単品リピート通販

単品リピート通販において商品やサービスをサブスクリプション方式として導入する条件とは

ここ数年で急成長を遂げているビジネスモデルと言えば、「サブスクリプション」ですよね。

サブスクリプションビジネスは今後さらなるシェアの拡大が予想されており、企業者の間では非常に注目を集めているビジネスモデルであるでしょう。

ですので、ビジネスマンにとってはサブスクリプションビジネスに関する知識を得ていなければ、時代についていけなくなってしまう場合があるのです。

そしてサブスクリプションの導入を検討されている方は、今販売している自社商品や自社サービスを、いかにしてサブスクリプションとして成り立たせることはできないか、ということを考えることでしょう。

そこで今回は、商品やサービスをサブスクリプション方式として導入する条件について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今まさにサブスクリプションへの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

条件1:「持続性」がある

サブスクリプションビジネスとして成立させるには、その商品やサービス自体に「持続性」があることが条件と言えるでしょう。

なぜ持続性が求められるのか、それには継続的に利用できるような商品やサービス出ない限り、そもそもサブスクリプション方式が成り立つことはありませんよね。

単発的な商材ではなく、長期的に提供し続けることができる商品力があるのかどうか、そしてそれを日々改善し、アップデートを繰り返し、顧客から商品を飽きられることなく利用し続けてもらうことができるか、ということが重要です。

もし商品やサービス自体に商品力がなければ、その魅力を伝えるためのキャッチコピーの作成をすることもできませんし、まずお試しで体験してみようと思ってもらえる可能性は非常に低いのです。

もし今自社で取り扱う商材が、持続性が無い、もしくは長期持続が見込めないという場合には、商材を変更したりオリジナル性を加える必要があると言えるでしょう。

顧客視点に立って考え、顧客がどうすれば納得して料金を支払い続けてくれるのか、ということに重視しましょう。

条件2:利用頻度が高いものである

もう一つの条件としては、取り扱う商材が利用頻度の高いものであるか、ということです。

もし利用頻度が低い商材であるならば、その商品を利用し続けてもらうことはまず難しいですよね。

できるだけ毎日使えるようなモノ、もしくは時間が出来たときにはそれを利用しようと思えるようなもサービス、毎日利用しなければならないモノをサブスクリプションサービスとして提供することが望ましいでしょう。

たとえば一年に一度しか利用しないモノやサービスに対して、顧客は月額利用料金を支払うことはありませんよね。

なぜならば顧客はその料金を「無駄」と感じるからです。

ですのでサブスクリプションビジネスとして提供する商品やサービスとしては、利用品振度が高いモノが良いと言えるでしょう。

ですがもし、コミュニティへの所属に対して利用料金を支払っている場合には、そのコミュニティ自体に価値を感じて料金を支払っていますので、その価値を感じている限りは料金を支払ってもらうことができるでしょう。

いわゆる、コミュニティに参加し、その価値を感じている状態こそ、サービスを利用している状態と同じ状態ですので、このような考え方ができるのです。

今後のサブスクリプションビジネスの市場規模

サブスクリプションの導入への条件揃えば、その導入後の市場規模はどうなるのか、気になりますよね。

今度はサブスクリプションの市場規模はかなり向上することが予想されているのです。

その理由の一つには、今は電子決済が主流になって来ている時代であることが挙げられるでしょう。

サブスクリプションサービスは、一定期間で支払いサイクルが訪れますので、電子決済との相性が非常に良いと言われているのです。

たとえばネットショップを利用する際であっても、今は現金での支払いよりもクレジットカード決済や電子マネー決済を利用する方が多くなってきましたよね。

ですので、今はネットショップとして成功を納めている企業がその延長として、サブスクリプションビジネスを展開する、というパターンが増えつつあります。

「Amazon prime」は非常に良い例ではないでしょうか。

このような企業は今後増えていくことが予想されますので、市場規模は拡大すると言えるでしょう。

まとめ

以上、商品やサービスをサブスクリプション方式として導入する条件についてお話しさせていただきました。

市場規模が拡大しつつある今、ビジネスチャンスは「サブスクリプション」にあります。

サブスクリプションビジネスでは、今回ご紹介した条件をしっかり満たしていなければ、その商材を取り扱うべきではありませんし、もっと良い商材があるはずでしょう。

ですがもし、既存商品がこの条件に当てはまっているのであれば、ぜひさっそくサブスクリプションへの参入を検討されてみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ