サブスクリプション

サブスクユーザーを増やすため、メール配信ツールからMAに変えるべき理由とは

サブスクユーザーを増やすため、メール配信ツールからMAに変えるべき4つの理由

今世界的に注目を集めているビジネスモデル「サブスクリプション」では、いかにして長くユーザーに利用し続けてもらうことができるか、ということが企業の収益を左右するポイントになります。

既存ビジネスにサブスクリプションを導入することによって、企業は安定した収益を得ることができますが、それは既存顧客と良好な関係を保ち続けている場合の話です。

既存顧客が離脱してしまい、新規顧客獲得活動に追われてしまえば、コストが大幅に無くなってしまうことが考えられますし、ビジネスとして成功しにくいと考えられるでしょう。

サブスクリプションビジネスにおいて、いかに顧客を増やし、優良顧客に育成することができるか、ということがポイントになりますので、そのためのマーケティングが必要になります。

今、メールを配信してマーケティング活動を行っている方も多いかと思いますが、サブスクリプションビジネスはインターネットが普及して拡大したビジネスモデルであるからこそ、マーケティングに関してもデジタルマーケティングを取り入れるべきなのです。

そこで今回は、サブスクユーザーを増やすため、メール配信ツールからMAに変えるべき4つの理由についてお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスにデジタルマーケティングを取り入れようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

理由1:メールマーケティングではアプローチが難しい

ビジネスを行うに当たって、メールマーケティングは取り組みやすい施策であるものの、見込顧客が受信するメールが多ければ多いほど、どうしてもアプローチをすることが難しくなってしまいます。

特にBtoBサブスクリプションの場合においても、自社から発信したメールがメールボックス内に埋もれやすくなってしまいますので、気付いてもらうことが出来ない場合もあるのです。

メールマーケティングの効果を上げるためには、顧客一人一人の興味や関心、ニーズを把握し、それに沿ったメールを配信し、反応してもらうことができるか、ということが重要なポイントになるのです。

MAはコンテンツによって潜在顧客を惹きつける「インバウンドマーケティング」に非常に役に立ちますし、見込顧客の属性や行動などの情報を分析する機能やコンテンツを出し分ける機能を有効活用することができるのです。

理由2:精度の高いセグメントを抽出することができる

MAを導入することによって、自社独自の項目を含めた顧客の属性や、オンライン上での行動を把握することができます。

つまりあらゆるパターンのセグメントを抽出することができるのです。

MAの強みは、メール配信においても高度なパーソナライズをすることができますので、MAを導入する企業が多くなっているのです。

理由3:タイミングを逃さず配信することができる

MAを導入すると、顧客の行動を把握することができますので、メール配信をする際でも顧客行動を中心とした配信をすることができるようになります。

顧客の興味や関心が高まっているタイミングを逃すことなく、時間指定などを用いてメール配信をすることができますので、非常に高い効果を期待することができるでしょう。

今は情報過多の時代だからこそ、数か月前に見たコンテンツの内容を憶えている人はほとんどいません。

つまり、顧客のニーズが高まったその瞬間、何らかの行動を起こしたタイミングでコミュニケーションを取ることができるということは、非常に大きな強みになるでしょう。

理由4:マーケティングシナリオに沿ったメール配信をすることができる

MAを導入することで、ターゲティングメールやステップメールを配信することができるだけでなく、マーケティングシナリオに沿ったメール配信をすることができるという点も、非常に良いでしょう。

MAによって抽出したセグメントやタイミングを考慮した上で、条件を指定し、それに合わせたメール配信をすることによって、メール配信の時間を変更したり、少し時間をおいてからメール配信を再開させることができますので、顧客に合わせたパターンを考慮して、さまざまなパターンを用いて行うことができるのです。

また、MAでは高度な差し込み機能も備わっていますので、サブスクリプションのように顧客情報をデータとして管理している項目を置き換えることができますので、件名や送信元だけでなく、メール内容までも変えることができます。

まとめ

以上、サブスクユーザーを増やすため、メール配信ツールからMAに変えるべき4つの理由についてお話しさせていただきました。

メールマーケティングを行う上で、消費者のニーズや嗜好が多様化するこの時代、いかにパーソナライズをすることができるか、ということが重要なのです。

これこそ「One to Oneマーケティング」であり、これを実現できるものこそMAなのです。

今もしメールマーケティングに課題を感じているのであれば、ぜひこの機会にMAの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ