サブスクリプション

サブスクリプションは成功例から学べ!

サブスクリプションは、近年著しい成長を続けているビジネスモデルであり、現在も参入する企業が後を絶ちません。

このサブスクリプションは今後も拡大化していくことが予想されていますが、参入した事業者すべてが成功するわけではありません。

成功するには、商品やサービスがサブスクリプションに適していることが重要となるのです。

そこで今回の記事では、サブスクリプションの成功例について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションのメリット・デメリット

サブスクリプションは、従来のような代金を支払って商品やサービスを買い取るサービスではなく、商品やサービスを一定の期間利用することに対し代金を支払うサービスです。

簡単に言うと、商品やサービスを利用する権利を購入すると言うことになります。

このような従来とは異なる仕組みを持つサブスクリプションが、短期間で著しい成長を遂げた理由としては、ユーザーのニーズに合ったサービスを提供できたと言うこともありますが、サービスを提供する事業者側にメリットが多いことが挙げられます。

このメリットとは、従来のサービスと異なり、サブスクリプションは継続利用が前提となるため、ある程度のユーザーを獲得することができれば安定した収益を見込むことができると言うことです。

そして、この継続利用が前提であるが故、客離れが起きにくいと言うともメリットの一つとして挙げられます。

また、ユーザーが一度に負担する額が少額であるため、利用へのハードルが下がり、手軽に利用してもらうことも可能となります。

さらに、継続利用が前提と言うことは、長期的な利用が見込めると言うことですから、ユーザーとの関係性も従来よりも強固になる、ユーザーの動向が確認しやすくなると言う点もメリットとして挙げることができます。

このように、従来よりもユーザーと関係が深くなると言うことは、ユーザーの声を直接機会も増えるということですから、それを商品やサービスの改善につなげると言うことも可能となるわけです。

そして、それによって顧客満足度の向上も見込むことができると言うことになります。

サブスクリプションは上記のようなメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

デメリットとしてまず挙げられるのは、初期費用が少額であるため、サービスを開始してもしばらくの間は収益が得られないと言うことです。

つまり、事業が軌道になるまでが、従来のサービスよりも大変であると言うことになります。

また、継続利用が前提であると言うことは、継続的にサービスを提供し続けなければならないと言うデメリットもあります。

ただしこれらのデメリットは、総合的に見るとメリットの方が大きいと判断するケースが多いようです。

サブスクリプションの条件とは?

以上のようなことから考えると、サブスクリプションは事業者にとってメリットの多いビジネスであると言えます。

しかし、どんな事業であってもサブスクリプションが適していると言うわけではありません。

サブスクリプションに参入する場合には、まず自社の商品やサービスがサブスクリプションに適しているかを明確にすることが必要です。

サブスクリプションに適した商品やサービスの条件としては、まず、継続利用が可能な持続性のある商品やサービスであると言うことが挙げられます。

サブスクリプションは継続利用が前提となる訳ですから、これは当然必要なことであり、ユーザーが料金を払い続ける価値のある商品やサービスでなくては、サブスクリプションは成り立たないと言うことなのです。

また、利用頻度が高い商品やサービスであることも必要です。

稀にしか使用しない商品やサービスに対して、継続して料金を支払い続けるユーザーはいませんから、ユーザーが頻繁に利用する商品やサービスでなくてはならないのです。

サブスクリプションの成功例

上記のように、サブスクリプションには、持続性があり、利用頻度が高い商品やサービスであると言うことが必須となります。

近年サブスクリプションで成功を収めているサービスは、この条件に当てはまる商品やサービスを提供していると言うことです。

サブスクリプションの成功事例として、まず挙げられるのは、音楽配信や動画配信です。

これは、月額利用料を支払うだけで、音楽が聴き放題、動画が見放題となるサービスです。

この音楽や動画と言ったものは、サブスクリプションと非常に相性が良く、日本国内にサブスクリプションが広まったのも音楽配信のおかげであると言えます。

また、スマートフォンとの相性が良いこともに支持されている大きな理由です。

次に成功例として挙げられるのは、自動車のサブスクリプションサービスです。

自動車は、一般的には代金を支払って購入するものですが、高額であること、維持費がかかることから、購入を避け、サブスクリプションサービスを選択するユーザーが増加しています。

この自動車のサブスクリプションサービスは様々な企業が提供していますが、中でも人気を集めているのがガリバーが運営する「NOREL」です。

このサービスは、月額の利用料を支払うことで、一定の期間その自動車の利用権を得ることができる、いわゆる短期間のリース契約のようなサービスになります。

以前には自動車を所有することがステイタスとされていた時代もありましたが、現在では必要な時だけ利用したいと言う人が増えている傾向にあります。

その時代の流れに、うまく乗ったのがこの自動車のサブスクリプションサービスであると言えます。

また、通販と相性が悪いと言われていたアパレル業界も、サブスクリプションで成功を収めています。

代表的なものとしては、月額利用料を支払うだけで、洋服を借りることがサービス「MECHKARI」で、このサービスでは好きな洋服を3点手元に置いておくことができ、期間内であれば何度でも交換することが可能です。

また、高級バックの借り放題サービスや、スタイリストなどの専門家がユーザーに合わせて洋服をスタイリングしてくれるサービスも人気を集めています。

まとめ

サブスクリプションサービスは、今後も拡大化を続け、あらゆるジャンルにおいて様々なサービスが提供されることが予想されています。

しかし、参入したからと言ってすべてがうまくいくわけではないですから、その商品やサービスがサブスクリプションに適しているのかを見極めることが重要となります。

まずは気軽に問合せ