サブスクリプション

サブスクリプション企業が成功するためのSNS運用のコツ

サブスクリプション企業が成功するためのSNS運用の4つのコツ

今、顧客中心主義の考え方のビジネスモデルである「サブスクリプションビジネス」が多くの企業からの注目を集めています。

サブスクリプションは、必要な人が必要な時にだけ利用するサービスであり、基本的には低価格の利用料金で顧客はすぐに解約することができることが特徴です。

顧客ニーズをしっかり把握し、顧客が欲しいと思っているサービスを提供し、常に顧客目線で有り続ける必要があるのです。

サブスクリプションビジネスを展開する企業は、消費者に選ばれ続け、成功するためにはさまざまな工夫を凝らすことでしょう。

たとえば「SNS」を利用することもひとつの方法ですよね。

SNSを利用することで、企業と顧客との人間関係を構築することができ、新規顧客獲得はもちろん既存顧客を守ることもできますので、SNSマーケティングの重要性はどんどん高まって来ているのです。

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSの利用者は年々増加し続けており、私たちにとっても日々の情報収集をする手段として欠かすことのできないものになっていることでしょう。

そこで今回は、サブスクリプション企業が成功するためのSNS運用の4つのコツについてお話ししていきたいと思います。

今後SNSを活用してサブスクリプションビジネスを行いたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:自社に合ったSNSを選定する

日本で多く利用されている代表的なSNSは「Twitter」「Facebook」「Instagram」「LINE」です。

これらすべて、特性やユーザー層が全く異なりますので、自社がどのような思考の企業なのか、提供する商品やサービスのターゲットは誰なのか、SNSマーケティングの目的は、ゴールはどこか、ということをしっかり考えて、自社に合ったSNSを選定する必要があります。

そしてSNSごとの文化や利用傾向、利用意向もしっかり理解した上で、SNSマーケティングに取り組むことが重要です。

2:更新頻度を工夫する

SNSを開設すると、どんどん更新していこうという気持ちになりますよね。

もちろん、認知度を上げるためには更新し続けることが大切なのですが、この更新頻度に関しては多ければ多いほど良いというわけではありません。

そのSNSに応じた適切な更新頻度を覚えておかなければならないのです。

たとえばTwitterであれば、一日数回投稿したとしてもすぐに情報が流れていきますのでユーザーにそこまでストレスは与えないと言われています。

ですが、Twitterのデフォルトではアルゴリズムによってタイムラインの順番が調整されており、特定アカウントの更新頻度が「多い」「少ない」と感じるのは、そのユーザーのフォロワー数やフォロワー投稿頻度に大きく関わってきます。

FacebookやInstagramの場合は独自の基準により、表示される投稿が決められていますので、投稿数を増やしたとしても特定のユーザーには表示されなかったり、逆に表示が多すぎてしまう場合もあるのです。

だからこそ、適切な更新頻度は運用する中で、推測し見つけていく必要があるでしょう。

「自分ならどう感じるか」ということを客観的に見て判断することも大切ですね。

3:コメントに返信をする

もし自身の投稿にユーザーからコメントが来た場合には、フォロワーとの交流を深めることができますし、積極的にそのコメントに返信をすることも大切です。

もしコメント数が多く、全てに返しきれないという場合であっても、「いいね」などを利用して反応しましょう。

あなた自身も芸能人のSNS投稿にコメントをして、コメントの返事やいいねが返ってくると嬉しい気持ちになりますよね。

それと同じに公式アカウントであっても、積極的にフォロワーとコミュニケーションを取り、ファン育成に繋げていきましょう。

4:フォロー作業をする

SNSを見て、関係がある人や共通のフォロワーがいる場合など、自社の顧客になりそうな人を積極的にフォローして、そのユーザーにフォローバックをしてもらいましょう。

そうすることで新規顧客獲得に繋がります。

アカウントを開設した直後はたくさん投稿したとしても、ほとんど誰からも見てもらえることはありません。

だからこそ情報を拡散するという意味でも積極的に自らフォロー数を増やすことも大切なのです。

ですが、むやみにフォロー数を増やすのではなく、自社コンテンツに興味を持ってくれそうなユーザーを見つけ、ターゲット層を狙っていくことが重要です。

まとめ

以上、サブスクリプション企業が成功するためのSNS運用の4つのコツについてお話しさせていただきました。

実際に多くのサブスクリプション企業がSNSを導入し、有効活用しているからこそ、今はビジネスの成功にはSNSの活用が欠かせないものとなっていますし、多くのビジネスシーンでも活用されています。

今回ご紹介したコツを理解し、ファンの方との関係強化やブランドの認知度の向上、さらに新規獲得へと繋げてくださいね。

まずは気軽に問合せ