サブスクリプション

サブスクリプションWEBサイトのSEOで結果を出すには

今、大手企業をはじめ、多くの企業が「サブスクリプション」の導入を始めています。

サブスクリプションとは、従来までのように消費者が商品やサービスごとに料金を支払うのではなく、一定期間利用することができる「権利」に対して料金を支払うビジネスモデルです。

サブスクリプションを導入することで、顧客はモノを持つ必要がなくなりますし、使えば使うほどお得になり、今までよりもコストを抑えることができ、さらにいつでも解約をすることができる、というメリットがあります。

もちろん企業にとっても、新規導入障壁を下げることができるため、利用者の増加に期待することができますし、継続的な売り上げを得ることができるでしょう。

さらに今までよりもより詳細な顧客データを得ることができるため、今後の改善にも活用することができます。

このように顧客と企業双方にメリットがありますので、今非常に注目を集めているのです。

サブスクリプションビジネスにおいては、「集客」が非常に重要なポイントになってくるのですが、この集客が上手くいかないと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

集客と一言で言っても、コストがかかる集客と、無償でできる集客がありますが、今回は無償でできる集客として「SEO」に注目してみましょう。

そこで今回は、サブスクリプションWebサイトのSEOで結果を出すにはどうすれば良いのか、ということについてお話させていただきたいと思います。

効率良くサブスクリプション集客を行いたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

消費者が求めた答えが提供されているWebサイト

SEOに関しては、SEOコンサルタントと契約したり、デザイナーに対する対策費用などにコストがかかる場合があるのですが、結論的に言うと顧客目線のWebサイトを構築することで、コストをかけずにSEOで結論を出し、効率よく集客を行うことができるのです。

効果も高いSEOとはどうすれば良いのか、その答えこそ「消費者が求めた答えが提供されているWebサイト」なのです。

SEOは顧客満足度に直結しているからこそ、この視点が抜けてしまってはSEO対策に失敗してしまうのです。

日本国内で90%以上のシェアを誇るGoogleは、自社検索エンジンに課している課題として「検索クリエに対し、最も最適なWebサイトを表示する」ということです。

ユーザーそれぞれがさまざまな意図をもって検索し、その意図に合ったWebサイトを検索結果上位に表示させるよう設計されているのでしょう。

これを測るためには、「平均滞在時間」「リピート率」「直帰率」などが重要になってくるのです。

トップページを重視する

ここ数年のGoogleの傾向としては、「トップページ」が重視されていることが考えられます。

GoogleがWebサイトを評価するにあたって、重視する基準の一つに「EAT」と呼ばれるものがあります。

EATとは、専門性、権威性、信頼性を意味し、これらが高いWebサイトであれば、サイト名を検索することでトップページを軽油して訪問するユーザーが現れるのです。

つまり、トップページの満足度が高いWebサイトは、トップページの滞在時間を長くし、リピート率を高め、サイト全体の検索順位が上がりやすいのです。

ユーザーが持つ悩みを解消すべく、その解決策を細かく丁寧に記載し、その解決策の一つとして商品が提示されている、という作りが重要です。

始めから商品説明があるWebサイトでは、ユーザーの悩みを解消する答えとしては弱く、「商品を購入しなければ悩みを解決できない」という消化不良の状態になってしまい、商品の購入どころか離脱に繋がってしまいます。

消化不良を起こさずに商品購入へ誘導するためにも、ユーザーの悩み解消に繋がる情報をしっかり掲載し、Webサイトの顧客満足度を向上させ、SEOに有利な状態を保たなければなりません。

サイトの更新頻度やページ数、表示速度との関係性

SEOについて考えた際、まずサイト更新頻度やページ数を意識する方もいらっしゃるでしょう。

更新頻度が高く、ページ数が多いWebサイトは、検索結果上位に表示されやすいと考え、集客に活かそうと考える場合があるでしょう。

もちろんこれは、ユーザーに対して有益な情報を提供したいということが目的であれば、十分意味があるのですが、SEO効果を目的としているのであれば、まったく無駄なのです。

もちろん、Webサイトの種類や即時性が重視されるものの、更新頻度が高い、ページ数が多いというだけでは、Webサイトの検索順位が上昇することはありませんし、むしろ検索順位が安定しない原因になる可能性があります。

また、表示速度に関しても、より速度が速いほうがSEOに有利だと言われており、もちろん重視される一つなのですが、検索結果上位のために表示速度をこだわることは、あまりおすすめできません。

その理由は、Googleアルゴリズムの中の一つであっても、特別重要視される要素ではないからです。

もちろん、あまりに表示速度が遅いWebサイトでは、離脱されてしまう可能性が高いので、ある程度の速度を維持しなければなりませんが、特に突出しなくても良いのです。

まとめ

以上、サブスクリプションWebサイトのSEOで結果を出すにはどうすれば良いのか、ということについてお話させていただきました。

結果的にSEOで結果を出すためには、「ユーザーが求める最適な回答が用意されているWebサイトを構築する」ことが非常に重要です。

ユーザーは何を求め、そのWebページに何を求めているのか、という視点こそSEOを成功させる第一のポイントなのです。

ぜひこれらを意識して、最適なサブスクリプションWebサイトを構築してくださいね。

まずは気軽に問合せ