単品リピート通販

サブスクリプションビジネスにおける単品リピート通販の「プラットフォーム」とは

サブスクリプションのビジネスモデルを導入する企業が多くなってきました。

サブスクリプションとしてビジネス展開をすることで、顧客はよりお得に便利にサービスを利用することができるようになるだけでなく、企業としても安定した利益を得ることができますので、企業と顧客共に非常にメリットが多いビジネスモデルであると言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスを行う場合、重要なポイントと言えば「プラットフォーム」をどうするか、ということですよね。

今、プラットフォームと言ってもさまざまな種類が存在しますので、サブスクリプションビジネスを行うには自社企業に合ったプラットフォームを選定するために、しっかり検討してベストのプラットフォームを選びたいと思うことでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおける「プラットフォーム」について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスを検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「プラットフォーム」とは

まずは、プラットフォームについてお話ししていきたいと思います。

プラットフォームは、商品やサービス、それに関連する情報などを集約するための「場所」を提供するビジネスモデルです。

このビジネスは、自社で商品やサービスの販売を行わなくても、企業やユーザーに商品やサービスの販売のための「場所」を提供することで、利益を得る形式のビジネスです。

その商品やサービスにまつわる情報を、ひとつの土台に集めて提供する環境を整えることで、企業としては商品やサービスを提供しやすくなるのです。

多大な量のサービスと既納を提供できますので、自社だけではすべてを管理し、提供することが難しいという場合、プラットフォームを利用することがほとんどです。

プラットフォームを提供している企業は、企業と顧客の中間立場となりますので、安心して利用されることを目的としています。

サブスクリプションビジネスでは、顧客に合わせた柔軟な対応が求められますので、顧客一人一人の動向を細かく分析し、蓄積するためのプラットフォームは、サブスクリプションビジネスの成功のカギを握っていると言えるでしょう。

ですが、このプラットフォームを自社で用意しようと思えば、開発には非常に多くの時間とコストを費やしてしまいます。

これを避けたい場合には、サブスクリプションビジネス用に提供されているプラットフォームを利用しましょう。

サブスクリプションビジネスプラットフォームの事例

Zuora

Zuoraは、世界の企業からの支持を集めているサブスクリプションプラットフォームです。

Zuoraを利用すると、このひとつのアプリケーションだけで、サブスクリプションビジネスとして必要となる作業を一通り行えるようになりますし、それだけでなく商品情報の登録や顧客に対しての通知を行ってくれるのです。

これは非常に魅力的なサービスと言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスとして非常に役に立つ充実した機能も搭載されていますので、対応できない業務はほとんどありません。

サブスクリプションビジネスに限定されますが、財務会計管理や受注、請求に関しても、十分な対応をすることができますので、企業にとって非常に利便性の高いシステムと言えるでしょう。

Lammp

Lammpは、2019年にサービス提供が始まって以降、業績が急上昇しているサブスクリプションビジネス用のプラットフォームです。

月額定額制で、誰でも簡単にサブスクリプションビジネスを開始することができるところが魅力的ですね。

Lammpは、サブスクリプションビジネスの運用ノウハウを十分に得ていない運営者、高額なシステム開発料金を懸念している運営者など、サブスクリプションビジネスを断念してしまった企業や個人ユーザーをターゲットとしています。

デジタルコンテンツはもちろん、オンラインサロンやイベント、勉強会や定期発送、〇〇し放題サービスやレンタルサービス、代行サービスなど、さまざまなサービスの展開を行っていますので、商品管理や顧客管理、売り上げ管理といった基本的な管理はもちろん、その他にも顧客離脱率の集計なども把握することができます。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにおける「プラットフォーム」とは何か、ということについてご説明させていただきました。

サブスクリプションビジネスでは、プラットフォームを用いることはもはや必須となっております。

数多くの種類のプラットフォームがあり、特徴がそれぞれ異なりますが、実績があるプラットフォームを選定することで、初期トラブルなどの心配が少ないので、ぜひ自社企業に合ったプラットフォームを選定し、サブスクリプションビジネスを成功させてくださいね。

まずは気軽に問合せ