サブスクリプション

サブスクリプションで「生き残る企業」になるために本質を学ぶ

今商品やサービスを提供販売する企業の中で、特に注目を集めているものといえば「サブスクリプションビジネス」であるでしょう。

サブスクリプションはデジタルサービスで大きな成功を収め、ユーザーからのニーズが高まってきました。

「デジタルサービスこそ、サブスクリプションにふさわしい」と言われていましたが、今では非デジタル商品であってもサブスクリプションを導入し、成功させています。

このようなことから、商品やサービスを提供するあらゆる企業がサブスクリプションの導入を検討していることでしょう。

ですが「サブスクリプション」という言葉だけが先走りをしてしまっているケースも多く、実際のところはいざ、サブスクリプションビジネス界に参入したとしても、失敗に終わっていく企業も数多くあることをご存知でしょうか。

月額定額システムを導入したからといって、すぐに高収益体質になることはありません。

サブスクリプションを導入するのであれば、まずは確実に収益に結び付けるビジネスモデルを構築していかなければならないのです。

そこで今回は、サブスクリプションで「生きる企業」になるための本質を学んでいきたいと思います。

これから自社企業にサブスクリプションを導入し、確実に成功させたいと思われている方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションの収益モデル

モノが売れない時代から革命を起こす新たなビジネスモデルとして、サブスクリプションが注目されるようになりました。

あらゆる企業がサブスクリプションビジネスに参入するようになり、「勝ち残るビジネスモデル」と認識されるようになりました。

そもそもサブスクリプションビジネスは、商品やサービスを「購入」してもらうことが目的ではなく、利用する期間の「契約」をしてもらう収益モデルです。

ユーザーは物を所有することを求めていたのですが、時代の変化に応じて「利用」することを求めるようになってきているので、この消費マインドにうまく合っていると言えるでしょう。

商品やサービスを契約した後は、月額料金や年間料金で利用する分を課金していく「定額制」そして利用した分を課金する「従量制」という形式で収益を生み出しているのです。

サブスクリプションビジネスでは特に、音楽配信サービスや動画配信サービスが広く知れわたっており、その料金システムである「定額制」のサブスクリプションがユーザーの印象に残っているでしょう。

この定額背のサブスクリプションが成功したと同時にその後を追うように、飲食業界やアパレル業界も、サブスクリプションビジネスに参入し、浸透してきているのです。

サブスクリプションの本質とは

・継続の拘束力が小さい

サブスクリプションと他のビジネスと比べてみたとき、圧倒的に違うのは「有利の差」です。

他のビジネスであれば「企業有利」だと考えられる点が多くあるのですが、サブスクリプションは圧倒的に「ユーザー有利」であると言えるでしょう。

まずはこの「ユーザー有利のビジネス」だということをしっかり理解しておかなければ、ただ今の取り扱う商材を定額制に変えたところで、失敗してしまう可能性は非常に高いのです。

そして、サブスクリプションはビジネスにおいての「契約」というものは非常に重要なポイントです。

ユーザーが一度サブスクリプションサービスを契約したとしても、自分のライフスタイルに合わないと判断し、不要になってしまった場合にはすぐに解約をすることができるのです。

このように、他のビジネスと比べてもサブスクリプションは解約に関するハードルは非常に低く、ユーザーの自由意思にゆだねられている状態であるので、拘束力は非常に小さいと言えるでしょう。

ユーザーにいかに長く継続して利用してもらうことができるのか、ということを考案し続けなければなりません。

・利益回収期間

利益回収時間とは、企業がユーザーから利益を回収しきることにかかる期間のことを言います。

利益を上げたいと望む企業にとっては、この利益回収期間が短ければ短いほど良いですが、ユーザーにとってはその反対で、時間をかけて回収してもらうことを望んでいます。

サブスクリプションはユーザーに「お得感」を与えることが非常に重要です。

たとえば、アパレル系のサブスクリプションビジネスで、ユーザーが月額数千円で契約し、30万円のバッグを利用するとしましょう。

これはユーザーが一回当たりの使用料は少なく、高級バッグを使用することができますよね。

そうなるとユーザーはお得感を感じますが、企業は長く利益を回収しなければならないという意味になります。

企業はユーザーになるべく長く継続して利用してもらう工夫をし、ユーザーに解約されないようにしなければならないので、利益回収期間をしっかり想定していく必要があります。

まとめ

以上、サブスクリプションで「生き残る企業」になるための本質についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションを成功させるには、まずは本質をしっかり見抜き、そしてさまざまな工夫を凝らしてユーザーに満足してもらわなければなりません。

まずは今回ご紹介した最も重要な本質を、しっかり理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ