単品リピート通販

台湾で日本ECを成功させる3つの方法

今の日本企業にとっての台湾は、ビジネスを展開しやすい場といわれています。
そして実店舗を存在させる必要がない「EC」が、台湾への進出が増えてきているのです。
台湾は、年々ECの市場規模が拡大しており、日本にとっても最良で相性の良い国といえるでしょう。
EC関連のビジネスモデルは、台湾は有望な市場といえるので、事業拡大のためのファーストステップにはとても良い選択肢なのです。
まずは台湾へEC事業を拡大させ、その後に東南アジアへ進出しようという事業計画を立てている企業も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、台湾で日本ECを成功させるための3つの方法をご紹介したいと思います。
今、日本でEC事業を開始し、今後は台湾から事業拡大を検討されていらっしゃる方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:台湾の土地を理解する

台湾は親日家が多いうえ、日本製品の人気は非常に高いのです。
ですので、日本企業の進出を受け入れる体制が整っており、数年前から大手企業が台湾でEC事業を始める動きがみられてきました。
また、台湾でのEC市場規模はどんどん拡大されおり、安定成長が続けられているのです。
特に、日本での「単品リピート通販モデル」が多く展開されており、化粧品や健康食品を取り扱うネット通販企業が、自社サイトを開設して、台湾へ進出しているのです。
単品リピート通販モデルとは、企業が販売する商品をごく少数や、一点にし、同じ商品を繰り返し、リピートして購入してもらう販売方法です。
リピートしやすい、化粧品や健康食品のようなものを扱うので、台湾でのEC事業を展開するには相性がとても良いのです。
また、日本の予算とは違い、化粧品や健康食品の顧客獲得コストは、日本の半分程度にとどまることもよくある話です。
そういった点から見て、台湾で日本ECを成功させるには、まず台湾の土地を理解することから始めましょう。

2:人材を定着させる

日本企業が海外進出をする場合、デメリットとして人材の定着率の低さが挙げられます。
台湾では特に、ひとつに会社に勤めあげるという方は非常に少数派であり、流動的な労働市場に合わせ、報酬などの面で不満があれば転職をする、という考え方が一般的です。
そういった価値観が浸透している国は、必然的に人材の定着率は低くなってしまうのです。
商品やサービスが良く、事前準備をしていても、人材を定着させることができなければ、商品運用をすることが不可能になってしまいますよね。
貴重な人材が無くなってしまう前に、事業を行う時点で人材を定着させるために、十分な報酬とキャリアアップの機会を準備する必要があるでしょう。
明確な人事業過、そして昇給基準を整備し、現地スタッフが納得して働くことができる労働環境を整えましょう。

3:単一商材に特化する

台湾で日本EC事業を行う場合、「これだけは負けない」という自信がある商品を持つメーカーは、基本的に成功しやすいと言えるでしょう。
つまり、成功への最短ルートとは、「単一商材EC事業」なのです。
台湾は人工の少なさと、国民当たりの所得にバラつきがあり、貧富の差が激しいため、「マス広告」が打ちにくい市場です。
余談ではありますが、台湾ではチャンネル数の多さから、テレビの視聴率が1%を切ることも多いので、同じ認知施策でもテレビCMよりはるかに「Youtube広告」のほうが成果が高いほどなのです。
また、台湾向けの飲食店を出店する場合には、まず第一の課題として「ファン定着」が挙げられます。
良くも悪くも、台湾人は「熱しやすく冷めやすい」という国民性を持っているので、ファン定着を促すことが重要です。
自社から販売する商品を「良いもの」であり「ファン層が明確にしやすいもの」ということを定める必要があるでしょう。
日本人からの目線で商品を設定するのではなく、台湾人目線で商品を選出するようにしてください、
多くの企業が、日本での成功体験という先入観に縛られ、台湾人目線を見落としてしまいがちですが、台湾人目線でどの商品を、単一商材にするか、ということを定めましょう。
単一商品であり、自社の商材のファンが誰なのか、どのようにして囲い込むか、ということをしっかり検証している企業こそ、台湾でのECが成功しやすいと言えるでしょう。

まとめ

以上、台湾で日本ECを成功させる3つの方法についてお話させていただきました。
台湾は親日国として非常に有名で、人気が非常に高いので、日本の文化は台湾人にとって歓迎されるものです。
日本国内で流行し、人気がある商品は、基本的に台湾でも流行し、人気があると考えましょう。
機能性と見た目を兼ね備え、さらに長く愛用できる単一商材を、計画的に取り扱うことこそ、台湾で日本ECを成功させるポイントなのです。
これから自社商材を台湾へ進出させようと思われている方は、まずはこの3つの方法を意識しながら始めてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ