サブスクリプション

サブスクリプションSEO対策に欠かせないコンテンツライティングを成功させるポイントとは

サブスクリプションビジネスとは、今注目を集めるビジネスモデルのひとつであり、従来のような売り切り型とは大きく異なり、顧客はモノを所有するのではなく、商品やサービスの利用期間に応じて料金を支払う形態のことを言います。

クラウドコンピューティングの進化に伴い、ソフトウェアを所有せずに利用するサブスクリプションが普及しているのです。

サブスクリプションビジネスを展開することで、売り切り型ビジネスでは得ることのできなかった「継続的で安定的な売り上げ」を見込むことができますので、注目されている企業も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネスを行う上で、「コンテンツライティング」に取り組む方も多いですよね。

コンテンツライティングとはWebライティングの方法のひとつであり、SEOによって集客したユーザーを固定化させることができますので、一人でも多くのロイヤルカスタマーを作りたい場合には、欠かすことのできないものでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションSEO対策に欠かせない「コンテンツライティング」を成功させるポイントについて詳しくお話させていただきます。

サブスクリプションビジネスで効果的に集客を行いたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:ユーザーが求める情報を提供する

コンテンツSEOでは、ユーザーが求める情報を提供することが大切です。

特にGoogleでは「ユーザー第一主義」を掲げていますので、ユーザーを焦点に絞った考え方がされています。

つまり、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成し、ユーザーが求めている情報を提供することができれば、自然とGoogleからの評価が高まるのです。

Googleで高評価を得るには、まず「ユーザーの関心は何か」ということを把握していきましょう。

ユーザーがどんな情報が欲しくて、何に興味があるのか、ということをユーザー視点で考えることが重要です。

もしすでにブログなどを開設し、テキストコンテンツを更新しているという場合には、ユーザーニーズを把握するために、「サーチコンソール」や「グーグルアナリティクス」のツールを活用することも大切です。

特にGoogleサーチコンソールを活用することで、ユーザーニーズを的確に把握することができますので、本当の意味で価値のあるコンテンツを提供することができますので、有効活用していきましょう。

ポイント2:オリジナリティのあるコンテンツを作成する

テキストコンテンツの場合、正しい情報を盛り込み作成することは欠かせませんが、ほかのWebサイト上のテキストコンテンツを引用して記事を埋めることはご法度です。

Googleは、オリジナリティのあるコンテンツを重要視しますので、他のコンテンツを丸写しするコピペは、検索順位を大幅に下げられてしまいます。

そして、正しい方法で引用している場合であっても、引用部分が多すぎる場合には低評価を受けてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

もちろん、より良い記事を作成するため、より正確な情報をユーザーに届けるためには引用を活用することも大切ですので、引用を用いる場合には記事全体にオリジナリティを持たせ、正しい引用を心がけてください。

ユーザーが求めている情報を把握し、そのために多くの情報を仕入れ、書き手がその情報をしっかり吟味して、オリジナリティ溢れるコンテンツを作成しましょう。

オリジナリティのあるコンテンツを作成するには、書き手自身がそのテーマについて理解しておく必要があります。

ポイント3:評価されやすいライティングを行う

どれだけユーザーにとって有益な情報を載せて作成したテキストコンテンツであっても、Googleに正しく認識されずに評価に繋がらなかったという場合があります。

たとえばブログのタイトルを考えてみましょう。

ブログのタイトルは、ユーザーの興味を惹くきっかけになるものであり、クリック率を高めるものなのですが、Googleからの評価を得るためにも必要不可欠です。

Googleの明確な指標はないものの、「タイトルは27文字~30文字程度」「検索ワードを組み込む」「キーワードは前半に組み込む」ということを意識してみましょう。

また、検索エンジンが正しく内容を読み取ることができるよう、「こそあど言葉」を意識することも大切です。

指示詞や代名詞を使いすぎてしまうと、Googleは何が書いてあるのか分からないと判断し、低品質なコンテンツとみなされてしまう場合がありますので、こそあど言葉はできるだけ使いすぎないようにすることが大切です。

まとめ

以上、サブスクリプションSEO対策に欠かせない「コンテンツライティング」を成功させるポイントについてお話させていただきました。

まずはこの3つのポイントを意識し、特に「ユーザーが求める情報を提供すること」に重視すれば、コンテンツライティングが大失敗に終わってしまうということはないでしょう。

ぜひこれらのポイントを意識して、コンテンツライティングに取り組んでみてくださいね。

まずは気軽に問合せ