サブスクリプション

サブスクリプション中小企業は集客にTwitterを活用するべき理由

定期購読に代表され、定額で一定期間自由に利用することができるサブスクリプションサービスは今、多くの企業から注目を集めており、私たちの生活にも定着しつつあることでしょう。

従来までの売り切り型ビジネスモデルとは違い、そのモノやサービスを利用するための権利に対して一定額の料金を支払いますので、月単位や年単位というように期間契約をすることが一般的です。

サブスクリプションビジネスでは、いかに効率よく新規顧客を獲得し
獲得した顧客の満足度を高めより長くサービスを利用し続けてもらうか、ということが重要になるでしょう。

つまり、効果的な集客活動を行うことが重要なのですが、サブスクリプションビジネスにおすすめの集客ツールは「Twitter」であることをご存知でしょうか。

昨今、SNSを活用して集客活動を行う企業が多くなってきており、特にTwitterは、大手企業だけでなく中小企業であっても、Twitterは非常に利便性の高い集客ツールでなのです。

そこで今回は、サブスクリプション中小企業は集客にTwitterを活用するべき理由について、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスで効率よく集客を行いたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Twitterと他のSNSとの違い

Twitterと他のSNSとの大きな違いは、
「若い世代のユーザーが多いこと」
「リツイート機能でどんどん拡散されること」
「文字数制限140文字以内にされていること」
でしょう。

Twitterは、他のSNSと比較すると10代と20代の利用者が圧倒的に多く、若年層に強いSNSであることが考えられます。

また、Twitterのリツイート機能により、不特定多数のユーザーにまで幅広く拡散されていくことも特徴ですね。

ユーザーがそのツイートを見て、「面白いからこの投稿を他の人にも教えたい」と思うと、ボタン一つですぐに拡散することができるのです。

ツイート(投稿)したものが、その人のフォロワーがさらにリツイート(拡散)し、そしてさらにリツイートを重ねることで、繋がりがないユーザーにまでどんどん拡散され、非常に拡散力が強いこともTwitterの強みでしょう。
ですがこれは、不適切な投稿なども拡散しやすいので、炎上になりやすいことも挙げられます。

また、Twitterは140文字以内という文字数制限されていることも、他のSNSとの大きな違いですね。

必然的につぶやく程度の短い文章しか投稿できませんので、気軽に投稿する内容にあふれており、リアルタイムで起こっていることが分かるツールとしても考えられているのです。

この気軽さも、Twitterの強みですよね。

サブスクリプション中小企業がTwitterを活用すべき理由

企業のブランディングになる

ブランドの認知度を向上させるため、企業のブランディングを行うことはTwitterが非常に有効です。

Twitterは特に拡散力に長けているので、口コミ効果と同様の効果を得ることができるのでしょう。

一人のユーザーのツイートやリツイートにより、その企業の良いイメージが自然に広がっていきます。

Twitterの拡散により、急に名前が知れて売り上げが増加したというケーズも珍しくはないのです。

ユーザーとコミュニケーションをとることができる

Twitterは、ユーザーと直接コミュニケーションをとることができます。

多くのユーザーは、興味を持った企業の情報や商品、サービスの情報は、リアルタイムでタイムリーに知りたいと思っていますので、まずそのユーザーに対し、お得な情報を届けることができます。

またユーザー自身も知りたいことがあれば、直接Twitterを通じて連絡をもらうことができるユーザーも多いので、企業の好感度の向上や、売り上げ向上にも活用することができるでしょう。

新規顧客に対してアプローチをすることができる

Twitterで取り扱っている広告の幅は非常に広いので、それらの広告を有効活用し、広告の目的に応じてキャンペーンを配信することができるのです。

フォロワーを増やしたいのであれば、フォロワーキャンペーン、自社アプリへの流入を増加させたい場合はアプリキャンペーンというように、ターゲティングをすることができ、
特定のユーザーに対して適切な広告を配信することができるのです

このTwitter広告によって、新規顧客の開拓も可能になるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプション中小企業は集客にTwitterを活用するべき理由についてお話させていただきました。

拡散力が強みとなるTwitterであるからこそ、炎上のリスクも他のSNSよりも高くなってしまうのですが、それでもサブスクリプションビジネスにはぜひTwitterを活用すべきです。

Twitterの特性をしっかり理解して、それを活用できるよう、しっかり知識を得てくださいね。

まずは気軽に問合せ