サブスクリプション

サブスクリプションの売り上げを正確に管理するためのポイント

サブスクリプションの売り上げを正確に管理するための2つのポイント

サブスクリプションビジネスとは、今大きな成長を遂げているビジネスモデルです。

消費者がモノを所有する、ということよりも「利用」することへ価値を感じるようになり、その消費者のニーズに合わせて生まれたものが、このサブスクリプションというビジネスモデルなのです。

サブスクリプションビジネスというものは、商品やサービスを売り切るのではなく、その商品やサービスの利用期間にあわせた料金を課金形態で支払う、というものです。

消費者のインターネットの利用率の増加により、インターネット上で提供できるデジタル商品やデジタルサービスが多くなってきたことが、サブスクリプションビジネスの拡大に大きく関わっています。

消費者に対しても、売り切り手法で購入するよりも低コストで利用することができますし、希望するサービスを満足のいくまで楽しむことができる、ということは非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

非常に魅力的なビジネスモデルであると言えますが、サブスクリプションビジネスでは売り上げの管理に問題点を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションの売り上げを正確に管理するための2つのポイントについてお話ししていきたいと思います。

今現在サブスクリプションビジネスの展開をされている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

売り上げに関する基本的な考え方

サブスクリプションビジネスでは基本的には「月額支払」という形態です。

ですので、売り上げを計上する場合には、毎月計上することになります。

そしてもし、年間払いの料金携帯であるのであれば、一年分の売り上げが最初の月に支払われることになるのですが、この契約は一年間商品やサービスを提供し続けなければなりません。

たとえば、月額費用1,000円のサブスクリプションサービスであったとしましょう。

年間支払は12,000円になりますが、11,000円になるプランがあったとしましょう。

そうなると、初回月を990円に設定すると、残りの11ヶ月を910円に設定するという計上処理が一般的です。

もしくはサービス提供が終わった時点で、一年分を一括計上することもできます。

いわゆる、サブスクリプションビジネスでの売り上げに関する基本的な考え方は、顧客が利用し続ける限りそのサービスを提供し、その対価をもらうのですが、ある程度の区切りがなければ売り上げを計上することができないので、月額払いにして毎月計上し、長期契約を個別に用意する場合には、顧客の支払いのタイミングを検討する、ということなのです。

ポイント1:会計ルールを明確にする

契約期間や料金システムが異なるサブスクリプションだからこそ、あらかじめ処理方法を決めておき、会計ルールを明確にする必要があるのです。

年間支払の売り上げ計上を月ごとの按分にするか、それともサービス提供が終わる月に一括計上するか、というように企業内でルールを統一し、社内で認知された会計ルールを明確にしておくと良いでしょう。

この会計ルールを明確にしておくことで、計上漏れなどのミスを防ぐことにも繋がります。

基本的に売り上げは、サービス提供の終了時に計上することが基本であるため、顧客がサブスクリプションサービスを長期にわたって利用される場合であれば、料金支払いのタイミングや利用期間の区切りについて、顧客と話し合って決めることも大切です。

ポイント2:請求管理クラウドワークスの活用

サブスクリプションサービスは、顧客によって課金体系が異なっていたり、請求書を大量に発行しなければならなかったりと、会計処理がかなり複雑になっていることが多いのです。

ですので、契約件数が多ければ多いほど、その分だけ作業量も非常に多くなってしまうのです。

もちろん、個人で管理する分にはエクセル等で効率化を図り、請求管理を行う場合もあるのですが、複数人で共有して管理する場合であれば、効率が悪くなってしまうことが予想されるでしょう。

そのような状況を回避するためにも、請求管理クラウドワークスを活用することをおすすめします。

多くの請求書を発行しなければならないビジネスは、請求管理クラウドサービスとの相性が非常に良く、作業効率がかなり上がります。

こういったクラウドサービスを積極的に活用していくことで、より良いサービスを提供することができますし、請求管理クラウドサービス自体、サブスクリプションサービスであるため、顧客が受けているサービスを自ら受け、メリットを体感することができるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションの売り上げを正確に管理するための2つのポイントについてお話しさせていただきました。

売り上げ管理は非常に頭を悩ませる問題かと思いますが、これら2つのポイントを意識することで、確実に作業効率は良くなりますし、管理体制も整います。

サブスクリプションビジネスを展開されている方は、ぜひさっそくこの2つのポイントを意識してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ