サブスクリプション

サブスクリプションビジネスで動画マーケティングのメリットを活かすためには

消費者が商品を購入して使用するのではなく、定額料金を継続的に支払うことで、その期間内は自由に利用することができるサブスクリプション型サービスの需要が高まってきています。

サブスクリプション型ビジネスが拡大当初は、ソフトウェアやデジタルコンテンツの提供が中心になっていたのですが、今は自動車やファッションなど、どんどんその幅が広がってきているのです。

そうなると、企業によってはサブスクリプションビジネスでより効率良くビジネスをすすめるために、さまざまな工夫が見られるのですが、中でも特に注目を集めていることが、動画マーケティングです。

最近では中小企業でも動画を活用したマーケティングが増えつつあり、上手く動画マーケティングを行うことで、その後の売り上げにも大きく影響しますので、積極的に動画を活用し、そのメリットを活かさなければなりません。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスで動画マーケティングのメリットを活かすための方法をご紹介していきたいと思います。

今後ビジネスで動画マーケティングを取り入れたい、どのプロモーションが効果的なのか、迷われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

動画マーケティングへの注目度

動画マーケティングとは、自社商品やサービスに対する顧客からの関心を高める手段として、動画を活用することです。

企業にとって、売り上げの向上に繋がりやすい広告こそ、効果が出やすい広告ですので、その点において動画マーケティングが注目されているのです。

今では、スマートフォンで誰でも手軽に動画を見る環境が整っていること、そして人は静止画よりも動くものに目が行きやすいので、クリック率が高いことから、動画マーケティングが多くなっているのです。

YoutubeやTiktokなど、動画再生メディアは非常に多くなっており、動画広告そのものニーズが高まり、広告力が強くなっていますので、それに伴いマーケティング力も高くなっているのです。

動画マーケティングのメリット

企業が動画マーケティングを行うことで得られるメリットは、

  • 伝えることができる情報量が圧倒的に多いこと
  • 顧客の記憶に残りやすいこと
  • 拡散することに成功すれば、非常に高い宣伝効果が発揮されること
  • でしょう。

    企業がユーザーに対し、伝えたい情報量は非常に多くあるかと思いますが、動画は静止画と比較すると圧倒的に伝えることが出来る情報量が多いのです。

    また、商品やサービスの内容はもちろん、抽象的なイメージも伝えることができますよね。

    そして、動画は静止画よりもはるかに、人間の脳に記憶されやすいのです。

    顧客がなんとなく見ただけでも、強いイメージが残る場合があり、ふとした時に商品やサービスを思い出すことができるので、この優位性は非常に大きいでしょう。

    また、動画は爆発的な広がりを期待することができますので、あっという間に認知度が向上することもあるのです。

    動画マーケティングのメリットを活かす方法

    上記で説明した通り、動画マーケティングに関しては非常に大きなメリットがあります。

    これらのメリットを最大限に活かすためには

  • 製作コストを可能な限り抑える
  • 目的を明確にした動画を制作する
  • 動画の尺の長さに注意する
  • 広告を掲載する場所を考える
  • などに気を付けましょう。

    制作コストを抑えることに関しては、初めて動画広告を行う場合、最初からハイクオリティのものを目指すのではなく、自社に出来る限りのレベルから始めることをおすすめします。

    どうしても長い動画になるにつれてコストも多くなってきますので、使えそうな既存素材がある場合にはそれを再編集することから始めていきましょう。

    また、自社の目的、もしくは自社の対象を明確にした動画を制作することも重要です。

    どのようなユーザーにこの動画を見てほしいのか、ということをはっきりしておくことで、よりターゲットユーザーの目に留まりやすくなり、高い費用対効果に期待することができるでしょう。

    そして、動画の尺に関しても、伝えたい情報量が多ければ多いほど、どうしても動画の尺が長くなってしまうのですが、動画広告として適切だと言われるものは「短い動画で最大限ユーザーの興味を惹く動画」です。

    6秒ほどの短い動画であれば、SNSでも拡散されやすいのです。

    最後に、広告を掲載する場所に関しては、自社のターゲットユーザーが訪れやすい場所を選定しましょう。

    初めはYoutubeに掲載を考える場合も多いのですが、Youtubeは人気の動画プラットフォームであるからこそ、競合が多いことを忘れてはいけません。

    まとめ

    以上、サブスクリプションビジネスで動画マーケティングのメリットを活かすための方法についてお話させていただきました。

    サブスクリプション企業でも、多くの企業が動画マーケティングに成功しており、ビジネスに役立てている事例が多くなっています。

    売り上げ向上と新規顧客獲得、そして既存顧客の維持に関しても、動画マーケティングは行うべきものだと考えられますので、サブスクリプションビジネスを行う場合は、ぜひ取り組んでみて下さいね。

    • おすすめの投稿がありません
    まずは気軽に問合せ