サブスクリプション

自社サブスクリプションWebサイトの表示速度は適切?

ここ数年で「サブスクリプションビジネス」という言葉が急激に世間に広がっており、私たちの生活として考えても非常に身近なものになっていますよね。

サブスクリプションは、消費者の「所有から利用へ」という価値観の変化によって需要が増しているサービスです。

サブスクリプションビジネスはユーザーファーストであるビジネスモデルですので、今はさまざまな業種にて導入が始まっていますので、実際にもサブスクリプションビジネスを展開した方も多いことでしょう。

サブスクリプションビジネスにはWebサイトの運営が必須になり、Webサイトを有効活用して顧客満足度を向上させ、ロイヤルカスタマーを育成することが重要です。

ですがその重要なツールとなるWebサイトは、適切なツールになっていますか?

たとえばWebサイトが重いとなると、それだけで顧客に対しストレスを与えてしまいますので、顧客が一気に離れてしまい離脱率が向上してしまうので、Webサイトの評価では大きなマイナスになり、SEO対策にも悪影響を及ぼしてしまいます。

サブスクリプションビジネスにおいては、Webサイトの表示速度は今後のビジネスに関わる非常に重要なポイントなのです。

そこで今回は、自社サブスクリプションWebサイトの表示速度は適切であるのか、しっかり見ていきましょう。

サブスクリプションビジネスにご興味を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Webサイトが重いときの解決法

Webサイトが少しでも重たいと思った場合には、すぐにGoogleアナリティクスを確認しましょう。

Googleアナリティクスによって正確な数値を見ることが重要です。

Webサイトが重たい場合、その見ている端末に原因があることも多く、特にスペックが低い端末で見ている場合とスペックが高い端末で見ている場合とでは、動作に違いがあることも珍しくはありません。

だからこそ、特定の端末のみでWebサイトが重く感じてしまっている場合がありますので、感覚だけで判断せずGoogleアナリティクスを用いて実際の数値でしっかり判断しましょう。

Googleアナリティクス

GoogleアナリティクスでWebサイトの表示速度を確認するには、Googleアナリティクス上の「行動タブ」「サイト速度」を活用していきましょう。

一番上にある「概要」にて、「平均読み込み時間」「平均リダイレクト時間」「ドメインの平均ルックアップ時間」「サーバーの平均接続時間」「サーバーの平均応答時間」を確認することができます。

特に初心者の方であれば、どの項目を重視すべきなのか迷う方も多いかと思いますが、そんな時はまず「平均読み込み時間」を確認しましょう。

平均読み込み時間とは、ページが読み込まれるまでの平均時間を表しており、Webサイトが検索結果画面でクリックされ、そこからユーザーを待たせている平均時間です。

目安としては、0~1秒が通常、1~2秒が改善の必要あり、2秒~が表示速度が遅い、と考えられますので、これに当てはめてみてください。

Webサイトの表示速度を改善することでSEO対策に繋がり、ユーザーの直帰率の低下にも繋がりますので、特に2秒以上であった場合には早急な改善が必要です。

PageSpeed Insights

Webサイトの表示速度の原因と改善方法を知るためには、「PageSpeed Insights」を活用することもおすすめです。

表示速度を改善するためには、まずなぜWebサイトが重くなっているのか、その重たくなっている原因はどう改善すれば良いのかということを考えなければなりません。

一般的にWebサイトが重い原因は「サーバーが重い」「表示に時間がかかる不要な重い画像を使用している」「ブラウザのキャッシュが活用できていない」ということが考えられます。

ですが実際どの原因が自社Webサイトに該当しているかは分かりませんし、それを追求するにも手間がかかってしまいます。

そんな時に、PageSpeed Insightsを活用します。

PageSpeed Insightsは、Googleアナリティクスともリンクしている、Googleが推奨しているWebサイト速度改善ツールです。

初心者でも正確に、かつすぐにWebサイトが重たくなっている原因をしることができます。

PageSpeed Insightsによって改善すべきことを把握し、その原因を改善していきましょう。

サブスクリプションビジネスとしてWebサイトを運営するには欠かせないツールとも言えるので、Googleアナリティクスと併用して活用していきましょう。

まとめ

以上、自社サブスクリプションWebサイトの表示速度は適切であるのか、ということについてお話させていただきました。

自社が提供するサブスクリプションサービスを、より長く満足して利用し続けてもらうためには、ユーザーにストレスなくWebサイトを見てもらうことが最重要です。

ユーザーにとって利便性の高い情報を素早く提供するためにも、ぜひこの機会に自社Webサイトの表示速度を見直してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ