サブスクリプション

サブスクリプションサイトの直帰率や離脱率が高い原因とは

モノのIT化やサービス経済が大きく進展し、消費者行動に大きな変化が見られる今、サブスクリプションビジネスが大きな注目を集めるようになってきました。

多くの企業がサブスクリプションビジネスモデルの採用を始めていますので、今まさに導入の検討をされている企業も多いのではないでしょうか。

消費者の価値観が「モノからコト」「所有から利用」へ変化しており、この変化に対応しているビジネスモデルこそ、サブスクリプションビジネスなのです。

サブスクリプションの商材は基本的にオンライン上で提供しますので、Webサイトを構えることは必須ですよね。

このWebサイトを運用している中で、特に課題と感じやすいことといえば「直帰率」「離脱率」に関してでしょう。

直帰率や離脱率が高いとなると、それを改善するための施策を打ち出していかなければなりません。

改善することで、ユーザーにWebサイト内を回遊してもらうことができますので、PV数の増加や商品の購入、ダウンロードなどのコンバージョンを促すことに繋がります。

つまり、直帰率や離脱率が高くなった際には、すぐに原因を突き止め改善することが大切なのです。

そこで今回は、サブスクリプションサイトの直帰率や離脱率が高い原因とは何か、考えていきましょう。

サブスクリプションサイトを運用されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:読み込み速度が遅い

直帰率や離脱率が高い一つ目の原因は「読み込み速度が遅い」ということがあるでしょう。

今の時代のユーザーは、高速なインターネットに慣れており、当たり前になっていますので、読み込み速度が少しでも遅いと感じてしまえば、Webサイト内のページを閲覧する意欲を失ってしまうのです。

ページの読み込み速度が遅くなってしまうと、どうしても直帰率や離脱率は上昇してしまいますし、Googleからの評価も悪くなり、SEO対策にも悪影響が出てしまうので注意しましょう。

2:サイトデザインのユーザーエクスペリエンスが悪い

二つ目の原因は、サイトデザインのユーザーエクスペリエンスが悪いことがあるでしょう。

ユーザーエクスペリエンスとは、ユーザーにとっての快適さということですので、もし過剰なポップアップの表示設定や読みにくいフォント、分かりにくい内部構造などの場合はユーザーエクスペリエンスが悪くなってしまいます。

どれだけ質の高い内容を作成したとしても、ユーザーエクスペリエンスが悪い場合はユーザーに受け入れられにくく、離脱の原因になってしまうのです。

たとえばWebデザイナーの方であれば、つい自身のこだわりを盛り込んでしまいがちですが、それは本当にユーザーにとって快適なWebサイトであるのか、ということを考えなければなりませんね。

3:期待していたコンテンツが無い

三つ目の原因は、ユーザーが期待していたコンテンツが用意されていないことが挙げられます。

ユーザー自身が求めているものが的確である場合、そのコンテンツがWebサイト内にない場合は離脱してしまいやすくなるでしょう。

もちろんこれをなくすには、多くのユーザーニーズを満たすほどコンテンツを充実させれば良いのですが、実際にはそれは無理がある話ですので、改善しにくい原因ですよね。

ユーザーの目を惹こうと、過度に盛り込んだタイトルを設定しがちなのですが、それではそのタイトルに期待してWebサイトを訪れたユーザーの期待に応えることができず、離脱されてしまいます。

派手で目を惹くようなタイトルをつければクリック率は工場しますが、離脱率を下げることはできません。

中長期的に見ても良い施策とは言い難いので、ブランドイメージを壊すことなく、タイトルとWebサイトの内容には一貫性を持たせるようにしましょう。

Webサイトの改善方法

直帰率や離脱率を下げるための、Webサイトの改善方法は、ページの読み込み時間を短縮すること、そしてWebサイトの導線を工夫すること、SEOキーワードを最適化することでしょう。

まずはWebサイトに挿入されている画像のファイルサイズを小さくし、拡張子をJPGに変換し、画像の解像度を落とすことがすぐに取り組めることですよね。

高速なサーバーに変更したり、プラグインなどを最適化することも、読み込み時間の短縮に繋がります。

また、ユーザーの行動を誘う道筋であるWebサイト内の導線も工夫していきましょう。

サブスクリプションとして提供するのであれば、ユーザーが閲覧している商品にアップセルやクロスセルを提案するなど、ユーザーが次のアクションを起こしやすいように案内することで、ユーザーをWebサイト内に引き止め、直帰率や離脱率を下げることができるのです。

ユーザーが不快に思わない程度に工夫していきましょう。

そして、SEOキーワードを最適化することも有効ですね。

ユーザーの検索ニーズにしっかり応えることができるコンテンツを作り、狙うキーワードとページ内容に一貫性を持たせていきましょう。

そうすることで、ユーザーの無駄なクリックを減らすことができますので、直帰率や離脱率を下げることができます。

ユーザーにとって本当に便利で利用しやすいWebサイト作りを意識し続けることで、Googleからもこう評価になりやすいのです。

まとめ

以上、サブスクリプションサイトの直帰率や離脱率が高い原因についてお話させていただきました。

これらの原因と改善方法は、サブスクリプションサイトに問わず多くのWebサイトでも当てはまることが多いので、直帰率や離脱率が高いことに課題を感じているのであれば、ぜひさっそくこの原因を元に、適切な対策を行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ