単品リピート通販

単品リピート通販におけるサブスクビジネスの今後の行方と大手企業のビジネス事例

今、どの業界においても注目すべきビジネスモデルと言えば、サブスクリプションビジネスが挙げられるでしょう。

デジタル商材を取り扱う企業で採用する事例が多くなってきている中ではありますが、最近では非デジタル商材を取り扱う企業でも、積極的にサブスクリプションが導入され始めているのです。

日本国内はもちろん世界的に見ても、サブスクリプションビジネスの大流行の兆しを見せているでしょう。

従来の売り切り型ビジネスとは違い、顧客は商品やサービスを利用した期間、もしくは利用した量に対しての対価を支払う課金提供型ビジネスモデルでありますので、企業としては継続的に安定した売り上げを得ることができるのが、このサブスクリプションの最大のメリットと言えるでしょう。

このサブスクリプションビジネスが拡大している背景には、所有することや購入することよりも、「使いやすいこと」「共有すること」にメリットを感じるようになってきていることが挙げられます。

このような消費者の購買行動の変化や、インターネット寛容の普及、進歩などからサブスクリプションビジネスが一気に加速しているのですが、今後はどのような行方が予想されているのでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスの今後の行方と、大手企業のビジネス事例をご紹介していきたいと思います。

今後サブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションビジネスの行方

サブスクリプションビジネスの特徴としては、契約者数がある一定数に達するまでは、多くの初期コストと運用コストが必要になってくる場合が多いので、運営者としては「なかなか黒字にならない」という考えを持つでしょう。

もちろん、この一定数を超えることができれば、安定的な巨額の収入を得ることができます。

企業としては、この状態を目標としたいところですよね。

顧客は企業が提供するサービスを受けることに対し、顧客情報を提供しているため、それに満足している場合であれば、他サービスを利用することは利便性を損なうことになりますので、顧客はその環境から離れられなくなります。

このような状態に持っていくことができれば、今後スタンダードの地位を占めることさえできるようになるのです。

サブスクリプションビジネスは、経済規模が大きくなりますので契約者数が多ければ多いほど、より魅力的なコンテンツを提供することができ、より高いパフォーマンスを行うことができます。

つまり、「サブスクリプションナンバーワン」の企業こそ、大きな利益を得ることができますので、今さまざまな業種の企業がサブスクリプションの導入を始めているのです。

大手企業のビジネス事例

Google

Googleは、検索の世界において利用者数はトップの地位を誇るほど人気ではありますが、Google自体はサブスクリプションの導入を行っておりません。

ですが、Google傘下企業である「YouTube」は、サブスクリプションを導入しています。

「YouTube Premium」という月額サブスクリプションを提供することで、その会員者はより快適にYouTubeを利用することができますし、多くのコンテンツに自由にアクセスすることができるようになります。

Amazon

Amazonは、「Amazon prime」というサブスクリプションサービスの提供を行っています。

月額利用料金を支払い、Amazon primeを契約することで、Amazonでのショッピングを素早く、そして快適に楽しむことができます。

注文した荷物が素早く自宅に届くという点をメリットに感じる利用者は多いでしょう。

またこれ以外にもAmazonが提供するさまざまな特典を得ることができるのです。

Apple

Appleは、「Apple Music」という音楽サブスクリプションサービスを提供しています。

月額料金を支払うことで、顧客は音楽を聴き放題になり、いつでもどこでも好きな音楽を楽しむことができる、というサービスです。

ですがAppleは、ハードウェアデバイス自体のサブスクリプションの需要が高いと考えられていますが、未だ提供していません。

Facebook

Facebookは、世界で最も利用者数の多いSNSであると言われており、そのサービス利用は無料ではありますが、2018年頃からサブスクリプションのテストが行われています。

そのサブスクリプションサービスとは、定額費用を支払うことで、有料のFacebookグループを作成することができる機能です。

まだ本格的な実施はされいないものの、これが実現すれば誰でも簡単にサブスクリプションビジネスを開始することができるようになりますよね。

つまりFacebookはサブスクリプションビジネスのプラットフォームに成長する可能性がありますので、今後の動向に注目したいところです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスの行方と、大手企業のビジネス事例をご紹介させていただきました。

まだ新しいビジネスモデルであるからこそ、多くの企業が模索と試行錯誤を続けており、まだまだこれからが本番のビジネスであると言えるでしょう。

誰もが開始することが出来、ビジネスを行う上で究極のゴールとも言われる「カスタマーサクセス」が待っているビジネスは、サブスクリプションビジネスです。

ぜひサブスクリプション業界への進出に挑戦してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ