サブスクリプション

初心者必見!サブスクリプションWebサイトを自分で修正する際に必要な準備

「サブスクリプション」とは、ビジネスモデルの一種であり、顧客がサービスの商品利用期間に応じて料金を支払う形態です。

従来までであれば、企業は顧客に対し商品やサービスを売り切り型として販売しており、所有してもらうことを目的としていたのですが、今は所有せずに「利用」することを目的とし、商品やサービスを提供しています。

これは消費者の「モノからコトへ」の価値観の変化、そして企業の安定した収益を求める体制が大きく関わっていることでしょう。

サブスクリプションビジネスには、運営のWebサイトが必須ツールであり、Webサイトを有効に使うことが一般的と考えられています。

Webサイトを構築し、運用していると、時にWebサイトの修正が必要な時が必ずあるかと思います。

その際業者に依頼すればもちろんその分のコストがかかってしまいますので、コスト削減を目標としている企業にとっては何とか自分で修正できないものか、と考えることでしょう。

それ以外でも業者がいなくなって修正ができない、業者に依頼すると急ぎの修正でも時間がかかってしまう、自分で修正できるようスキルアップをしたい、と考えられている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションWebサイトを自分で修正する際に必要な準備について、詳しくお話させていただきたいと思います。

初心者の方でも分かりやすく説明していきますので、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

自分でWebサイトを修正する2つのメリット

まずは自分でWebサイトを修正する2つのメリットについてお話していきます。

1つ目は、業者に依頼する分のコストを削減することができるということでしょう。

無料でWebサイトの修正を行ってくれる業者もありますが、基本的には業者にWebサイトの修正を依頼することはその分の費用があると考えておきましょう。

少しの修正などであれば、それほどのコストがかからないかもしれませんが、Webサイト全体のデザインやブランドロゴの修正となると、かなりの費用がかかってしまう可能性があります。

業者に依頼すると、希望通りの完成品に仕上がりますので、確実ではあるのですが、コストを削減できるという点はかなり大きなメリットになるでしょう。

そして2つ目は、業者に依頼するよりも早く修正できるということです。

自分でWebサイトの修正をすることができると、余計な時間をかけずに早く更新することができますよね。

Webサイト制作会社と契約を交わしている場合、修正作業を依頼するとなると、「どの画像を変更するのか」「どのような文章を記載するのか」など、修正の間違いを防ぐために、修正内容を細かく伝える必要があるでしょう。

ですが、自分で修正を行うのであれば、このような手間を省くことができるのです。

Webサイト修正のための必要な準備

PCスキル

自分でWebサイトを修正するのであれば、基本的にはPCを用いて行いますので、最低限のPC操作は必須でしょう。

日常的にPCを扱っているのであれば、特に問題はないかと思いますが、最低限キーボードを使って文章を入力することができるスキルは欲しいですね。

もしPC操作を日常的に行っていない、もしくは今まであまり扱ってこなかったという方は、まずPC操作の勉強から始めなければなりませんので、Webサイトの修正は少し難しいかもしれません。

「HTML」「CMS」「CSS」の知識

Webサイトを修正する場合、「HTML」と「CMS」、「CSS」の知識が必要になってきます。

HTMLは、タイトルや見出し、改行や段落などに対して利用する言語であり、CMSはレイアウトや色の指定で使う言語です。

Webサイト修正には、これが一番難しいポイントではないでしょうか。

修正希望箇所にもよりますが、文章の修正や画像の差し替え程度の修正であれば、基本的にあまりCSSを使用することはありません。

ですが、レイアウトやカラーを変更したいとなると、その際にはCSSの操作が必須になります。

ですがもし、Wordpressなどの管理システムが導入されている場合であれば、比較的修正作業は簡単に行うことができます。

WordPressはCMSが導入されており、管理ページから記事の修正や画像の追加を行うことができますので、作業の手間を考えると、CMSのほうが修正しやすいでしょう。

ですのでWebサイト構築時には、CMSが導入されているWebサイト構築ツールを選ぶことをおすすめします。

ですがCMSを利用したとしても、HTMLやCSSを使って文字を装飾する場合がありますので、最低限HTMLとCSSの基礎知識は持っておくべきでしょう。

FTPサーバーのアカウント情報

FTPのルールを用いてファイルのやり取りを行う「FTPサーバー」のアカウント情報を持っておきましょう。

サーバーとはデータを保存しておく場所のことであり、そのサーバーにホームページのデータを保存しなければインターネットで閲覧をすることができません。

Webサイトの運営には必ずサーバーが必要になりますので、「FTPホスト」「ユーザー名」「パスワード」のFTP情報を取得し、サーバーにアクセスしましょう。

もしアカウント情報を忘れてしまわないよう、しっかり管理することも大切です。

まとめ

以上、サブスクリプションWebサイトを自分で修正する際に必要な準備についてお話させていただきました。

Webサイトの修正の修正には、自分で行うことのメリットが大きいのですが、修正作業に慣れていない場合は操作ミスなどで元に戻せないというリスクもあることを分かっておきましょう。

もし自分でWebサイトを修正するのであれば、そのための準備、そして必要な知識をしっかり学んでから行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ