サブスクリプション

サブスクリプションSEO対策において、知っておくべき「サーチコンソロール」

今、多くの企業からサブスクリプションビジネスに対する注目度が高まっています。

サブスクリプションとは、料金を支払うことで一定期間商品を自由に受けることができるビジネスモデルのことを言い、ユーザーは毎日好きな時に自由にサービスやコンテンツを利用することができるようになっています。

ビジネスとしてサブスクリプションを考えた場合、ただ価格が安いだけではユーザーに飽きられやすい傾向がありますので、
ユーザー自身が趣味趣向に合わせて新たな商品を知ることができライフスタイルを向上させることができるという
サブスクリプションサービスを利用することで得られるプラスの価値を提供しなければ、サブスクリプションビジネスを長続きすることはできません。

サブスクリプションビジネスを行う際には、徹底したSEO対策を行わなければならないのですが、その際「サーチコンソロール」を活用すべきです。

サーチコンソロールは、サブスクリプションWebサイトを運営する際にも必須と言える重要なツールと言えるでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションSEO対策において、知っておくべき「サーチコンソロール」について、詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを効率良く行いたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サーチコンソロールとは

サーチコンソロールとは、Googleが提供している無料サービスのことであり、Googleでの検査結果を監視、そして管理することができるツールです。

もう少し詳しく見ると、
クリック数クリック率掲載順位などのSEO対策に必要となる詳細な情報を知ることができますので、特に初心者の方にはおすすめです。

またWebサイトのページを新しく追加した場合、サーチコンソロールを活用することで、より検索結果に反映される可能性が高まります。

他にもさまざまな機能が備わっており、どの機能においてもWebサイト運営には必要な機能であり、これらの機能が無料で利用することができるということが、非常に大きなメリットでしょう。

サーチコンソロールで押さえておくべきポイント

検索クエリ

検索クエリとは、どのようなユーザーがどのようなキーワードで検索し、Webサイトが表示されたのか、ということを知ることができる機能です。

検索クエリを利用するには、検索パフォーマンスというボタンをクリックすることで利用することができます。

自社Webサイトがどのキーワードで検索され、掲載順位やクリック率も見ることができますので、Webサイトのページを作成する際に活用することができるでしょう。

特に初心者の方は、自身の主観のみでWebサイトを作ってしまいがちですので、検索クリエを積極的に活用し、改善を続け、
検索結果上位に表示されやすいWebサイトを作ることが重要です。

インデックス

Webサイトの更新、もしくは新しいページを追加する際は、インデックスを活用しましょう。

Googleは情報を検索エンジンのデータベースに格納することで、検索結果が反映される仕組みになっていますので、変更した情報が検索結果に反映されるまで少し時間がかかってしまいます。

どれくらいの変更によってどれほどの時間がインデックスされるのか、ということははっきりと発表されていませんので、1日でインデックスされる場合があれば、数カ月もかかるという場合もありますので注意しましょう。

クローラー

クローラーは、もうすでに登録されておりWebサイトを回り、インターネット上で自由に情報を集める作業をする機能であり、クローラーによって更新された情報などが自動的に集められます。

上記で説明したインデックスを申請することは、クローラーに来てもらうよう依頼することと同じことなのです。

ですが、Webサイトの頻度によってクローラーが行われており、さらにAIによって機能されていますので、更新頻度の高いWebサイトは多くクロールされ、
更新頻度が低いWebサイトはクロールが少なくなると言われています。

実際にその規則が公表されておらず、自身でクローラーをコントロールすることはできないのですが、サーチコンソロールによって自身のWebサイトのクロール状況を確認することができ、
その情報を知ることができますので、Webサイトの管理がしやすくなるでしょう。

サイトマップ

サイトマップとは、Webサイト内の案内図のことであり、サーチコンソロールからサイトマップを登録することで、インデックスされるまでの時間が短くなりやすいと言われています。

クローラーはインターネット上を自由に回っていますので、Webサイト内のページ数が多いWebサイトや複雑な構成のWebサイトは、すべてクロールしてもらえない可能性もありますので、サイトマップを登録し、全体にクロールしてもらいやすくしましょう。

サイトマップの登録は最初のうちに行い、その後は定期的にサイトマップを送信し、上手に活用しておきましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションSEO対策において、知っておくべき「サーチコンソロール」についてお話させていただきました。

「SEO対策」と聞くと、つい難しくも考えてしまうのですが、初心者でも扱いやすい機能を活用することで、Webサイトの質を向上させることができるのです。

もちろんサーチコンソロールを活用するとすぐに結果が出る、ということではないのですが、
検索順位などで徐々に効果を実感することができますので、ぜひサブスクリプションビジネスのSEO対策のため、サーチコンソロールの知識を増やしてくださいね。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ