サブスクリプション

サブスクリプションサービス決済手段はどう選ぶ?

今消費者はモノを買い取るのではなく、そのモノやサービスを利用するための権利を借り、利用した機関に応じて料金を支払う「サブスクリプションビジネス」が多くなってきました。

消費者にとっては気軽にお得に利用することができ、いつでもすぐに解約をすることができますので、かなり利便性の高いサービスとして注目を集めています。

数年前までは音楽や動画、電子書籍などのデジタル商材こそサブスクリプションビジネスにふさわしいと考えられていましたが、今では洋服やアパレル、コスメ美容品、飲食業界においてもサブスクリプションビジネスの展開が始まっているのです。

サブスクリプションビジネスを成功させたいと思われている方は、継続的に課金をすることができるような決済方法を導入することが非常に大切です。

また決済方法はひとつだけではなく、複数用意しておくことで、より多くのユーザーに利用してもらうことができますよね。

自社商品とサービスとではどの決済方法が相性が良いのか、ということをしっかり選定しなければなりません。

そこで今回は、サブスクリプションサービス決済手段はどう選ぶのか、詳しくお話していきたいと思います。

サブスクリプションビジネスの決済方法についてお悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションビジネスの決済で注意すべきポイント

サブスクリプションビジネスモデルに柔軟に対応することができるか

サブスクリプションビジネスは、継続課金が前提となりますので、そのためにはひとりひとりのユーザーの満足度を上げ、リピーターとして継続して利用してもらわなければなりません。

ユーザーの満足度を上げるためには、スムーズに決済を完了させることが重要であり、決済エラーはユーザーの満足度を下げてしまう可能性があるのです。

ですので、決済でエラーが発生しないようにするためにしましょう。

そのためにはまず、ビジネスモデルに柔軟に対応できるか、ということは必ず確認しておきましょう。

ユーザーそれぞれによってニーズは異なりますので、さまざまなニーズに柔軟に対応することができるようなサービスを提供しなければなりません。

決済サービスにおいても、顧客ニーズに併せて決済の細かな設定ができるか、ということを確認しておきましょう。

また独自のサービス決済の設定ができるか、ということもポイントです。

サブスクリプションビジネスに活用することができるオリジナリティのある決済サービスがあれば、ビジネスに大きな強みになることでしょう。

金額の変更やプランの変更、請求の間隔を変更することができるか

決済手段でユーザーの満足度を向上させるには、金額の変更、プランの変更、請求の間隔、解約などをスムーズに対応することができるか、ということも重要なポイントでしょう。

ユーザーはサービスを利用している間にその利用内容を変更することはよくあります。

その際スムーズに手続きを行うことができなければ、ユーザーは不満に思い最悪の場合解約に繋がる場合もあるのです。

決済日が固定であるのか、それとも変更が可能なのかということを確認しておくべきでしょう。

サブスクリプションサービスでは新規顧客獲得のため、初めに無料もしくは格安でのお試し期間が提供されていることがほとんどですよね。

この場合においてもお試し期間中に利用料金が発生しないように処理しておく必要があります。

サービスに対する不満は既存ユーザーや見込み顧客が離れてしまう原因になってしまいますので、先回りして対策を取るようにしましょう。

セキュリティ対策やクレジットカード有効期限対策はされているか

決済手段にはクレジットカードが必須ではありますが、この際有効期限に対応できる仕組みであるのか、有効期限切れによるユーザー離脱を防ぐ仕組みがあるのか、ということを確認しておく必要があるでしょう。

たとえば決済時に有効期限切れをスルーしてしまうと、その後決済エラーが生じてしまう場合がありますが、有効期限切れを知らせる通知システムなどがあれば、ユーザーも企業も管理がしやすいですよね。

また、個人情報のセキュリティが確保されているかどうか、ということも大切です。

クレジットカードの情報というものは、非常に重要な個人情報でありますので、セキュリティが整ったシステムを採用し、リスクを大幅に軽減しなければなりません。

しっかりセキュリティ対策がとられている決済サービスを選ぶようにしましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションサービス決済手段はどう選ぶか、ということについてお話させていただきました。

今、サブスクリプションビジネスに取り組みたいものの、決済や管理に課題を抱え、なかなかスタートに踏み切れないという企業も多いことでしょう。

それらを解決することができる柔軟な決済サービスを導入することで、ユーザーニーズに応えることができ、サブスクリプションビジネスの成長も期待することができますので、ぜひ今回ご紹介したポイントをしっかり理解して、決済サービスを選定してくださいね。

まずは気軽に問合せ