サブスクリプション

サブスクリプションモデルの特徴と成功の鍵

サブスクリプションモデルといえば、商品やサービスの販売を行っている企業が、そのモノを売り切るのではなく、一定期間契約し、ユーザーが設定された月額利用料金や年間利用料金を支払い、企業はその契約期間中サービスを提供し続けるというビジネスモデルです。

デジタル業界では特に大きな広がりを見せており、音楽や動画などを提供する企業が成功を見せていますが、今ではデジタルではない飲食業界などの非デジタルサービスであってもサブスクリプションモデルを導入していることが多くなってきました。

ユーザーは少し前までであれば、モノを所有することに価値を感じていましたが、最近の時代の流れから、モノを利用したいときに利用し、所有しないという考えの変化があり、モノを利用することに価値を感じるようになってきているのです。

そういった時代の流れに、サブスクリプションモデルはぴったり合っているのですね。

サブスクリプションモデルにはいったいどういった特徴があるのでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプションサービスモデルの特徴と、成功の鍵について詳しくお話ししていきたいと思います。

今後企業のサブスクリプションモデル導入をお考えの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

特徴1:一つのサービスを多くのユーザーが利用する

一つのサービスを契約してくれた全ユーザーが使用できるということがサブスクリプションサービスです。

ですので、開発リソースやインフラなど、そのサービスだけに集中することができますよね。

もちろんそうなってくると、ユーザー個人の要望に対応しきれないという点が挙げられますが、新機能を追加したり、素早くアップデート対応を行ったり、安い価格で提供できるのは、こういった特徴のもと成り立っているのです。

特徴2:コストは後回収

サブスクリプションモデルでは、まず最初に新規ユーザーを獲得する必要があります。

その際、無料期間や格安キャンペーンを設けてユーザーを獲得しなければなりません。

その時点でまず、先行してコストが必要になってきますが、サブスクリプションモデルではその後契約に至ったユーザーから、サービス利用で発生する利益でコストを回収していくのです。

それを効率的に叶えるには、ユーザーに提供サービスをより長く契約し続けてもらい、そして出来る限り解約率を下げなければなりません。

提供サービスをより長く利用してもらい、そして損益分岐点を超えることで、一人のユーザー、そして一つの契約から、徐々に時間をかけて収益を増加させていく必要があります。

特徴3:売り上げ計画・予測が立てやすい

サブスクリプションモデルは、ユーザーが契約してから解約するまでの間、定期的に売り上げが計上されていきます。

もし何かのトラブルにより、大規模なユーザーの解約が発生しない限り、一度達成することができた売り上げの水準を下回ってしまうことはありません。

ビジネスによっては、毎月0円から利益を積み重ねていかなければならないことがありますが、サブスクリプションモデルであればその必要がありませんので余裕を持って戦略構造を組み立てていくことができますし、今後の売り上げ予測が立てやすいのです。

サブスクリプションモデルの成功の「鍵」

従来の、売り切り型ビジネスを行っていた方であればお分かりいただけるかと思いますが、サブスクリプションモデルは収益が発生するタイミングがまったく異なります。

サブスクリプションは「継続して利用し続けてもらうこと」で売り上げが上がりますし、そうすることで、サービス提供企業の利益が上がるのです。

サブスクリプションはビジネスは、競合他社が存在するビジネスモデルでありますし、競合が激化することもあります。

そういった場合であっても、競合他社にユーザーを取られてしまわないよう、より良いサービスを提供し続け、そして顧客満足度を意識した活動を続けていくことが非常に重要なのです。

この、「ユーザーに利用し続けてもらう」という意識が、サブスクリプションモデルの成功の鍵であり、そのためには日々どういった改善が必要なのか、そしてどうすればより良いサービスを提供することができるのか、ということを考案しなければならないのです。

まとめ

以上、サブスクリプションサービスモデルの特徴と、成功の鍵についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションモデルは、ユーザーひとりひとりの特性や属性を比較的把握しやすいビジネスモデルですので、そういった強みを活かした活動も非常に有効的です。

今ままでのビジネスもでえるとは、ガラッとマインドチェンジを行っているビジネスモデルであるからこそ、その特徴をしっかり理解し、実行する必要があるのです。

サブスクリプションモデルの導入をお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した特徴を理解して、そして成功の「鍵」を得て、サブスクリプションビジネスを成功へと導いて下さいね。

まずは気軽に問合せ