単品リピート通販

単品リピート通販においてサブスクリプション提供のためのサイトページを作るポイント

サブスクリプション提供のためのサイトページを作る3つの方法

今サブスクリプションビジネスは、どの企業においても注目すべきビジネスモデルであると言えるでしょう。

サブスクリプションは、今の時代背景に非常に伴っているビジネスモデルであり、音楽サブスクリプションや動画サブスクリプションを初め、数々の導入企業が成功を収めています。

今現在では、デジタルサブスクリプションだけでなく、非デジタルサブスクリプションとして、アパレル業界や飲食業界、車業界もどんどんサブスクリプションビジネスが導入されており、サブスクリプションビジネスを導入できない業種は存在しない、と言われていますよね。

そんなサブスクリプションビジネスを成功させるにいは、まずその提供サイトに注目しなければなりません。

ユーザーはサイトを訪問した際に、まず第一印象として「このサイトを経由してサブスクリプションサービスを利用するかしないか」ということを判断すると言われています。

サイト自体をしっかり作り込まなければ、新規顧客の数は減ってしまいますし、さらに既存顧客であってもサイトの作り込みに満足しなければ、離脱率を低く抑えることは出来ないということなのです。

そこで今回は、サブスクリプション提供のためのサイトページを作る3つの方法について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスを開始したい、と思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

方法1:ユーザーの購買心理から連想した施策を図る

まず初め、そのユーザーは自社が提供するサブスクリプションサービスに対し、何も知らない状態ですよね。

自社を認知し、サイトに入るという行動に移すためには、自社の露出を高め、理解を深める必要があります。

そしてサイトに入った後は、ユーザーの感情を動かす行動として、顧客ニーズを捉え、同期の提供を行います。

サイト内各所に導線を配置し、ユーザーの興味を沸かしましょう。

そしてユーザー自身に購買行動を起こしてもらうため、実効機会の提供を行います。

サイト構築をして、ユーザー行動を分析していると、そこに現れる数値により、低数値のページを改善しなければ分かってはいても、実際にどうすれば良いのか分からない、という問題が起きますよね。

この場合には、このようなユーザーの購買心理を活用し、個々ユーザーの心理を連想し、どのようなコンテンツが必要であるのか、ということを考案していきます。

サイトを歩く中でユーザーは注意からどんどん感情が動き、最終的に決断を下すと言われています。

ですので、どのようなコンテンツを提示することで、より次の感情に移ってもらうことができるのか、ということを考えていきましょう。

方法2:施策導入⇒結果分析というサイクルを作る

より良いサイト構築施策を見つければ、その施策を2週間程試してみましょう。

施策を反映させ、その施策の効果結果を分析し、その効果があればその施策を反映させたままその次の施策へと移る、というサイクルを作ることが重要です。

ひとつの施策を反映させている2週間のうちに、次に反映させる施策準備を作り進めていく、ということがベストなぺーず配分です。

どのような効果があったのか、ということを細かに検証していくことで、次に必要となる施策が見えてきます。

方法3:デザインと導線の改善

3つめの方法としては、商品コンテンツを随時追加していったり、同商品であっても商品の並び順を変えることも有効的であると言えるでしょう。

商品紹介しているページでは、商品ナビゲーションを追加することで、直帰率を下げることができたという事例も多くあります。

定番商品順に掲載している場合であれば、売れ筋準に変更したり、今提供したいものを目立たせることで効果がアップする可能性は非常に大きいのです。

また、注目したいデザインとしては、「フッターエリア」も重要です。

実際さまざまなサブスクリプションサービス提供サイトを見ても、サイト全体の共通フッターエリア部分に、簡易的な情報しか掲載していないサイトは非常に多くあります。

このようなフッターエリアに情報を充実させうことも、ひとつのポイントです。

また、共通フッターにするのではなく、サイト内のページごとの特性を活かして、異なるサブフッターを追加することも、直帰率が下がる方法と言え、結果的にはサイト全体の回遊率が上がる場合があります。

まとめ

以上、サブスクリプション提供のためのサイトページを作る3つの方法についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションを提供するからこそ、サイト自体に個性を持たせることが非常に重要ですし、新規顧客だけでなく、既存顧客にも飽きられない興味が湧くサイトを作成することが重要になるのです。

サブスクリプションビジネスを成功させるためにも、小さな改善をコツコツと積み重ね、日々施策を繰り返し行っていきましょう。

まずは気軽に問合せ