サブスクリプション

サブスクリプションビジネスにおける、店舗アプリ活用方法

ここ数年でモノを所有することに対する価値が薄まりつつあり、若者を中心に、モノを所有しなくても必要な時に必要な分を利用できれば良いという考えが強くなってきました。

こんな時代であるからこそ、サブスクリプションビジネスが今多くの企業から注目を集めているのです。

サブスクリプションサービスを提供することで、ユーザーは定額を支払うことで毎日好きな時にサービスやコンテンツを楽しむことができるようになりますし、企業としても従来のビジネスモデルとは違い、定められた一定額が支払われるので、容易に売り上げの見通しを立てることができるのです。

サブスクリプション市場がどんどん拡大している中で、自社専用の公式アプリを持っている店舗や企業が多くなってきていると思いますよね。

特に店舗でサブスクリプションサービスを提供している企業であれば「店舗アプリを作った方が良いのでは?」と気になっている方も多いことでしょう。

ショップからの情報発信ツールはどんどん多様化しているため、顧客としてもそのショップのWebサイトを見たり、クーポンサイトやブログ、SNSなど管理が負担に感じてしまうこともあるでしょう。

だからこそ、すべての情報を繋ぐことができる店舗アプリこそ、サブスクリプションビジネスには有効なのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおける、店舗アプリの活用方法についてお話させていただきたいと思います。

店舗アプリを活用したいと考えているサブスクリプション事業者さんは、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

店舗アプリを情報プラットフォームにする

店舗アプリを導入する最大のメリットは、情報をプラットフォームにすることができるという点であり、情報を集約する場を作ることができるのです。

ここ数年、Web集客が非常に身近になっており、SNSなどを活用して無料で集客することも多くなってきました。

だからこそ、Webサイト以外にFacebookやTwitter、Instagram、LINEなどの複数ツールを運用している企業も多いでしょう。

一見集客ツールが1つでも多ければ良いと思ってしまいますが、実際はそうではありません。

集客ツールが複数あるとその運用の管理も大変ですし、ユーザーにとっても何を見れば良いのか分からなくなってしまうという落とし穴があるのです。

複数の集客ツールを運用すると情報更新が複雑になってしまい、結果的にユーザーに混乱を与えてしまうのです。

だからこそ店舗アプリによって情報を集約する場を作り、ユーザーに対し「これを見れば正確な情報を知ることができる」というイメージを与えることができますし、企業にとっても状況を正確に把握することができるでしょう。

ユーザーに届かない状況を改善し、企業のSNSへの運用負担を軽減し、そして相乗効果によるフォロワー数の増加こそ店舗アプリのメリットでしょう。

店舗アプリ活用方法

Webビュー機能でSNSやWebサイトのリンクを貼る

今の店舗アプリは、アプリの中にWebサイトを表示できるWebビュー機能があるものが多くなっています。

Webビュー機能を使うことで、アプリを中心にさまざまな情報をリンクによって繋げることができるのです。

たとえば、ネットショップがある場合はアプリからワンクリックでそのショップに飛ぶことができますので、ネットショップへの誘導が非常に楽になりますので、販促の幅が大きく広がります。

TOP画面のスライド機能の活用

店舗アプリには、スライド機能となるものも多く備わっています。

たとえばFacebookやTwitter、Instagramも運用している場合、それぞれのページをチェックしてもらえるよう、ユーザーに表示させることができます。

だからこそ、ユーザーは好みや用途に合わせてSNSを見ることができますので、SNSへの誘導もしやすくなるのです。

そのスライドが自動で切り替わるような設定ができるのであれば、ユーザーが普段見ていないSNSもチェックしてもらえることができ、さらに自社商品の魅力をアピールする機会が多くなるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにおいて、店舗アプリの活用方法についてお話させていただきました。

集客のためのさまざまなWebツールが多くなってきているからこそ、複数のツールを集客に活用することが多くなってきています。

集客手段が多ければ多いほど確かに集客の機会は多くなるのですが、情報が複雑に配信されてしまうので本当にユーザーに届けたい情報が届かなくなってしまい、運用自体が難しくなってしまうのです。

店舗アプリによって情報を集約することは店舗集客には非常に良い影響を与えると考えられますので、ぜひ店舗アプリを活用し、効率よく集客を行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ