サブスクリプション

成功している美容室サブスクリプションから見る、集客のコツ

今、料金を支払うことで一定期間自由にサービスを利用することができるサブスクリプションビジネスが多くの企業から注目を集めていることでしょう。

サブスクリプションは、定期購読や定額課金とも呼ばれており、ユーザーにとっては料金を支払うことで毎日好きな時にコンテンツやサービスを楽しむことができるような仕組みになっているのです。

このサブスクリプションビジネスは、動画や音楽などのデジタルコンテンツが主流であったのですが、最近では非デジタルコンテンツでの業界からも注目を集めています。

中でも特に今、拡大しつつあるものが、美容室のサブスクリプションサービスでしょう。

ユーザーがその美容室の有料会員になることで、提携している美容室であればいつでもヘアカットやシャンプーブロー、ヘアケアをし放題になりますので、今よりさらに気軽に美容室に通ってもらうことができますよね。

美容室サブスクリプションは、都心を中心に広がっているサービスでありますが、まだ導入事例はそれほど多くないので、いざサブスクリプションとして提供を始めた際には集客に頭を抱える事業者の方も少なくはないでしょう。

そこで今回は、成功している美容室サブスクリプションから見る、集客のコツについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

効率よくサブスクリプションビジネスの集客を行いたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

美容室サブスクリプションを成功させるには

美容室のサブスクリプションビジネスを成功させるためには、ユーザーに通い続けたいと思ってもらわなければなりませんよね。

技術やサービスはもちろんなのですが、そもそもその美容室に訪れた新規顧客にとって
「忘れられない美容室」でなければなりません。

これは美容室に限らず、多くのショップに当てはまることなのですが、新規顧客が再利用しない最大の理由は、
「ユーザーがそのショップを忘れている」からなのです。

このように聞くと、美容室事業者はリピーターを作るため、接客や施術の改善や新メニューの導入、価格の見直しなどを行うかと思いますが、実際接客や施術で満足せずに再利用しないユーザーは非常に少ないのです。

つまり、サブスクリプションとして美容室を利用しためには、そのための「きっかけ」を作ることが重要なのです。

美容室サブスクリプション集客のコツ

行きつけの美容室があるかを聞く

基本的なこととして、新規顧客に対し普段行きつけの美容室があるのか、ということを聞いてみましょう。

新規顧客はいつも行きつけの美容室があるが、たまたま予約が取れずに来てくれているのか、新規クーポンを活用してさまざまな美容室を訪れているのかを確認することが重要です。

もし普段行きつけの美容室がある場合は、自社美容室をサブスクリプションとして利用してもらうことは少し難しいかもしれませんが、
クーポンを活用してさまざまな美容室を訪れている場合は、大きなチャンスです。

ユーザーにとって、どれだけお得な新規クーポンであっても、毎回違う美容室を訪れることは大変であるからこそ、自社美容室サブスクリプションをおすすめしましょう。

もちろんユーザーにとっては、毎回美容室を変えている理由があるのですが、さりげなく自然に1つの美容室に決めることのメリットをアピールしてみましょう。

1番高額なメニューをすすめない

たとえばトリートメントなどの場合、敢えて1番高額なメニューの提案をすることは止めておきましょう

新規クーポンは、カットやカラーにトリートメントを組み込んでいることが多いかと思いますが、その際このセットのトリートメントは1番安いものであると説明し、その後ユーザーの髪の悩みに合わせて、2番目か3番目に高いメニューをすすめましょう。

そして、1番高いメニューの効果をアピールしながらも、まずは2番目か3番目の利用を促し、ランクアップしていくことをすすめてください。

そうすることで、ユーザーに安心感と信頼感を与えることができ、さらに髪質の悩みを改善することができるので、再来店のための動機が生まれるのです。

当日の施術と異なるメニューを提案し、どのようなイメージになるかを伝える

その当日に施術したメニューと異なるメニューの場合であったら、どのようなイメージになるのか、ということを提案することも大切です。

たとえばカットのみの来店のユーザーに対し、今のカラーとは異なるカラーの提案をしたり、
前髪のアレンジを提案したり、たった一言を加えるだけで、ユーザーは自分の気付かなかったことに気付かせてくれる美容室であると思ってもらえることができるのです。

その提案を行った後、〇日後、もしくは〇カ月後にやると良いですよ、という言葉も付け加えることで、その美容室を思い出す確立は各段に高くなります。

まとめ

以上、成功している美容室サブスクリプションから見る、集客のコツについてお話させていただきました。

これらのコツをしっかり理解し、実施することで集客効果は各段に上がり、美容室サブスクリプションビジネスの成功に近づくでしょう。

新規顧客にとって「忘れられない美容室」にすることこそ、サブスクリプションビジネスを成功させる最大のポイントなのです。

ぜひこれらを実施して、リピーターをどんどん獲得してくださいね。

まずは気軽に問合せ