サブスクリプション

各成功事例から学ぶ、サブスクリプション導入の4つのポイント

最近では、商品やサービスの販売を行う企業の「サブスクリプション」の導入が注目をあつめています。

サブスクリプションとは、ユーザーが定額課金をすることで企業が提供する商品を利用することができたり、サービスを受けることができるビジネスモデルです。

「月額〇〇円で××し放題」という言葉が掲げられていることが多く、「定額制のもの」と理解すると良いでしょう。

もともとサブスクリプションとは、雑誌や新聞などを「年間購買」「予約購買」をするといった意味で使用されており、そこから由来して、今では多くのサービス提供にも使用される言葉となりました。

サブスクリプションビジネスが流行している理由は、ユーザーがモノを「所有する」ことから「利用する」ことへの意識変化が大きな要因と言われており、多くのモノがサブスクリプションとしての需要を高めてきているのです。

このように今非常に注目を集めているサブスクリプションだからこそ、企業としてもぜひサブスクリプションを導入して、成功させたいと考えることでしょう。

そこで今回は、各成功事例から学ぶ、サブスクリプション導入の4つのポイントについてお話しさせていただきたいと思います。

今後サブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:オリジナル価値を提供する

サブスクリプションビジネスを成功させるには、競合他社の分析を行い、良い部分をしっかり吸収して、さらに自社ならではのオリジナルの価値を提供することが重要です。

たとえば、サブスクリプションで成功している「動画配信サービス」が良い例であり、「Netflix」「Hulu」「Amazonプライム・ビデオ」などがありますが、これらすべては競合となります。

このような動画配信サービスは、ユーザーが月額料金を支払うことで、コンテンツ内の動画を何時間ても見ることができますよね。

企業側にとっては、どれだけ動画を視聴されても課金料金を得ることはできませんが、コンテンツ内容を充実させることで、安定的な収益を見込むことができます。

競合他社にはない、オリジナル内容を積極的に配信し、差別化を図りましょう。

このように、競合が多いサブスクリプションビジネスであっても、独自の工夫を凝らすようなポイントを押さえることで、十分に成功する可能性があります。

ポイント2:数種類のプランを用意する

サブスクリプションビジネスを成功させるには、ユーザーの所有意識を刺激するために、数種類のプランを用意し、ユーザーに選んでもらうようにすることがポイントです。

たとえば、「ベーシックプラン(800円)」「スタンダードプラン(1,200円)」「プレミアムプラン(1,800円)」の3パターンを用意するとしましょう。

画質や音質、コンテンツ内容の豊富さで差を付けるようにすることで、より幅広いユーザーからのニーズに応えることができます。

ユーザーの「所有欲」を刺激することができれば、顧客の安定化に繋がりますし、そうなると結果的に安定した収益に繋がりますよね。

ポイント3:常に新しいコンテンツを追加する

ユーザーは、サブスクリプションを契約するからこそ、常に新しい情報を求めています。

たとえば音楽配信サービスにおいても、サブスクリプションであるからこそ、最新作を多数配信していくことがポイントです。

もし競合する他社があった場合、他のサービス企業が最新作を配信していたとして、自社はまだ配信ができていないとしましょう。

タイミングの問題だけでもユーザーの離脱率に繋がってしまいます。

新しいコンテンツ内容を常に配信し続けることで、既存ユーザーをしっかり確保することができます。

デジタルサブスクリプション、非デジタルサブスクリプションどちらとも、常に最新の情報をキャッチし、ユーザーに最も早く提供することこそ、重要なポイントなのです。

ポイント4:ユーザーのニーズに合わせた価値を提供する

サブスクリプションでサービスを提供していると、ユーザーの詳細データの分析を行うことができます。

ユーザーがどの頻度で、どんなモノを欲しているのか、というユーザーの利用状況を把握することがポイントです。

ユーザーの利用状況を把握することで、個々ユーザーが何を求めているのか、というニーズを理解することができますよね。

より顧客満足度を高めるためにも、ユーザーのニーズに合わせた価値を提供していきましょう。

サブスクリプションは、顧客ひとりひとりに満足して使用してもらうことで、大きな利益へと繋がります。

ですので、現れたデータを無駄にせず、今後の取り組みの参考としてもユーザーのニーズに合わせた行動を起こしましょう。

まとめ

以上、各成功事例から学ぶ、サブスクリプション導入の4つのポイントについてお話しさせていただきました。

サブスクリプションでは成功事例は多数ありますが、もちろん失敗事例も多くあります。

あなたのサブスクリプションビジネスを成功へと導くためにも、ぜひ今回ご紹介したポイントを意識して、サブスクリプションを導入してくださいね。

まずは気軽に問合せ