サブスクリプション

サブスクが乱立する時代を生き残るには?

この数年でサブスクリプションビジネスは急速に成長し、現在は毎日のように新たなサブスクサービスが誕生しています。

急激にサービスが増加しているため、市場は飽和状態となっており、いまやサブスクサービスは乱立していると言っても良い状況です。

しかし、これらのサービスがすべて成功できるわけはありません。

このサブスク乱立の時代を生き残るためには、本物のサブスクサービスであることが重要なのです。

そこで今回の記事では、サブスクが乱立する時代を生き残るサービスについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

増えすぎたサブスクサービス

サブスクリプションサービスとは、商品やサービスを一定の期間利用することに、料金を支払う仕組みのサービスであり、ここ数年の間に急速に成長しています。

現在では、続々と新たなサブスクサービスが誕生しており、サブスク化してない業種はないのではないかと言うほど広く普及しています。

サブスクサービスが増えることは、消費者の選択肢が増えることになりますし、サービス間の競争が激しくなれば、よりお得に利用できるサービスも増えます。

これは、消費者にとってはメリットのように思えますが、実はそうとも言いきれません。

それらのサービスのすべてが本物のサブスクサービスとは限らないのです。

市場が大きくなり、サービスが増えれば、まがい物のサービスも増えてしまうのです。

サブスクは、単に従来のビジネスの仕組みを変えたものではありません。

サブスクの本質は、顧客の視点に立ち、顧客が満足するサービスを継続して提供する、徹底した顧客重視の姿勢にあります。

顧客のためにサービスを設計し、顧客のデータを活用しながら、顧客それぞれに最適なサービスを提供することが必要なのです。

しかし、現在のサブスクサービスの中には、この本質を全く理解していないサービスが多くあります。

いくらサービスが増えても、顧客が満足できるサービスでなければ、顧客にとってそれはメリットとは言えないのです。

このようなサービスは、一時的には集客することができるかもしれませんが、所詮はまがい物のサービスであり、本物のサブスクサービスではありません。

これらは、遅かれ早かれ淘汰されていくものであり、そのあとに残るのが本物のサブスクサービスなのです。

つまり、この過剰にサブスクサービスが提供され続けている時代で生き残っていくためには、本物のサブスクサービスを提供することが重要なのです。

本物のサブスクサービスとは何か?

現在では、お試し期間などと称して一定の期間無料で利用できることを売りとして、集客を行うサブスクサービスが増えています。

このような施策は、一時的に利用者を増やすことは可能です。

しかし、サブスクは長く継続して利用してもらうことで収益を上げていくビジネスです。

一時、利用者が増えたとしても、その利用者が継続して利用してくれなければ意味がないのです。

お試し期間につられる利用者の多くは、その期間が終われば離脱してしまうことがほとんどです。

このような利用者は、サービスの内容を見ているのではなく、ただ単に無料だから利用しているのであり、無料でなければ利用することはないのです。

また、従来と変わらない商品やサービスを、あたかも新しいサービスのように見せかけ、サブスクと銘打って提供しているサブスクサービスも存在しています。

これは、単に従来のビジネスの課金の仕組みを変えただけであり、長続きするものではありません。

サブスクの本質である顧客重視を疎かにしていれば、似たようなサービスはいくらでも存在するのですから、利用者は簡単に離れてしまうのです。

前述のように、サブスクは継続利用が前提のビジネスです。

継続して利用してもらうために、顧客の視点に立ち、顧客が満足するサービスを提供するのです。

お試し期間を売りにしているサービスや見せかけのサブスクサービスの多くは、集客ばかりに気を取られ、この点を正しく理解していないケースが多いのです。

何度も述べているように、サブスクは継続して利用してもらうことに意味があります。

継続して利用してもらうために、継続して顧客が満足するサービスを提供し続ける必要があるのです。

つまり、どのような商品やサービスであっても、継続的に価値を提供できるものでなければ、サブスクサービスとして成功するわけはないのです。

継続して価値を提供すると言うことは、簡単に言えば、継続することによって利用者にメリットがあると言うことです。

このメリットは、取り扱う商材によって異なりますが、例えば、パーソナルサービスであれば、利用者が利用するほどデータが蓄積され、より利用者に適したサービスが提供されるようになっていきます。

これは、利用者にとっては嬉しいことですし、継続して利用したいと思わせる価値のあることなのです。

まとめ

このように、サブスクサービスでは、利用者に継続して利用してもらうために、利用者にとってのメリットを提供する必要があるのです。

しかし、現在のサブスクサービスの中には、これができていないサービスも多く存在しています。

これらのサービスは、名ばかりのサービスであり、サブスクがさらに成長するにつれ淘汰されていくと予想されます。

つまり、サブスクサービスが溢れる現代において生き残っていくためには、利用者に価値を提供し続けることのできる、本物のサブスクサービスを提供していくことが大切なのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ