サブスクリプション

サブスクリプションサイトランディングページを作るポイント

サブスクリプションサイト「ランディングページ」を作る4つのポイント

今の時代、消費者の考えが、モノの価値を保有することから、モノの価値を気軽に利用することができることに変わって来ています。

だからこそ、サブスクリプションビジネスが主流になってきており、その発祥はIT業界であったものの、今では製造業や小売業などでも新しいビジネスの形態として、サブスクリプションサービスが拡大してきているのです。

サブスクリプションビジネスを行う上で、専用のWebサイトを作ることはもはや必須であり、そのWebサイトから集客をしていくことでしょう。

サブスクリプションWebサイトを作成する際、特に重視しなければならないことと言えば「ランディングページ」ですよね。

ランディングページは、訪問者が最初に見るページのことです。

人の第一印象は3秒で決まると言われていますので、このランディングページが訪問者の心を惹きつけるようなものでなければ、それは購入率に大きく関わってくる問題になるでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションサイト「ランディングページ」を作る4つのポイントについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

これからサブスクリプションサイトのランディングページを作ろうと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:目的から考える

ランディングページを作成する際、まずは目的から考えることが大切です。

ランディングページを作成する目的主に、「問い合わせを増やすこと」「リードを獲得すること」「リードを育成すること」でしょう。

もちろん、顧客の理解を深めるためにランディングページを利用するという手法もあるのですが、基本的には問い合わせの増加、もしくはリード獲得がゴールだと考えてください。

この目的をしっかりと理解し、目的を達成するための作り方を意識することが重要です。

ポイント2:他社のランディングページを研究する

自社の競合他社をリストアップして、そのWebサイトを覗き、ランディングページを研究してみましょう。

それぞれのランディングページの良い部分と悪い部分を探し、それを自社ページに活かしていきます。

たとえばネット広告を多く出している企業の場合、かなり工夫してランディングページを作成している場合が多いので、そのような企業のランディングページを参考にして作成することはかなりおすすめです。

ポイント3:基本の型を知る

ランディングページの基本的な型を知ることも重要です。

まず訪れた人がひと目そのページを見た際に、ぐっと惹きつけるようなページでなければなりません。

従来であれば、ファーストビューで課題を引き出したり、キャッチを強く出し、もっと詳しく知りたいと惹きつけるような形になっていますよね。

ランディングページを上手く作成している企業のWebサイトを見てみると、一言で伝わる特徴があったり、もう少し詳しく知りたい、と思われるような画像が配置されていたりと、工夫がされているのです。

また、「こんなお悩みはありませんか?」「その悩みを解決することができますよ」というように、課題解決型の説明文であるペインアプローチも有効です。

それ以外でも、「このような夢のようなメリットは、今手に入れいることができますよ」というように、消費者が実際その商品やサービスを利用した際、実現することができる夢や理想的な姿を提示する、エンハンサーと言う方法も有効ですね。

「課題引き出し(キャッチ)+(ペインアプローチ/エンハンサー)+提供価値+実践方法」をベースに、ランディングページの基本的な型を身に付けましょう。

消費者に対し、悩みを解決することを提供するのか、それとも理想像を提示しその価値をどう提供するのか、ということを具体的に説明していきましょう。

ポイント4:反論となる悩みを無くす

訪問者がランディングページを見て、その商品やサービスの特徴を理解したとしても、そこから一歩を踏み出し問い合わせるか、ということは悩むところでしょう。

その悩みを出来る限り無くし、顧客の背中をぐっと押すことが大切です。

そのきっかけとなるものが、魅力的な価格設定、慣れていなくても使いこなせる、実績、期間を定めた返金保証などを行うと、第一障壁が低くなり、契約率が向上します。

ですので、自社商品やサービスの契約時には、どのような疑問や不安を拭えば契約してもらいやすいのか、ということを考え、適切な対応を行いましょう。

まとめ

以上、サブスクリプション「ランディングページ」を作る4つのポイントについてお話しさせていただきました。

ランディングページで人の心を惹きつけるということは、心理学と類似するものがあります。

いかにして顧客の心を掴むのか、一瞬でどこまでの魅力を伝えることができるのか、ということが重要なポイントになりますので、ぜひこの4つのポイントを意識して、ランディングページを作り方のスキルを上げてくださいね。

まずは気軽に問合せ