サブスクリプション

サブスクリプションビジネスを成功させるため、検索エンジンに評価されるコンテンツ作り

ここ数年、消費者はモノを購入するよりも、体験に料金を支払うことが多くなりました。

だからこそ、消費者が商品やサービスを購入せず、それを一定期間利用することができる「権利」に対して料金を支払う、サブスクリプションビジネスの需要が増しているのでしょう。

消費者がモノを所有することから、利用することへ志向が変化していることが分かりますね。

サブスクリプションビジネスを行うには、Webサイトの運営が必要不可欠になっており、このWebサイトのアクセス数こそ、売り上げに大きく影響していきます。

だからこそ、Webサイトが検索エンジンに評価されるためのコンテンツ作りは必要不可欠になっているのです。

より多くコンテンツを作成すれば良いと考えられがちですが、実際はどれほど検索エンジンを量産したとしても、検索エンジンに評価されなければ大きなアクセス向上を見込むことができず、意味が無くなってしまうのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスを成功させるため、検索エンジンに評価されるコンテンツ作りについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスで効率よくWebサイト運営を行いたい、と思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

密度の高いコンテンツを作成し顧客満足度を上げる

検索エンジンに高い評価をもらうためには、Webサイトに訪れた顧客に満足感を与えることができるようなコンテンツが重要です。

アクセス向上を目指すのであれば、キーワードのリサーチや、タイトルの工夫、導入文の工夫など、さまざまなテクニックがあります。

ですが、これらのテクニックは小手先のテクニックでありますので、大前提には質の高いコンテンツがあって初めて有効に作用します。

つまり、質の低いコンテンツであれば、どのようなテクニックを用いたとしてもすぐにWebサイトから離脱されてしまい、アクセス数は上昇しないのです。

まずはあなた自身が顧客の立場に立って、物事を検索するシーンを思い出し、何を知りたいのか、どのような疑問を解消したいのかということを考えてみましょう。

Webサイトを運営するからには、顧客が知りたい情報を提供しなければならず、さらにその企業だけの魅力的な情報を提供することこそ、顧客満足度を向上させるコンテンツに繋がるでしょう。

顧客が求めているものを理解する

専門性と独自性の高いWebライティングが検索エンジンから高く評価されるのですが、これだけでは検索結果順位が上がるか、というとそうではありません。

どれだけ専門性が高く、密度の濃いコンテンツを提供したとしても、そのコンテンツが少人数にしか求められていない情報であれば、高評価を得にくいでしょう。

顧客が求めている情報に対して、適切な回答を用意していることはもちろん、より多くのお顧客が求めている情報を提供することが重要です。

ですがここでも、多くの顧客が求めている情報は、もうすでに大手企業が提供している場合が多いので、通常のスピードでは太刀打ちできないこともあるでしょう。

だからこそ、どのような顧客層をターゲットとし、その顧客層はどのような情報を求めているのか、ということをしっかり理解しなければなりません。

ここで、キーワードリサーチというテクニックが良いでしょう。

検索エンジンから高評価を得るテクニックであるキーワードリサーチは、自社Webサイトが属しているジャンルや属性、関連性のあるキーワードを調べ、リストアップしてくれますので、それと自社のターゲット顧客層を重ね合わせ、キーワードをどんどん絞り込んでいきましょう。

タイトルはコンテンツの顔

上記までの項目を完璧にしてから、ようやくタイトルの設定に入ります。

タイトルの設定も非常に重要なポイントであり、質の高いコンテンツを用意し、そして顧客が求めている情報を提供して初めてタイトルによる呼び込みが成立します。

タイトルを設定する際、より多くの顧客に見てほしいと思ってしまうあまり、内容とかけ離れたタイトルを設定してしまうことがあるでしょう。

顧客からの関心が高いタイトルを設定することができたとしても、そのタイトルとコンテンツ内容がかけ離れてしまっていれば、評価は高まることはありません。

タイトルで提案したものをコンテンツで答えることができるような中身を統一するという工夫が重要です。

タイトルを選定する場合は特に、顧客視点に立つことがコツとなります。

自分がもしそれを検索する場合、どのようなキーワードを組み合わせるのか、どのようなタイトルとコンテンツであれば、検索結果上位に来るのか、ということをしっかり見ておきましょう。

顧客が使いやすく快適なWebサイト

さらに検索エンジンから高評価を得るためには、いかに顧客がストレスなく使うことができるかということが重要です。

もし、顧客が検索して自社Webサイトに対し、面白い、役に立つと思ってもらうことができても、ページ自体が見にくい場合は顧客にストレスを与えてしまいます。

だからこそ、Webライティングにおいては、ユーザビリティをしっかり理解し、目的に応えに辿り着きやすいということが重要です。

そして、もし内容がかなり充実していたとしても、文章が長く伸びすぎてしまっている場合は、目的の内容に辿り着かないまま離脱してしまうこともありますので、まずは結論を最初に挙げることも意識しましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスを成功させるため、検索エンジンに評価されるコンテンツ作りについて、詳しくお話させていただきました。

検索エンジンに評価されるコンテンツは、独自性と専門性はもちろん、これら両方を満たすための要素をしっかり把握することが重要ですので、訪れた顧客が快適に、ストレスなく利用することができるコンテンツ作りを心がけましょう。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ