サブスクリプション

サブスクリプションに導入すべき2つのタイプの接客ツール

サブスクリプションに導入すべき2タイプの「Web接客ツール」

今、大手企業をはじめどの業界においても、サブスクリプションを導入する企業が非常に多くなっています。

従来であれば消費者はモノを購入し所有することに価値を感じていたのですが、今はモノを持たないことがスマートであると考える消費者が多く、利用したいときに利用したい分だけ利用する、という形態を求める方が非常に多くなってきているのです。

この価値観の変化にマッチしているビジネスモデルこそ、サブスクリプションなのです。

今サブスクリプションとして商品やサービスを提供する企業が多くなってきているからこそ、競合が増えてしまい、消費者に大きなメリットを与えることができる工夫を凝らさなければ、契約に至ることはないのです。

どんどん進化を続けるサブスクリプションではありますが、安定した売り上げを確保するためには、顧客の満足度を向上させ、確実に利用料金の回収をする必要があるでしょう。

オンライン上であっても、実店舗と同じように丁寧な接客を行い、顧客満足度を高める必要があるのです。

そこで今回は、サブスクリプションに導入すべき2タイプの「Web接客ツール」をご紹介したいと思います。

「サイトに訪れてくれる人はいるのに、なかなか契約に至らない」そう悩まれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Web接客ツールとは

Web接客ツールとは、オンライン上であっても実店舗の接客と同じような接客を叶えるためのツールです。

たとえば実店舗であれば、店に訪れた際に接客スタッフの方が「こんにちは」「何か質問はありますか?」「お得に購入できるクーポンがありますよ」などと話しかけてくれ、自身が聞きたいことを聞くと、すぐに返答してもらうことができます。

実店舗ではこの接客スタッフの販売活動が、売り上げに大きく貢献していることが分かります。

Webサイトでは、お客様と顔を合わせることが無いからといっても、やはり接客をすることで売り上げは伸びますし、お客様も安心してショッピングを楽しむことができるのです。

Web接客ツールを導入することで、実店舗と同じように「質問はありませんか?」「お得なクーポンをご用意しています」と話しかける機能を利用することができるのです。

また、サイト内の使い方や疑問を解消し、購入への最後の一押しまで行いますので、離脱客を最小限に抑え、売り上げの向上に期待することができるでしょう。

2タイプの「Web接客ツール」

チャットボット型

チャットボット型とは、パソコンサイトの右下にチャットウィンドウが立ち上がるタイプの接客ツールです。

基本的にチャットボットの役割は、あいさつや問い合わせの受付がメインでありますので、お客様がサイトに訪れた際に、「こんにちは」「ご質問がございましたらぜひどうぞ」というようにメッセージを表示させます。

基本的な受け答えに関しては自動で行うことができ、よくある問い合わせに関しては事前に返答文を作成して登録をしておくことで、スムーズに自動回答をすることができるでしょう。

また専門的な質問の場合はそのままオペレーションに繋ぐように設定してくと、よりスムーズにユーザーとコミュニケーションを取ることができるでしょう。

このチャットボット型を導入することで、ユーザーは気軽に質問でき、質問にすぐ返答がある、ということが満足度を高めてくれますので、離脱防止に期待することができるのです。

ポップアップ型

ポップアップ型とは、ユーザーが商品を選んでクリックした際、商品詳細ページに移動する前にお得なキャンペーン情報が記載されたポップアップバナーが表示される接客ツールです。

商品購入を検討しているお客様に対し、「今購入するとお得ですよ」ということを伝えることができます。

たとえば、初回来店のお客様に会員登録をすすめるポップアップバナーを表示させると、スムーズにその後利用することができますよね。

また商品購入には至っていないものの、数回サイトに訪れているお客様に対しては、「お得なクーポン配布中」「割引セール中」というようなポップアップバナーを表示させると、購入意欲を刺激することができますよね。

つまり、お客様の状況に合わせたポップアップバナーを表示させることが大切なのです。

ポップアップバナー自体に、クーポンダウンロード画面やセール商品紹介ページのリンクなどをつけると、より効果的ですね。

キャンペーンの案内やプレゼントなどに利用することがおすすめですので、「最後の一押し」の接客としてはかなりおすすめです。

まとめ

以上、サブスクリプションに導入すべき2タイプの「Web接客ツール」をご紹介させていただきました。

これら2つのツールは、顧客満足度の向上、売り上げ向上、離脱率低下に非常に効果的ですので、まずは自社サイトが何に対して問題を抱えているのか、ということを把握し、最適なWeb接客ツールを選んで有効活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ