サブスクリプション

サブスクリプションの利用実態

今数多くの企業が「サブスクリプション」の導入を検討していることでしょう。

サブスクリプションは、数年前よりデジタルサービス提供をきっかけに、非常に大きな成長を見せており、今ではデジタル業界に留まらず、飲食業界やアパレル業界などの非デジタルサービスにも浸透してきているのです。

このように、さまざまな分野においてサブスクリプション形式を取り入れたビジネスが拡大しており、注目を集めるようになりました。

海外で考えてみても、サブスクリプションを導入し、成功結果を残す企業が多くなってきていますよね。

「定額制サービス」や「月額制サービス」と言いかえることで、サブスクリプションとして理解を深めることができますし、考えも非常にシンプルであるため既存ビジネスにも応用しやすいことがサブスクリプションの特徴でもあり、魅力であると考えられます。

このように、今日本でも非常に人気の高いサブスクリプションビジネスであるからこそ、実際にはどれくらいの需要があり、利用されているのか気になりますよね。

そこで今回は、サブスクリプションの利用実態について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

利用されているサブスクリプションサービス

20歳~69歳の男女1000人を対象にした、あるアンケート調査によると、サブスクリプションサービスを利用したことがあると答えた人は、全体の35%にものぼります。

その中でも特に20代の利用者が多く、年齢が高くなるにつれて利用者が減少していることが分かりました。

そして利用されているサブスクリプションサービスの多くは、「動画」「音楽」「電子書籍」といったデジタルコンテンツが上位を占めています。

今では高速通信環境が整っていること、そしてスマートフォンなどのモバイル端末の普及により、サブスクリプションビジネスを後押ししていることが分かりますよね。

このように、サブスクリプションサービスは、若い世代のライフスタイルに合い、価値観にぴったりマッチしていることが、ビジネスが注目されている背景として挙げられるでしょう。

また、「サブスクリプション」という言葉を知らなくても、サブスクリプションを利用していたという方もいますので、今後も認知度の拡大が期待されます。

なぜ利用されるのか

サブスクリプションがユーザーになぜ利用されるのでしょうか。

それにはユーザーは通常に購入するよりも料金が安く済むこと、そして何度でも同じモノを利用することができること、いつでもどこでも利用することができること、支払方法が簡単であることという理由に上がってきます。

これはサブスクリプションの特性とも言えますね。

これらはユーザーに選ばれるための非常に重要なポイントであると考えられますので、自社がサブスクリプションサービスを提供する際に、これらのニーズを満たしているものが求められるでしょう。

顧客にお得感を感じてもらえるか、悩みを解消できるか、便利に利用できるか、というサブスクリプションビジネスに必要不可欠な「ONB」が重要なのです。

この「ONB」が不足しているサブスクリプションサービスは、ユーザーに利用されることなく、失敗に終わってしまう企業が多いのです。

ですので、顧客に大きなメリットを感じてもらえるようなサブスクリプションサービスを提供しなければなりません。

なぜ利用されないのか

サブスクリプションサービスを利用しない顧客について、なぜ利用されないのでしょうか。

これにはさまざまな理由が上がってきますが、特に多い理由としては、毎日毎月利用するわけではないので、継続的に料金を支払うことがもったいないと考えるユーザーがいるのです。

この場合、提供サービス内容に改善が必要であることが考えられますよね。

ユーザーに毎日利用してもらうことができ、ユーザーの生活に浸透できるようなサービスや商品を提供しなければなりません。

またその他にも料金プランの見直しをすることも有効的であるでしょう。

もし利用しない期間がある場合には、その期間にも対応することができるような料金プランを提案することで、より多くのユーザーに満足してもらうことができるようなサービスを提供することができるのです。

もちろん、サブスクリプションではなく売り切り商品を選ぶというユーザーがいますので、ユーザー情報をしっかり把握して、個々ユーザーに合った対応することが重要です。

まとめ

以上、サブスクリプションの利用実態についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションは今、世界的に見ても非常に注目度が高いビジネスモデルです。

サブスクリプションビジネスを開始する場合には、どのような利用実態なのか、なぜ利用され、なぜ利用されないのか、ということを知ることは今後のビジネスにも非常に役立つ情報になるでしょう。

まずは気軽に問合せ