サブスクリプション

サブスクリプションビジネスに重要な競合分析とは

今、さまざまな企業からサブスクリプションビジネスが注目されています。

サブスクリプションとは、モノやサービスを利用する権利に対して料金を支払うシステムであり、定期購読、定期課金とも言われているビジネスモデルです。

サブスクリプションビジネスが注目され始めた当初は、デジタルサービスこそ、サブスクリプションにふさわしいと言われていましたが、今では飲食業会やアパレル業界といった分野にまでサブスクリプションが浸透しており、さまざまな業界がサブスクリプションビジネスの導入を検討し始めているのです。

非常に注目されているビジネスモデルであるからこそ、自社企業も参入を!と考えるでしょう。

ですが、サブスクリプションとして提供しようとしている商材やサービスの「競合」を考えたことがありますか?

自社と同じ部類に分けられるシェアを取り合うライバル企業に対して、「競合分析」を行わなければなりません。

競合分析とはその言葉通り自社と同じシェアを持つ競合企業を分析することです。

市場における需要には限りがありますので、この競合分析をしっかり行わなければ、あっという間に自社のシェアが奪われてしまうのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに重要な「競合分析」について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

競合分析の考え方

シェアを奪うのは同一商品だけではない

まずは正しく競合分析を行うために、シェアを奪うのは同一商品だけではない、という考え方を持ちましょう。

たとえば分かりやすい例として挙げてみると、「テレビ局の競合」と言われると、あなたはどのテレビ局を思い浮かべますか?

おそらく「読売テレビ」「フジテレビ」「朝日テレビ」、もしくは他のテレビ局が思い浮かぶことがあるでしょう。

ですが今の時代、テレビ局の競合はテレビ局だけではありません。

「若者のテレビ離れ」という言葉があるように、最近ではYoutubeなどの動画配信サービスが非常に多くのシェアを占めてきているのです。

そしてそれだけでなく、「人の暇な時間に使用するサービス」と考えると、漫画やゲーム、SNSなどもテレビ局の競合と言えますよね。

このように限られた条件のシェアを奪い合う競合は非常に多くあるということであり、このような考え方を理解しなければ、分析すべき競合を分からないままでいてしまうことになってしまうのです。

ですので、競合分析を行う場合には、広い視野を持つことが重要なのです。

違いを明確にする視点を持つ

もう一つの考え方として重要であることが、競合分析を行う場合には、競合との比較だけでなく、違いを明確にする視点を持つ、ということなのです。

たとえば競合分析を行い、競合となる企業が自社とよりも安い価格で商品を販売していた場合、「自社商品も値下げをしなければ」と考える方がいらっしゃるでしょう。

もちろん、その視点も重要なのですが、それだけの視野ではいけないのです。

他社との比較だけに視点を置いてしまえば、自社との強みを伝えることができませんし、他社との明確な違いを疎かにしてしまう場合があるのです。

ですのでもし、競合分析を行った後、他社より値段が少し高い場合であってもまずは、自社商品はその商品よりも優れているか、その商品ならではの高い魅力があるのか、ということを考案し、備えていくことで自社のシェアを獲得し、広げていくことができるのです。

ですので、競合分析を行う場合は、ただ数字を比較するだけではなく、明確な違いを把握しアピールするきっかけにするということも重要な考え方なのです。

競合分析のやり方

より適切に、正しい競合分析を行う場合には、フレームワークを多いに活用することをおすすめします。

特に「3C分析」「4P分析」「SWOT分析」を用いることで、より詳細に、そしてより多面的な競合分析を行うことができるのです。

3C分析とは、「Customer(市場・顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の頭文字を取った言葉であり、市場の関係性や自社を取り巻くマーケット環境を分析し、理解するために使われるレームワークです。

4P分析とは、「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(販売促進)」の頭文字を取った言葉であり、これらの4つを企業の視点からビジネスを見ることで、ターゲット市場を分析し、課題や強みなどを把握することができますので、それを基にした戦略施策を考案することができるのです。

SWOT分析とは、「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opprtunity(機会)」「Threat(脅威)」の頭文字を取った言葉であり、環境分析ステップとして、自社の環境要因を考える視点を持つことができます。

これら3つを用いることで、より細かく適切に競合分析を行うことができますよ。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスに重要な「競合分析」についてお話しさせていただきました。

競合分析を行うことで、競合と比べたときの自社の強みやオリジナル性を明確にすることができますし、現在の価格設定が正しいものか、ということも判断することができます。

競合分析は、サブスクリプションビジネスはもちろん、ビジネスの場において必要不可欠になりますので、まだ行っていない方はぜひこの機会に知識を深め、競合分析を行って下さいね。

まずは気軽に問合せ