サブスクリプション

サブスクリプション企業で行うべきセキュリティ対策

ここ数年、着実にサブスクリプションサービスの数が多くなってきています。

サブスクリプションサービスの代表事例と言えば、Amazon primeApple Musicなどがあります。

デジタルサービスこそサブスクリプションビジネスにふさわしいと考えられていたのですが、今サブスクリプションサービスの需要がどんどん増しており、業種問わず多くの企業がサブスクリプションビジネスの導入を始めています。

今後もさらにサブスクリプションサービスの需要が高まると考えられますので、自社ビジネスにもサブスクリプションの導入を検討されている方も多いことでしょう。

サブスクリプションビジネスを行う際、まず最初に「ウイルス対策」をしっかり行わなければなりません。

特に企業としてビジネスに取り組む場合、おろそかになってはいけないことがウイルスやハッキングへの対策です。

パソコンやタブレット、ルーター、回線、ビジネス用スマートフォンなどを用いる場合は、必須でしょう。

特にサブスクリプションビジネスの場合、ホームページを作成し活用することが一般的ですので、できるだけ早くセキュリティ対策を行わなければなりません。

今、大企業、中小企業問わず、セキュリティ対策対策の必要性はかなり高まっているので、しっかりとした知識を持って臨まなければなりません。

そこで今回は、サブスクリプションビジネス企業で行うべきセキュリティ対策について、詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスに対するセキュリティ対策をお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

自社ホームページをSSL対応にする

SSLとは、「http」から「https」のようにアドレスの頭文字を変更し、ホームページを強化することです。

ただ「s」を付けるだけ?と思われる方も多いかと思いますが、これだけでセキュリティに関しては大きな違いがあります。

ホームページに「https」を表示させるためには、サーバーに「このサーバーは安全です」という意味を表す証明書を設置する必要があり、ホームページに訪れた人に対し危険性が低いということを伝えることができます。

ここ数年でSSLに対応する企業が急激に多くなりました。

httpsはユーザーに対し安全なホームページを提供していることになりますし、安全性以外にも大きなメリットがありますので、自社ホームページをSSL対応に設定することをおすすめします。

SSL対応のメリット

顧客に安心感を与えることができる

SSL対応をする最大のメリットは、やはり顧客に安心感を与え、ホームページの安全性が守られることでしょう。

そして根本的にGoogleは安全性の低いホームページに評価はされません。

Googleはユーザーに対して有益で安全な情報を提供することを推奨していますし、利用するユーザーもウイルス感染などの被害の可能性が低いので、ユーザーを守ることに繋がりますし、

不正アクセスへの対応

なぜここまでインターネット上での安全性が重要視されているのでしょうか、それには「不正アクセス被害」が大きく影響しています。

ここ数年、インターネットが普及していく中で、ハッキング被害は増加する一方であり、不正アクセスの被害は後を絶ちません。

当然のことながら自社ホームページを開設すると、そのような被害に合う可能性はあります。

ホームページを閲覧することで、ウイルス感染の被害や個人情報の流出などが起きてしまうのです。

万が一そうなってしまった場合、金銭的にもかなり深刻な問題になりますし、最悪の場合倒産に至ってしまうこともあり得るでしょう。

SSLを対応しておくことで、常に監視されている状態になりますので、暗号化による接続を確立し、そしてセキュリティを今日かすることができるので、もし万が一のトラブルが起きた場合でもリスクを最小限に抑えることができます。

SSLの役割としては、ユーザーの安全性を守り、ホームページ上での事故を防ぎ自社を守ってくれるのです。

SEOに優位性が生まれる

SSLの対応は、ホームページの検索順位にも大きく影響しますので、SEOに優位性が生まれます。

Googleによると、SSLに対応しているホームページとしていないページを比較した際、SEO上での評価にも大きな差が出ることが発表されており、同様のページが存在すればSSL対応されているページを評価する傾向にあります。

ビジネスを行う上では、やはりホームページを運営する以上、検索順位を上げてより多くのユーザーに見てもらいたいと思いますよね。

検索順位は企業の売上にも直接的に繋がりますので、早急に対応すべきでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプション企業で行うべきセキュリティ対策についてお話させていただきました。

自社ホームページにSSL対応をさせると、もちろんコストや専門的な作業が必要になるのですが、かなり大きなメリットを得ることができますので、セキュリティ対策をしっかり行い、より長くビジネスを続けようと思われているのであれば、ぜひSSL対応をすることをおすすめします。

まだSSL対応をされていない方は、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ