単品リピート通販

単品リピート通販のサブスクビジネスで契約の解約を防止する対策方法とは

サブスクビジネスで契約の解約を防止する対策方法とは

サブスクビジネスを行っていく中で、ユーザーから解約されるのは企業側にとって非常に痛手となります。

ですので、企業側にとってサブスクビジネスをユーザーからいかに解約されないようにするかが非常に重要になります。

そこで今回は、サブスクビジネスで契約の解約を防止する対策方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ユーザーが解約してしまう心理とは

そもそも、なぜユーザーや利用者がサブスクサービスを解約したいと思ってしまうかについて理解しておかないといけません。

そして、ユーザーや利用者がサブスクビジネスを解約してしまう主な原因は、

必要性を感じなくなってしまったから
他に良いサービスを見つけたから

と言った理由が主に挙げられます。

しかし、そこで企業側が何も対策を行わなければ解約率はどんどん上がってしまい、結局サブスクビジネスは失敗してしまいます。

そこで重要となってくる解約を阻止する対策

ユーザーに必要性を感じて貰えなくなる
他に良いサービスを見つけられてしまう

と言った原因は、一見するとユーザー側の心理状態に起因しているため、企業側にとっては対策を行うことが難しいと思われることがあります。

しかし、上記のような状態でも解約を阻止するような対策を行うか行わないかで、サブスクビジネスの成功率は大きく変わると思います。

そこで、まずは次にご紹介する2つの対策方法を試してみることをおすすめします。

1.サービスを解約させてしまうのではなく、ユーザーにお休みをさせる

ユーザーや顧客がサブスクサービスを解約する多くの理由は、上記で書いている通り、

必要性を感じなくなってしまったから
他に良いサービスを見つけたから

と言った理由が多いです。

ですので、一旦思い切って解約の一歩手前になる「お休み状態(休止)」を活用することで、「やはり必要だったのだ」と思わせる方法です。

ずっと使い続けていると、便利なサービスほど日常生活の中で当たり前に利用していていて有難みを感じなくなるユーザーは少なくありません。

そこで、一旦解約ではなく「お休み」と言った制度を導入して、お客様に立ち止まってもらい再度考える期間を与えることで、解約を阻止することが可能となります。

「お休み」の期間中は、料金そのものは発生しないためユーザーにとってはゆっくりと考えることが出来ますし、企業側は何が原因かを探る時間を得ることが出来ます。

そして、いざユーザーが行動を起こそうとした際に、改善された新しいサービスなどをアピールすることで再度興味・契約継続に繋げることが可能となります。

このようにして、解約を阻止する方法がまず挙げられます。

2.ダウンセルを行ってみる

「ダウンセル」とは、元々利用しているサービスよりも安くなる料金プランを提案する方法で、ビジネスにおいてよく使われます。

必要性を感じなくなってしまったから
他に良いサービスを見つけたから

と言った原因が解約に繋がることをご紹介しましたが、上記の2つ以外にも「サービスを使い切れず、費用がもったいない」と思い解約になってしまうケースも少なくありません。

この「サービスを使いきれず、費用が勿体ない」と言った解約理由に対する対策方法として役立つのが「ダウンセル」になります。

現在利用しているサービスよりも、価格は安くなってしまうため利用出来るサービスの幅は狭まってしまうものの、そもそも「使いきれず費用が勿体ない」と感じているユーザーは、決して

必要性を感じなくなってしまったから
他に良いサービスを見つけたから

という理由が1番の解約理由ではないことが多いです。

ですので、よりそれぞれのユーザーに適したダウンセル方式を採用することで、ユーザーや利用者の解約率を下げることが可能になります。

まとめ

今回は、サブスクビジネスで契約の解約を防止する対策方法についてご紹介してきました。

その対策方法とは、

ユーザーに「お休み制度(休止)」を利用してもらって期間を空ける
ダウンセルを行ってみる

の2種類です。

もちろん、解約しようと考えているユーザーは一つの理由ではなく複数の理由があり解約するケースも少なくないため、解約を阻止することは決して簡単ではありません。

また、近年は似たようなサブスクサービスがたくさんあるため、サブスク市場は飽和状態とも言える流れになってきているため、解約を阻止するのは非常に難しくなってきています。

しかし、それでもユーザーの声や解約をしてしまう原因を知る事が出来れば、その原因に対する対策を行うことが出来ます。

そして、結果として解約防止に繋がるので、サービスを提供する側は、ユーザーとの関係を絶対に切らないことがそもそもの解約防止の大前提であることを忘れないようにしておいた方がよいと思います。

しかし、企業側の事情だけで悪徳なやり方を行ってしまえば、必ずユーザーや利用者は離れていってしまい、口コミなどを通して世間に拡散されてしまうので、くれぐれもユーザーの反感を買うような強引な解約防止を行ってはいけません。

まずは気軽に問合せ