サブスクリプション

サブスクリプションサービスが「損をしている」と感じさせない理由

今、新たなビジネスモデルとして多くの企業が注目を寄せているものといえば「サブスクリプションビジネス」ですよね。

サブスクリプションと言えば、デジタルサービスである「音楽」「映像」のサブスクリプションサービスが大きな成功を収め、今後さらなる拡大を見込むことができるサービスといえるでしょう。

サブスクリプションサービスとは、今の世界的な時代背景に伴っているビジネスであり、ユーザーが所有することから利用することへの利便性へのニーズの変化が大きく関わっていると言われています。

このサービスを成功させるために非常に重要となることが、「いかにユーザーにお得感を味わってもらうことができるか」ということでしょう。

利便性や効率化を求めるようになったユーザーは、サブスクリプションを利用して、「お得にこれを利用することができる」と思ってこそ、サブスクリプションの利用率が上がるのです。

そこで今回は、サブスクリプションサービスが「損をしている」と感じさせない理由について、詳しくお話ししていきたいと思います。

これからビジネスとしてサブスクリプションを展開していこうと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

理由1:通常よりも安く済む料金設定

サブスクリプションサービスを利用するユーザーは、購入して利用するよりの安く済む料金設定を望みます。

継続的に支払う必要があるからこそ、ユーザーの負担になることのない、お手頃で金額を気にせず利用できるような、ユーザーの生活の一部に溶け込む料金設定であることが特徴です。

認知度が高く、人気が高いサブスクリプションサービスは、動画や音楽、書籍の配信が有名ですよね。

そのようなサブスクリプションサービスの多くは、税込1,000円~3,000円のあいだの料金が設定されています。

月一回以上衝動買いをする人を対象に摂られたデータで現れた、一般的な消費者の考えとして、一度の衝動買いの許容金額として5,000円~10,000円が挙げられています。

この金額内であれば、予定していなかった出費があったとしても、家計を圧迫することがないと言えるでしょう。

このように、ユーザーの生活を圧迫せず、大きな影響を与えない娯楽のひとつとして利用できるような料金設定こそ、多少利用しなくても損をしている感覚にはなりにくいと言えるでしょう。

理由2:納得感のあるコンテンツ内容

サブスクリプションで提供されているコンテンツ内容が、満足のできる納得感のあるものであると、損をしているとは感じにくいですよね。

購入して使用するよりも安く済む、という良心的な料金設定が、納得感のあることですが、その他にも「豊富なコンテンツ」もユーザーに納得感を与えることができるのです。

ユーザーがサブスクリプションサービスを利用する上で、少なくともある程度の損得の計算を行うでしょう。

そしてサブスクリプションサービスへの加入を検討します。

その他にも、自分のライフスタイルに合わせた利用をすることができるか、頻繁に利用できるものなのか、ということもユーザーの事前確認項目に入ることでしょう。

前述した例で考えてみると、衝動買いで何かを購入した場合には、ほとんどの方が少なからず後悔をすることがあるとうデータがあります。

よく考えず、その場の欲しいという感情だけで購入してしまうので、後悔という感情が生まれてしまうのですね。

このようにサブスクリプションサービスは、衝動買いと違い事前にユーザーがしっかり考える時間がありますよね。

ですので、料金設定とコンテンツ内容に納得感があるからこそ、ユーザーはサブスクリプションに登録しますので、そのコンテンツ内容に満足が行く限り、ユーザーが公開することはありませんし、損をしているとは思わないのです。

理由3:無料期間がある

三つ目の理由として、多くのサブスクリプションには「無料期間」が設けられていることが挙げられます。

たとえば人気を集めている音楽サブスクリプション「Apple Music」であれば、三ヶ月もの無料期間を設けているのです。

その間、ユーザーは無料であるからこそ気軽に楽しむことができますし、その期間内は「損をしている」とは一切感じませんよね。

無料期間があり、そこから多くの情報を仕入れることができれば、ユーザーは「得をした」と思うことができる場合もあるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションサービスが「損をしている」と感じさせない理由についてお話しさせていただきました。

お話ししたように、ユーザーはサブスクリプションを通して「通常よりも安く済む料金設定」と「納得感のあるコンテンツ内容」を求め、そしてそれに「無料期間」を通じて内容に満足することが出来ているからこそ、サブスクリプションサービスは人気を集めているのです。

企業側で考えてみると、この料金設定と納得感を重要視していなければ、サブスクリプションビジネスは成功しないと言えるでしょう。

この二つの作用をしっかり理解して、今後どんどん展開を見せるサブスクリプションビジネスを成功させてくださいね。

まずは気軽に問合せ