サブスクリプション

サブスクリプションビジネス管理、非効率になっている表計算ソフト

サブスクリプションとは、今新たに注目を集めているビジネスモデルです。

従来の売り切り型ビジネスとはまったく異なり、そのサービスに契約したユーザーが利用期間に応じて料金を支払うシステムです。

継続的に安定した収益を得ることができますので、顧客と企業双方に大きなメリットがあることから、今需要が高まって来ているのです。

最近ではデジタルサブスクリプションサービスだけでなく、自動車業界やアパレル業界、飲食業界までもサブスクリプションの導入が始まってきており、多くの企業から関心が集まっているのです。

このようなサブスクリプションビジネスでは、顧客のデータをより細かく分析し、いかにそのデータを有効活用することができるか、ということがポイントになってきますので、大量に収集する顧客データをいかに効率的に業務管理を行っていくかということが重要なのです。

この場合、表計算ソフトを用いて管理を行っている企業が多くあるかと思うのですが、表計算ソフトは共同作業をすることが難しいので、さまざまなデメリットが多く限界を感じてしまう場合もあるのではないでしょうか。

せっかく手軽に低コストで利用できる表計算ソフトであっても、業務効率化の妨げとなってしまっては何の意味もありませんよね。

そこで今回は、サブスクリプションビジネス管理における非効率になっている表計算ソフトについてお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを導入されている企業の方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさって下さいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

表計算ソフトの品質管理担保は難しい

サブスクリプションビジネスにおいて、表計算ソフトを用いて管理業務をこなすことは多くの企業で既にされていることだと思います。

パソコンに標準されていることが多く、直感的に利用することができますし、機能を活用することで高度な業務にも対応することができるのですが、事業拡大に伴って考えてみると、見えないコストが発生してしまい、結果的に効率が悪くなってしまうでしょう。

表計算ソフトで商品や顧客、サービス契約、料金請求、そして回収の情報をすべて管理していると、商品価格を変更するときや料金システムを改定するときなど、過去の契約内容な請求データに影響のないように変更を行っていかなければなりません。

そうするとどうしても品質の保守難易度が上がってしまいますよね。

そしてこのようなデータ管理は、手動でデータ更新を行うことも多く、このような管理作業が得意な担当者に割り振られる場合が多いので、結果的にその担当者でなければ作業をすることができない、という場合もあるでしょう。

このようなことを考えると、企業の事業拡大につれて表計算ソフトを用いることは非現実的ですし、正当性を担保することが難しくなってしまうというリスクがあるでしょう。

業務効率化の妨げになる

サブスクリプションビジネスで毎月の料金請求や、回収業務を管理する場合、手作業で管理をしなければなりませんが、どの顧客にいくら請求し、いくらの入金があったのか、といった情報を表計算ソフトで記録していくには、常に部門間での最新の情報を共有しなければなりませんが、表計算ソフトでは共有作業をし辛いため、「無理」「無駄」が生じてしまい、逆に業務効率化の妨げになってしまうことが予想されるでしょう。

また、表計算ソフトではガバナンスやコンプライアンス面で考えてみても、認証認可の仕組みを実践する難易度が高くなってしまうので、情報漏洩や不正会計のリスクにもなってしまいます。

SaaSを活用しよう

新規事業を立ち上げるときは、まだ先が不透明であるため、まずは表計算ソフトを用いてみよう、と考えるかと思いますが、上記で説明したようなリスクが考えられるため、あまりおすすめはできません。

ではどうすれば良いのか、その答えは初めから「SaaS」を導入し、活用していくことにあるでしょう。

SaaSは「Software as a Service」の頭文字を取った言葉であり、始め方基本的な業務プロセスが定義されていますので、スムーズに初期管理を行うことができますし、短期間の利用も可能、そして初期費用も抑えることができるのでおすすめです。

新規事業の立ち上げの場合は特に、SaaSを活用することで利便性の高さを実感することができるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネス管理における非効率になっている表計算ソフトについてお話しさせていただきました。

表計算ソフトは、どの企業も取り入れている管理方法だとは思いますが、新規事業としては不向きであることをお分かりいただけましたでしょうか。

現代はビジネス環境の動向が激しくなっているからこそ、利用期間や利用システムなどすべてを考慮し、柔軟な対応をすることができる「SaaS」の優位性が高まってきているのです。

サブスクリプションビジネス業界へ踏み入れた企業の方は、ぜひこのようなシステムまでもしっかり考案して、ビジネスを進めてくださいね。

まずは気軽に問合せ