単品リピート通販

単品リピート通販のサブスクリプションビジネスにて、ファンで居続けてもらうための戦略とは

音楽聴き放題のサービスや、動画観放題のサービスと言った「サブスクリプションサービス」の拡大が拡がって来ております。

サブスクリプションサービスとは、一度きりの買い取りではなく、継続してサービスを利用し続けてもらうビジネスモデルです。

今世界的にも導入する企業が多くなり、国内でも少しずつサブスクリプションを採用する企業が多くなってきています。

サブスクリプションビジネスとしては、ユーザーに継続して長く利用し続けてもらうことで、安定した収益を得ることができますので、企業としてはいかに解約をされずに利用し続けてもらえるか、ということを考案するマーケティング戦略が重要になってくるのです。

いわゆる、ユーザーにそのサービスのファン、その企業のファンになってもらうことが重要なのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにて、企業ファンで居てももらうための戦略について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

戦略1:継続利用価値を提供する

たとえばデジタル系のサブスクリプションサービスである場合、従来の買い取り型であればユーザーは新しいバージョンが現れるごとに商品を買い換えなければなりませんでしたし、それができなければ古いバージョンのまま使用しなければなりませんでした。

どちらにせよ、費用が掛かってしまいますし、不便に感じてしまうことがあるでしょう。

ですが、サブスクリプションサービスとして継続的に利用し続けてもらうことで、自動的にアップデートをしてもらうことができますし、サービスの利用期間内であれば、そのサービス内での疑問点などを相談することができるので、そのような悩みは無くなります。

このように、一度提供することで満足できる価値ではなく、そのサービスをサブスクリプションとして継続して得ることができる価値を、ユーザーに提供しなければなりません。

戦略2:買い取り型ビジネスとの差別化を図る

2つ目の戦略としては、サブスクリプションサービスだからこそのサービス提供を行い、買い取り型ビジネスとの差別化を図ることが重要な戦略です。

たとえば、買い取り型であれば対応をしていなかったサービスであっても、サブスクリプションサービスであれば、そのサービスを利用することができるとなると、より利便性を高めることができますし、そのサブスクリプションサービス独自の付加価値を提供することができますので、十分な差別化を図ることができますよね。

このように、お得感を演出する特典を付帯することで、ユーザーに商品の継続や購入の後押しをすることができるのです。

戦略3:購入のためのハードルを下げる

サブスクリプションサービス提供開始時には「お試し期間」を設けることはもはや必須条件になっています。

たとえばサブスクリプションビジネスとして成功を納めている「Office365」であれば、1ヶ月の無料お試し期間が設けられていますし、音楽サブスクリプションである「Apple Music」であれば、3ヶ月の無料お試し期間が設けられています。

このように、十分なお試し期間を設けておくことで、購入時のハードルが大きく下がりますし、その無料お試し期間の間で利用方法を覚えてもらうことができますので、ユーザーの生活の一部になっているのです。

無料お試し期間を設けておくことで、その後の継続利用を促しやすくなりますので、導入必須であると言えるでしょう。

戦略4:商材・サービスにあった提供方法

サブスクリプションサービスの提供方法としては、基本的な提供方法がありますが、その基本に基づいた提供方法を考案することが重要です。

たとえば買い取り型とサブスクリプションの両方を提供している企業もありますし、今までの買い取り型からビジネス展開を行い、サブスクリプションのみを提供している企業がありますし、まったくのゼロからサブスクリプションビジネスをスタートさせている企業もあります。

自社はどの販売手法が最も望ましいのか、ということを考えることで、より安定した収益を得ることができるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにて、企業ファンで居てもらうための戦略についてお話しさせていただきました。

顧客により長く利用し続けてもらうことで、収益が発生するビジネスモデルであるからこそ、どれだけ長く利用し続けてもらうことができるか、ということが重要であり、そのための戦略が必要です。

ユーザーに自社サービスのファンで居続けてもらうような提供を出来てこそ初めて、安定した収益を得ることができることを忘れてはいけません。

ぜひこの戦略のような、マーケティング戦略を考案し、どのようなサービスとどのような提供方法であればユーザーがファンで居続けてくれるのか、ということを考えてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ