単品リピート通販

急速に発展している単品リピート通販のサブスクリプションが普及した背景とは?

今や「サブスクリプション」と聴けば知らない人はいないくらい私たちの生活の身近に存在するビジネスです。

しかし、正直な話サブスクリプションビジネスがここまで急速に発展していったのには正直驚いている方も多いと思います。

実は、サブスクリプションビジネスと似たようなビジネスは、「頒布会」のように昔から日本に根付いているものもあります。

ところが近年では、様々な企業がサブスクリプションビジネスに参入してきて、いわばブームのようになっているとも言えます。

そこで今回は、なぜ「サブスクリプションビジネス」がここまで急速に発展を遂げていったのかの背景についてご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションビジネスが急速に普及した背景

サブスクリプションビジネスがここまで急速に発展した背景には、ネットや情報の普及率が上がったことが最も大きな要因であると思います。

ネットに接続させすれば、リアルの生活でも役立つような知識がゴロゴロ転がっているため、ユーザーにとっては非常に利便性が良いです。

そして、ユーザーの知識や目が肥えることによって、「モノを買う」という考えから「モノやサービスをシェアする」という考えに変わっていっていると思います。

もちろん、購入して自分のモノにしたい方やしたい物もあると思います。

しかし、一定料金さえ支払えば例え自分のモノや所有物にならなくても、利用することが出来る・使うことが出来るとなれば、ユーザーの欲求を少なからず満たしてくれます。

そのユーザーの欲求を上手く利用しているのが「サブスクリプション」になります。

「サブスクリプション」は、本来であれば手の届かないような高額なサービスさせも、定額料金を支払えば利用することが出来るので、ユーザーからすれば非常にお得に感じます。

そして、最初は契約することに抵抗があったとしても、契約することによって自分がより便利に快適に過ごせるようになると分かれば、ユーザーにとって抵抗は少なくなると思います。

このようにして、「サブスクリプションビジネス」はどんどん急速に発展していったのだと思います。

今後のサブスクリプションビジネス

現在でも、かなり競争が激しくなっていっているサブスクビジネスですが、今後はよりユーザーが望むモノやサービスをどのくらい提供出来るかが成功する分かれ目になってくると思います。

というのも、競合もたくさんいるでしょうし、ユーザーの目や考え方もどんどん肥えて変わっていっているからです。

サブスクリプション型のビジネスは、企業側が安定した継続的な売上を見込めることから企業側にとっても非常に魅力的なビジネスです。

一方で、ユーザー側にとっても手の届かなかった商品やサービスを利用することが出来るため需要はかなり高まっています。

このように双方が「win-win」に見える一方で、まだまだ課題が残っているのも事実です。

その課題とは、もちろんサブスクビジネスに限ったことではありませんが、

ユーザーをいかに解約させないようにするか

新規顧客を獲得するためにどのような施策が必要なのかと言う点です。

ビジネスである以上、ユーザーがいなければ話になりませんし、新規顧客を獲得出来なければ利益を見込むことも出来ません。

当たり前と言えば当たり前のことですが、この課題はビジネスを展開するのであれば必ずぶつかる壁だと思います。

もちろん、参入するジャンルや手掛けるサービス内容によって異なってくるため、どうしてもここでは抽象的になってしまいますが、共通しているのは「一度契約して頂いて獲得したユーザーを手放さない」と「顧客満足度を上げていく」という点です。

上記の2つを念頭に置いてサブスクリプションビジネスを展開していけば、企業側もユーザー側も「win-win」になると思います。

と言葉でいうのは簡単ですが、実際にはそう上手くいくものではありません。

そこで、重要視してほしいのが「ユーザー視点」や「ユーザーの要望」と言ったユーザーファーストです。

ユーザーファーストでビジネスを行うことが出来れば、自然と利益は後から付いてきてくれるものです。

サブスクビジネスは特に、ユーザーの継続的な利用が何より大切なので「ユーザーファースト」を怠らないようにすることをおすすめします。

まとめ

今回は、急速に発展しているサブスクリプションが普及した背景と今後の展開についてご紹介してきました。

サブスクリプションビジネスが普及した背景には、ネット環境の充実とユーザー側の考え方の変化が影響しています。

そして、今後は更に細分化・競争激化するのは必至と言えます。

そこで大切になってくるのが「ユーザーファースト」です。

「ユーザーファースト」さえ出来れば、顧客の解約率も下がりますし、結果的に利益を上げることも出来ます。

今後は、更にネット環境もより充実していくと思うので、ますますサブスクリプションビジネスは発展していくでしょう。

まずは気軽に問合せ