サブスクリプション

サブスクリプションビジネス拡大に必要な「UGC」とは

最近、InstagramやTwitterなどのSNSの場において、SNS利用者の投稿を活用したプロモーション活動が多くなってきています。

ユーザーの投稿にユーザーが共感し、そして購入するという価値観が一般的になり、ユーザー心理を追求したプロモーションであると言えるでしょう。

あからさまな広告ではなく、このようなプロモーション方法は、ユーザーの信頼を得ることができるので、今非常に有効的な方法であると言えるでしょう。

このプロモーション方法は、今主流になってきているビジネスモデル「サブスクリプションビジネス」でも非常に有効であると考えられており、さまざまなサブスクリプション提供企業もこのようなプロモーション方法を採用しています。

このようにユーザーがユーザーに向けてコンテンツを創る「UGC」が今重要視され、注目されているのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネス拡大に必要な「UGC」とは何か、ということについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネス規模の拡大を目指している方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「UGC」とは

UGCは、User Generated Contentsの略語であり、ユーザー生成コンテンツという意味です。

SNSが普及している今、InstagramやTwitter、Facebookなどを用いて、SNS利用者が自分のフォロワーや閲覧者に向けて商品の情報を発信し、この発信方法が消費者となるユーザーの購買プロセスに非常に大きな影響を与えるコンテンツとして、重要視されているのです。

少し前までであれば、企業がユーザーに対し、一方的に情報を発信するWeb広告が主流でありましたが、これに対しユーザーは嫌悪感を抱き、広告は不要な物と考えるようなってしまう上、デジタルマーケティング市場の拡大に応じて、ビジネス競争が激化し、有料広告であっても望むような成果を残すことが難しいと考えられていました。

ですが、UGCのように、ユーザーが作成した自然なコンテンツは、他ユーザーにとって共感しやすく、その情報も拡散しやすいので、企業としては今の時代に必要なプロモーション方法であると考えているのです。

なぜ「UGC」がサブスクリプションに必要なのか

サブスクリプションサービスと言えば、月額定額料金を支払うことで、商品やサービスを利用するための「権利」を得ることであり、音楽や動画、ITツールといったデジタルコンテンツだけでなく、食品や洋服、自動車などのあらゆるジャンルに導入されています。

消費市場がある程度整い、ユーザーは「必要なものは既に所有している」時代です。

そしてミレニアル世代にとっては、モノの所有したいという気持ちが低く、共感したモノにお金を使いたいと考える傾向になるのです。

このように、徐々に人の価値観が「所有」から「利用」へ移りゆく中で、他のユーザーがSNS上で商品の説明をし、その投稿が他のユーザーの共感(Like!いいね!)を生み、最終的には購入へと至る、という流れを作ることができるのです。

特に分かりやすい例としては、アパレル関連商品でしょう。

プロもモデルさんが完璧に洋服を着こなした広告的な表現よりも、インフルエンサーや一般ユーザーのリアルな着こなしやリアルな体験は、共感を生みやすくなっていますよね。

サブスクリプションビジネスの拡大のチャンスに、「UGC」は非常に重要なポイントであると言えるでしょう。

「UGC」のメリットとデメリット

有効的なプロモーション方法であるUGCですが、どのようなメリットがありそしてどんなデメリットがあるのか、気になりますよね。

UGCのメリットは、ユーザー個人の見解で商品やサービスを広めてもらうことができること、そして親近感や共感を生みやすいこと、ユーザー視点ならではのリアルなコンテンツを作成してもらえること、客観的な評価が得られること、そして認知が増え、指名検索が増えることが挙げられるでしょう。

デメリットとしては、企業側はユーザーの投稿内容の質を指摘することができないため、情報が正確に伝達するか分からないこと、ポジティブな投稿ばかりでなくネガティブな投稿の場合があること、著作権や二次使用などの権利を侵害する場合があることが挙げられます。

ユーザーがコンテンツを作成するからこそ、このようなデメリットの問題が生じるのですね。

ユーザーの信頼を損ねる場合もありますので、ガイドラインも正しく提示したいところでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネス拡大に必要な「UGC」とは何か、ということについてお話しさせていただきました。

UGCは今の時代に伴ったプロモーション方法であり、SNS時代のマーケティングで存在感を増していることをお分かりいただけたでしょうか。

サブスクリプションビジネスに関しても、このUGCを上手く有効活用し、促進することで、ビジネス拡大のチャンスに繋がるので、ぜひさっそく実施してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ