サブスクリプション

サブスクリプションビジネスで活躍するプロの人材とは

サブスクリプションは、今日本国内ではもちろん世界的にも非常に注目度が高いビジネスモデルであると言えるでしょう。

そもそも「サブスクリプション」とは、雑誌や新聞の「定期購買」という意味で用いられていたのですが、そこから派生して「企業が顧客に対して、商品やサービス継続して利用可能にすることの対価とし、利用料金を支払ってもらう課金形態ビジネス」という意味とされています。

サブスクリプションサービスとしては、音楽配信サービスや動画配信サービスを筆頭に、デジタルサービスが非常に大きな成功を納めましたので、そこから非デジタル業界にまでもサブスクリプションの余波が広がって来ているのです。

ですので、今商品やサービスの販売を行っている企業の方にしてみると、見逃せないビジネスモデルだと言えるでしょう。

ですがいざ、企業がサブスクリプションビジネスを導入する場合には、どのような人材が必要であるのかをご存知でしょうか?

そこで今回は、サブスクリプションビジネスで活躍するプロの人材について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

今後サブスクリプション化を検討している企業の方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

事業マネジメントのプロ

サブスクリプションビジネスを行う上では、事業マネジメントのプロは必須の人材になるでしょう。

まず大前提としては「サブスクリプションは綿密な計算の上で成り立っているビジネス」であるという認識が必要です。

どれくらいの会員数をどれくらいの期間で獲得しなければならないのか、そしてその計画が外れたときの許容範囲はどれくらいなのか、予定の顧客獲得にはどれくらいの費用が必要なのか、会員の平均利用期間はどれくらいか、解約を防止するために必要な費用はどれくらいなのか、というすべてのことが、ビジネスを始める前にシュミレーションされ、計画的な事業を組み立てていくことが必要不可欠です。

これをしなければ、財務的に破たんしてしまう場合がほとんどであり、それが成されなければサブスクリプションビジネスとして成りたたないのです。

事業計画管理者

事業計画管理者も、サブスクリプションビジネスにおいてニーズが高い人材と言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスは、さまざまな活動を細かくKPI分析を行い、さらにその分析結果を管理しなければなりません。

事業計画管理者は、サブスクリプションビジネスとしての財務的な事業数値を意識し、それに加え顧客のサービスの利用状況によって得ることができる数値との関連性を意識しながら、横断的に分析することができる能力が必要になります。

グロースハッカー

グロースハッカーとは、数値計画と分析結果に応じて、それをいかにして成果に結びつけるかということを考え、具体的な行動計画を組み立てて組織を動かしていく人材です。

サブスクリプションビジネスでは、ただ数値を分析するだけではビジネスとして成り立ちません。

より細かな分析結果を把握し、そのデータを元に、仕入れからサービス運用、さらに画面設計などを瞬時に徹底的に軌道修正をしていく必要があり、それをいかに行動改善の提案をすることができるグロースハッカーは、市場価値が高いと考えられているのです。

このようなグロースハッカーとしては、正確な活動計画、進捗を管理する能力、また課題解決をすることができる行動力と実力を持った、リーダーシップのある人物が求められるでしょう。

データマネジメントのプロ

サブスクリプションビジネスでは、大量の蓄積されたデータを分析することが重要になりますので、そのデータの分析を行い、さらに構築をリードすることができるようなデータマネジメントのプロは、需要が高いでしょう。

そして、サブスクリプションは特に一人当たりの顧客データ収集量が多いので、それを守るためのプライバシーやセキュリティに関する高度な知識とスキル能力が必要になるでしょう。

顧客や市場から「信頼」を失ってしまった瞬間に、そのビジネスは崩壊してしまうので、「守りの力」が高く評価されます。

カスタマーボイスアナリスト

顧客がなぜ自社サービスを利用しているのか、なぜ顧客は継続利用をしているのか、なぜ解約してしまうのか、今のサービスには何が足りていないのか、この先どんなことが求められるのか、このようなカスタマーボイスを分析することができる能力を持ったアナリストも非常に需要が高いと言えるでしょう。

実際の顧客の声というものは、データ分析では知ることのできない情報です。

なぜか解約をされてしまう、なぜか利用頻度が少ない、それらの答えはたったひとつの機能にあるという可能性も多いにありますので、カスタマーボイスを細かく分析できる能力を持った人材が求められるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスで活躍するプロの人材についてお話しさせていただきました。

もちろん、サブスクリプションビジネスを成功させるのであれば、これら以外の人材も必要になってきますが、今回ご紹介したプロの人材は、十分な経験と十分な知識を得ているプロフェッショナルが求められますので素人の対応では難しいと言えるでしょう。

これらの人材は今後のビジネス拡大にも非常に重要なキーパーソンにもなりますので、ぜひ参考になさってくださいね。

まずは気軽に問合せ