みでしょう。

広くアピールすることができますので、見込み顧客や潜在顧客をロイヤルカスタマーにするきっかけになる場合もあるのです。

SNS

SNSとは、ソーシャルネットワークサービスのことであり、スマートフォンの発展とアプリが多くなるにつれて、さまざまな種類のSNSアプリが開発されています。

SNSは今、非常に利用者が多くなっていますので、商品やサービスのこと、企業のこと、ブランドのことを掲載することで多くの人の目に止まりやすいことが強みでしょう。

また、SNSを経由してオウンドメディアに見込み顧客を誘導する手法も可能になります。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスに重要なロイヤルカスタマーを育成するシステムとおすすめのツールについてお話させていただきました。

サブスクリプションビジネスの運営を安定させるためには、いかにロイヤルカスタマーを維持し、増加させるかということが重要です。

新規顧客獲得が難しくなっているからこそ、ロイヤルカスタマーの存在は企業にとって非常に大事な位置づけになるでしょう。

ぜひこれらのシステムを理解してツールを用い、ロイヤルカスタマーを効率よく育成してくださいね。

まずは気軽に問合せ