単品リピート通販

サブスクリプション型サイトが取り組むべき単品リピート通販のサイト育成とは

今、ビジネス業界では「サブスクリプション型ビジネス」が主流になってきており、サブスクリプションビジネスを導入を検討されている企業が非常に多いかと思います。

サブスクリプションビジネスは、今日本でも徐々に拡大を見せてきており、今後も大きな成長が予想されているのです。

今注目をされているビジネスモデルであるからこそ、さまざまな施策が検討されていますが、中でも「サイト育成」がサブスクリプションビジネスの成功のカギを握っていることをご存知でしょうか。

今現状のサブスクリプション型サイトの弱点を把握し、少しずつ改善を繰り返してサイト自体の効果を高めていく「サイト育成」が重要です。

サイト育成が正しく成されていなければ、せっかく施策を図っていても効果が出辛くなってしまうので、重要性をしっかり理解しておくべきであると言えるでしょう。

そこで今回は、サブスクリプション型サイトが取り組むべきサイト育成について、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

注目すべき指標

まずサブスクリプション型サイトにおいて、まずは注目すべき指標を理解しておきましょう。

自社サブスクリプション型サイトを利用することのメリットを記載しているページの閲覧数、滞在時間、そして平均閲覧PV数です。

顧客はそのサブスクリプションサービスの利用を受ける前には、そのサービスを利用することのメリットが記載されているページを長く目を通すという傾向があります。

ですが、実際のところ、サブスクリプション型サイトにはそのサービスの利用方法や仕組みなどを説明するページは多くあるにも関わらず、顧客にとってのメリットを記載しているページがほとんどなく、非常にもったいないのです。

顧客の利用メリットについて、ページ内には一目でサービス内容を理解することが出来る言葉、契約することで得ることができるユーザーのメリット、他社とは違う自社サービスの特性、お試し期間の提案、スムーズな登録への案内と、登録後の流れの説明などを、顧客に分かりやすく、そして明確に記載していることで顧客は自分が求めているサービスなのか、ということを判断することができますし、まずはお試しを契約してみようという気持ちになり、利用してもらうことができるのです。

サイト育成事例

たとえば、サブスクリプション型サイトとして成功している「ママワークス」というサイトをご紹介します。

ママワークスとは、今10万人以上の登録数を誇り、主婦や子育てをしている女性の方をターゲットとした求人サイトであり、在宅ワークや在宅勤務、内職などの求人を紹介している求人サイトです。

もともとは、在宅ワーカーと求人情報とのマッチングサイトとしてビジネスがスタートし、まずは在宅ワーカーとして働くことを希望している女性をターゲットとして登録者数を増やすことで、サブスクリプションビジネスとしては成立することができますので、サブスクリプションとして成り立ったのは、約3年ほど時間がかかったのです。

今では認知度も高くなり、在宅ワーカーに特化した求人サイトの需要が高まりましたので、利用企業も自然と多くなり、このサブスクリプションサービスは成功を納めました。

このママワークスでのページデザインでは、企業再度の訴求と顧客サイドの訴求をしっかり分け、それぞれにより明確な利用価値を伝えたことこそが、サイト育成の効果を高めることができたポイントであると言えるでしょう。

また利用企業にとってもサービス自体の利用のハードルを下げることができますので、安定した求人広告を掲載し、その利用と効果のアップの流れを確立することができました。

今でもなお、サイトの改善を続け、より活用しやすい管理画面の設計や、利用者の意見を積極的に取り入れるなどして、定額利用として利用することの価値を提供しているのです。

顧客視点のサブスクリプション型サイトの構築

サブスクリプションビジネスは、何よりもまず「顧客第一」という視点をもつことが非常に重要です。

ですので、サブスクリプション型サイトの育成を行う際には、デザインの改善はもちろんですが、ビジネスモデルそのものの価値を高める改善が必要なのです。

顧客が自社サイトを訪れた際には、分かりやすく操作しやすいサイト設計になっているか、欲しい情報をすぐに得られるようなサイトになっているか、顧客に興味を持ってもらえるような情報を記載しているか、ということを重視したサイトの構築を行っていきましょう。

まとめ

以上、サブスクリプション型サイトが取り組むべきサイト育成とは、ということについてお話しさせていただきました。

サブスクリプション型サイトを育成するときは、サービスの特性だけでなく、継続的に利用することのメリットを大きく提示し、常に顧客に喜ばれるサービスであるかという視点を大切にしたサイト育成を行って下さいね。

まずは気軽に問合せ