サブスクリプション

デザイン初心者がサブスクリプションサイトデザインを行う際の原則とは

デザイン初心者が、サブスクリプションサイトデザインを行う時に知っておくべき「4大原則」

今世界では、サブスクリプションビジネスはトレンドのビジネスとして拡大しています。

もちろんその流れは日本にも広がっており、大手企業をはじめ続々とサブスクリプション市場へ参入する企業が多くなってきているのです。

サブスクリプションビジネスの展開を検討した際に、まずは専用のWebサイトを作成しなければなりません。

Webサイトは、集客のためにも顧客の心を掴むためにも、「デザイン」が非常に重要なポイントなのですが、もしWebサイトデザインの経験が無い場合には、まずは何から取り掛かれば良いのか、どのようなことに注意しながらデザインを作り上げていけば良いのか、迷ってしまうことでしょう。

そこで今回は、Webデザイン初心者が、サブスクリプションサイトデザインを行う時に知っておくべき「4大原則」についてお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションサイトの作成でお悩みの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:近接

人というものは、位置が近い物に対して「関係があるもの」と認識すると言われています。

つまり、位置関係を整えることで、目で見た瞬間に理解しやすくなるのです。

似た情報や意味を持つ物同士を近くに配置し、そうでない要素を持っている物を近づけずに遠くに配置することで、見た人は似たものを「グループ」と判断するのです。

複数商品がある場合には、それぞれの関係性を明確にし、情報を整理して似ている物を近付けて配置しましょう。

そして、近接の場合、意識すべきポイントは「余白」です。

あなたがデザインしたサイトでの余白は、見出しや本文の間、画像の間などの余白が金曜になっていませんか?

均等にすればサイトが整ったように見えると思ってしまいますが、これは間違いです。

関係する物同士の余白は近づけ、関係の無い物同士の余白は少し空けて、近接を効果的に利用しましょう。

近接を上手く配置することができれば、商品の内容や魅力、価格を伝えるというデザインの目的を果たすことができます。

2:整理

整理とは、その名の通り要素を綺麗に配置する原則のことを言います。

もっとも身近で分かりやすいルールでありますし、誰の認識であってもいくつかの物を綺麗に配置し並べることで、すっきりと気持ち良く見ることができますよね。

必要な要素であっても、統一感がなくだらだらと羅列している場合は、少し分かりにくいと感じてしまいますよね。

サイトデザインも同じことで、文章の文頭を同じように揃えたり、枠の中心にバランス良く配置することで、デザイン初心者であってもまるでプロがデザインしたようにも見えるのです。

整理を行う際のポイントは、「見えない線で繋げる」ということです。

左揃え、右揃え、中央揃えなどを適用し、繋げることで、それを見た人は無意識にも見やすくなりすっきりと整理されているように感じるのです。

整理の原則は基本中の基本だと考える方も多いかと思いますが、意外と見落としてしまうポイントでもありますので、注意しましょう。

整理を意識して作成する際には、画面上で基準となる線をいくつか見つけ、それをベースとして揃えられるものはすべて揃えてみましょう。

3:強弱

強弱とは、その物の大きさや色にメリハリをつける原則のことを言います。

強弱を明確に付けることで、デザインにもメリハリが付きますし、注目させたい情報や伝えたい情報がハッキリと分かります。

まずは情報の優先順位を考え、優先順位の高いものを強弱によってコントロールしていきましょう。

情報を整理し要素を分解し、優先順位の高いものの強弱を意識し、優先順位の低い物との違いは思い切って分けましょう。

強弱のポイントは、思い切って差をつけるということです。

中途半端な強弱では読者に伝わりにくいので、シンプルなデザインであっても強弱をはっきりさせることを覚えておきましょう。

4:反復

反復とは全体でその要素を何度も繰り返す、という原則であり、デザインに一体感を持たせ、顧客の情報処理を助ける働きがあります。

色や線、モチーフ、レイアウトなど同じデザインの中で同じ要素を繰り返して使うことで、自然とサイト全体に一貫性が生まれるのです。

反復を意識する場合は「リズム」がポイントです。

リズムを付けることで、視覚的なおもしろさを伝えることができますので、読んでもらうことができる可能性が高くなるのです。

出したい雰囲気を強調することができますし、文章においても統一感を持たせることができます。

まとめ

以上、デザイン初心者がサブスクリプションサイトデザインを行う時に、知っておくべき「4大原則」についてお話しさせていただきました。

上記で説明した通り、「近接」「整理」「強弱」「反復」の4つの原則を意識してデザインレイアウトを行うことで、思考や概念を組み立て、問題を改善するというデザインの語源にも繋がるのです。

まずは基本を知ることが大切です。

サブスクリプションビジネスを成功させるためにも、ぜひこれら基本の原則をしっかり理解して、サイトデザインに取り組んで下さいね。

まずは気軽に問合せ