サブスクリプション

サブスクリプションビジネスでGoogle広告を利用している方必見!Googleディスプレイを最適化する方法とは

今主流になりつつあるビジネスモデルと言えば、「サブスクリプションビジネス」ですよね。

消費者の価値観がモノを所有するよりも利用することに変わって来ているからこそ、サブスクリプションビジネスが急速に拡大しているのです。

拡大当初は、デジタルサービスこそサブスクリプションビジネスにふさわしいと考えられていたのですが、今ではさまざまな業種がサブスクリプションビジネスを導入しており、サブスクリプションビジネスを展開出来ないビジネスモデルは無いと言われているほどです。

サブスクリプションビジネスを行う場合は、Webマーケティングを行うことは必須であると考えられているのですが、Webマーケティングを行う際、Google広告を利用している方も多いかと思います。

Google広告を利用しているのであれば、Googleディスプレイを最適化をしてより高いスコアを保つことが良いとされているでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスでGoogleディスプレイを最適化する方法について、詳しくお教えしていきたいと思います。

Google広告を利用している方は必見ですよ。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

入札戦略を最適化する

Googleディスプレイ広告で、少しでも早く最適化するためには「入札戦略の最適化」が有効です。

Google広告において、入札戦略は自動入札を行うことを推奨しており、中でも特に強く推奨されているものが「スマート自動入札」です。

スマート自動入札では、目標コンバージョン単価、コンバージョン数の最大化、目標費用対効果は目的とされています。

ですが、最初からこのスマート自動入札を使用すれば良いというものではありません。

スマート自動入札は、過去30日間にそのキャンペーンに30件~50件のコンバージョンが蓄積されている必要がありますし、理想としては過去30日間で100件以上のコンバージョンデータが欲しいところです。

コンバージョン数が足りない場合でも、Googleは類似するデータを借りてきて最適化を働いてくれる場合もあるのですが、そうするとどうしても入札挙動が不安定になりやすくなってしまいますので、まずは最適化に必要なデータ量を確保しましょう。

ターゲティングを最適化する

二つ目の方法は、「ターゲティングの最適化」でしょう。

Google広告では、性別や地域、興味、関心、デバイスなど、多種多様のターゲティングを行うことができますので、これらをより細かく設定するようにしてください。

より細かく設定しておくことで、顧客を逃すことがありませんし、販売機会を逃すことがありません。

細かく設定することは必須なのですが、このときターゲティングを絞り込み過ぎず、少しだけ緩く設定しておくことがポイントです。

また、機会学習を用いて最適化に利用できるデータは、可能な限りすべて用意することこそ、最適化を最短で進めるコツです。

これらを行うと、面倒、遠回り、予算の無駄と感じる方も多いかと思いますが、集まったデータは後の運用改善に役立ちますので、必須で行ってくださいね。

広告クリエイティブを最適化する

Googleディスプレイ広告に置いて、クリエイティブを最適化することも一つの方法です。

クリエイティブの作り方は、「バナー広告」「レスポンシブディスプレイ広告」の二種類があります。

バナー広告は製作したクリエイティブがそのままユーザーに表示されるので、コントロールしやすいですが、広告枠とバナーサイズが一致しなければ広告表示されませんし、クリエイティブテストを行うには、その都度クリエイティブを作り直さなければなりませんので、非効率であることがあるでしょう。

また、レスポンシディスプレイ広告は、固定サイズではなく、複数バナーとテキストが都度ごとによって組み合わされて表示されますので、広告主のコントロールが効きづらいことがあるでしょう。

ですが、広告が掲載される機会があるたびに最適化されて表示されますので、毎回新しいバナーを作り直す必要がなく、効率的にテストを行うことができます。

またレスポンシディスプレイ広告では、ユーザーの反応の良さをGoogleが判断し「最良」「良」「低」が決まります。

「最良」「良」を保つためにも、定期的にクリエイティブの入れ替えを行い、ユーザーに飽きさせないことが大切なのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスでGoogleディスプレイを最適化する方法についてお話しさせていただきました。

広告の運用改善は、「〇〇をすれば改善する、向上する」というような単純なものではなく、データを深く読み解き、仮設を縦、実施し、効果を計測するということを繰り返し、成果を出していかなければなりません。

検証と改善を重ねることこそ運用改善の基本ですので、ぜひこの方法を参考に、効率よくGoogleディスプレイを最適化してくださいね。

まずは気軽に問合せ