サブスクリプション

戦略の無いサブスクは失敗する!

サブスクビジネスは、音楽配信や動画配信などのデジタル系のサービスの成功を受け、あらゆる分野に普及しています。

現在では、様々な種類のサービスが提供されていますが、市場が成長するに伴い、サービス間の競争も激しくなってきています。

集客に苦戦し、撤退するサービスも増加している現在の状況の中で生き残っていくためには、事前にしっかりと戦略を立てることが必要です。

そこで今回の記事では、サブスクビジネスの戦略について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクビジネスにもデメリットはある!

サブスクリプションとは、利用する期間や内容に応じて、料金を支払う課金型のビジネスモデルであり、月々決められた料金を支払うことにより、サービスを利用できる権利を得る定額制のモデルが広く知られています。

このビジネスモデルは、ソフトウェア配信や音楽、動画配信などのデジタル配信サービスから広まったものですが、現在ではデジタルに限らず、モノのサブスクサービスも普及しています。

このサブスクリプションがビジネスとして注目を集めたのは、継続して安定した収益を得ることができるモデルであるからです。

従来型のビジネスの場合、物が売れたときにだけ売り上げは発生します。

これは、言い換えれば、物が売れなければ売り上げは発生しないということであり、そして、物は常に売れ続ける訳ではないのです。

一方サブスクは、継続して利用してもらえる限り、売り上げも発生し続けます。売り上げが安定すれば、収益の見通しも立てやすくなり、経営も安定するという理由から、サブスクはビジネスとして注目されているのです。

しかし、どんなビジネスでも、メリットがあればデメリットも存在します。

これは、サブスクビジネスでも同様なのです。

サブスクビジネスのメリットは、前述のように、安定した収益を得られる事ですが、初めから収益が安定するわけではありません。

サービスを開始するときには利用者はいないのですから、まず利用者を集めることが必要であり、利用者が集まるまでは、売り上げは発生しないのです。

特にサブスクは、新しいビジネスですから、口コミなどもなく、サービスが軌道に乗るまでに時間がかかることが多いのです。

サブスクビジネスを始めるのであれば、軌道になるまでの期間を乗り切る余裕が必要となります。

サブスクビジネスにも戦略が必要!

上記のように、サブスクは、初めから安定した収益を上げられるわけではありません。

また、利用者を集めることができたとしても、その利用者が継続して利用してくれなければ収益は安定しません。

つまり、安定した収益を上げるためには、多くの利用者を集め、その利用者に継続して利用してもらうための努力が必要なのです。

そして、それにはビジネス戦略が必要となります。

何もせずに、利用者は集まるわけはありませんし、利用し続けてくれるわけはないのです。

どのようなビジネスであっても、事前に準備が必要です。

これは、サブスクビジネスでも同様ですが、サブスク市場があまりに急速に成長したため、十分な準備をせずにサービスを開始しているケースも多く見受けられるのです。

サブスクビジネスで成功したいのであれば、事前に入念に戦略をたて、準備をすることが必要なのです。

サブスクの強みを活かすことが大切!

実際に、サブスクビジネスの戦略に重要となるのは、サブスクの強みを活かした長期的な計画を立てることです。

そして、この強みは、顧客と競合他社に対して活かしていくのです。

サブスクビジネスの強みが、顧客に対して価値があること、競合他社よりも優れていることが重要となるのです。

これは、どちらかが欠けてもいけません。

顧客にとって価値のあるサービスであっても、競合より劣っていては成功することはできませんし、競合より優れたサービスであっても、顧客にとって価値がなければ成功することはできないのです。

顧客にとってのサブスクの強みは、多用したニーズに対応する徹底した顧客視点のサービスです。

そして、競合に対してのサブスクの強みは、納得のいく価格設定と充実した内容で顧客を逃がさないサービスなのです。

つまり、サービスの内容を充実させ、常に質の高いサービスを提供し続けていくことが大切であり、これを実現させるために何をしたらよいのかを考え、事前に入念な戦略を立てていくことが、サブスク成功への近道となるのです。

まとめ

サブスクビジネスは、安定した収益を得られるビジネスとして知られ、サブスクビジネスへの転換を考えている企業は、現在も増え続けています。

しかし、転換したからといって、すぐに収益が安定するわけではありません。

新しいビジネスであるため、軌道に乗るまでには時間がかかりますし、ビジネスには事前に準備が必要なのです。

現在、展開しているサブスクサービスの中には、この点を理解していないケースも多くみられます。

このようなサービスが成功できるわけはなく、遅かれ早かれ淘汰されてしまいます。

そうならないためには、事前に入念な戦略を立てることが必要であり、その戦略には今回説明したように、強みを生かすことが重要となるのです。

まずは気軽に問合せ