サブスクリプション

サブスク大流行の時代を生き残るサービスとは?

サブスクリプションサービスは、現在では、消費者の日常にすっかり溶け込んでいるように見えます。

実際にサブスクサービスを利用している消費者の数は増え続けており、サービスの種類も日に日に増加しています。

しかし、人気のサービスがある一方では、消費者の支持を得ることができず苦戦しているサービスもあるのです。

そこで今回の記事では、サブスク大流行時代を生き残るサービスについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクで支持を集めるのはデジタル配信サービス!

サブスクリプションとは、定められた料金を支払うことで、商品やサービスを一定の期間利用できる権利を得ることができるビジネスモデルのことです。

このサブスクリプションは、ここ数年で急速に成長し、現在ではあらゆる分野から様々な種類のサービスが提供されています。

そもそもこのサービスは、デジタル配信サービスから人気が出たものですが、現在では、モノを取り扱うサブスクサービスも登場しています。

しかし、それらのサービスのすべてが消費者の支持を得ているわけではありません。

人気のサービスもある一方で、集客に苦戦しているサービスも多くあるのです。

実際に、現在、サブスクサービスで人気を集めているのは、サブスク人気のきっかけとなったデジタル配信サービスです。

そして、その配信サービスの中でも、特に利用者が多いのが動画配信、音楽配信サービスです。

この2つのサービスは、現在利用している消費者も多いですが、利用経験がある消費者やサービスの存在を知っていると言う消費者も多く、
認知度もサブスクサービスの中で飛びぬけた存在となっています。

ただし、その一方で、消費者の人気や認知度が高いが故、競合が続々と市場に参入してきていると言うのも事実です。

そのため、サービス間の競争は激しくなっており、現在では顧客を奪い合うような状況となっていますが、その結果として、サービスの質が向上し、利用者全体のサービスの満足度は高くなっています。

この2つのサービスは、もはやサブスクサービスの代表とも言える存在であり、全体として考えれば今後も安泰と言えるサービスです。

デジタル配信サービスの中では、この動画配信、音楽配信の2つが2強と言えますが、配信サービスには他にも種類があります。

その中で注目すべきであるのが、電子書籍の配信サービスです。

この電子書籍は、コミック、雑誌、小説などあらゆる書籍が利用できる配信サービスです。

最近では、この電子書籍の広告宣伝が急速に増加しているうえ、美容室などで体験利用ができる機会が増えていることから、認知度が急激に上がっているのです

現在の電子書籍の利用率は、動画、音楽配信の2強と比較するとそれほど高くはありませんが、認知度は2強と比べても遜色なく、今後利用者の大幅な増加が期待できます。

デジタル配信以外のサービスは定着率が大きな課題!

上記のように、デジタル配信サービスはサブスクの中心ともいうべき存在であり、今後も人気は衰えないと予想されます。

問題となるのは、飲食系や教育系のサービスやモノのサブスクサービスです

これらのサブスクサービスは配信サービスと比較すると総じて利用率、認知度は低くなっています。

従って、利用経験者もそれほど多くなく、さらに問題となるのは、
これらのサービスに加入した利用者の半数以上が既に解約しているという点です。

このことから分かるのは、これらのサービスはサービス自体が成熟しておらず、定着しきれていないと言うことです。

そのため、せっかく利用してくれた顧客を満足させるサービスを提供することもできずに、早期に離脱されてしまっているのです。

この問題を解決するためには、それぞれの業界全体でサービスを定着させることが必要なのです。

既にサービスを定着させている動画、音楽配信サービスも解約が少ないわけではないですが、利用経験者が現在も継続して利用している率が高いと言う特徴があります。

つまり、一度解約しても再度利用するケースや、類似のサービスに移行するケースが多く、全体的には利用率は下がらないのです。

これは、サービス全体が定着していると言うことであり、この点においても、配信サービスの人気の高さが伺えるのです。

まとめ

現在はサブスクサービスが大流行しているような状況であり、サービスが過剰に供給されている傾向があります。

しかし、この流行が落ち着いていくにつれ、サービスも淘汰され、数が減っていきます。

その時に生き残ることができるのは、今回説明したことから考えると配信サービスと言うことになります。

飲食系や教育系、モノのサブスクなど、その他のサービスが生き残るには、それぞれの業界がどれだけサービスを定着させることができるかが問題となります。

配信サービスほどではないにしろ、定着率を上げていかなければ、この状況の中で生き残れる術はないのです。

まずは気軽に問合せ