単品リピート通販

単品リピート通販のサブスクリプションビジネスにて競合他社との差をつけるターゲット設定とは

サブスクリプションビジネスにご興味のあるみなさま。

サブスクリプションとは、従来の売り切り型ビジネスとは異なり、顧客が商品やサービスそのものを購入するのではなく、商品やサービスを利用するための「権利」を購入することを言います。

音楽配信サービスや動画配信サービスが注目を集め、サブスクリプションサービスが広く展開されました。

そして今ではこのようなデジタルサービスだけでなく、非デジタルサービスまでもサブスクリプションが導入され始めており、多くの企業がサブスクリプションビジネスへの転換を検討していることでしょう。

ですがこのように非常に注目を集めているビジネスモデルであるからこそ、どうしても競合他社が多くなってしまいますので、その競合他社よりもいかに良いコンテンツを用意し、顧客に選ばれる企業になるか、ということを課題として挙げている企業がほとんどでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにて、競合他社と差をつけるターゲット設定について、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

詳細な分析を行う

競合他社と差をつけるターゲティングとして、まず第一に「詳細な分析」が必要になります。

そのためにもまずは、自社の強みを明確に認識することが重要です。

自社の商品やサービスが市場に出た際に、どれほどの価値があるのか、ということをしっかり分析していきましょう。

自社の強みを明確に把握していなければ、ターゲット設定をすることは難しいと言えるでしょう。

そしてこの自社の強みを客観視したときのデータも必要になるでしょう。

どのような顧客との取引が多いのか、ということを細かく分析することで、企業が持つ課題の解決にも繋がるのです。

また、市場を細分化することも必要です。

現在の市場を分析し、そのデータを細分化してセグメントを明確にしていきましょう。

顧客情報はもちろんですが、顧客の行動データもあわせて分析し、どのような切り口で細分化を行うかということをしっかり考案していきましょう。

ターゲティングのカギを握る

ターゲティングを行う際、詳細分析の後はどの部分を自社のターゲットにするか、ということを考案していきます。

ひとつの部類に絞りターゲティングを行うか、もしくは複数部類にターゲティングを行うか、それぞれアプローチ方法が異なりますので、自社に合った選択を行いましょう。

ターゲットを選択する上でカギとなるものが「将来性」「自社との相性」「自社だけの強み」です。

まず第一に、将来性のないターゲットに関しては選択する意味がありません。

将来性のないターゲットを選択してしまえば、結果的にターゲティングをし直さなければならないからです。

そして自社との相性も非常に重要なポイントです。

どれだけ良いターゲティングを図ろうと思っても、そもそも自社と相性が悪いとなると効果は出にくいと考えられるでしょう。

ターゲティング先からも良い反応を得ることは難しいですし、自社のイメージやコンセプトが変わってしまう場合がありますので、じっくり検討したいところです。

そして、自社だけの強みに関しては、もし既に競合他社にターゲティングがされているセグメントに関しては、他社にはない強みをアピールすることで後発的参入であっても十分に勝ち抜くことができるからです。

どれだけ将来性があって、自社との相性が良い場合でも、すでに競合他社が存在し、その企業に勝ち目がないとなれば参入障壁になってしまいますので、避けるべきであると考えられます。

ターゲティングは攻めの姿勢で

ターゲティングを行っていると、どうしても守りに入ってしまったり、ターゲティングを避けてしまう担当者の方が多いかと思いますが、ターゲティングの成功は「攻めの姿勢」にあります。

「ターゲット層が良い反応を示さなかったら」という考えのもと、その状況にならないようにするために消極的なターゲティングになってしまいますが、それでは自社の個性をアピールすることができませんし、競合他社との差別化を図ることもできません。

そうなると、中途半端な状況になってしまいますので、自社の商品やサービスには自信を持って、自社にしかない強みを存分にアピールし、魅力を伝えることが重要なのです。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにて、競合他社と差をつけるターゲット設定についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションビジネスにおいて、ターゲティングを行うことは必要不可欠なことですし、このターゲティングを間違えてしまうことは事業の失敗にも繋がってしまいますので、慎重に行いたいところです。

よりビジネス成長を期待するためにも、競合他社としっかり差をつけたターゲット設定を行い、ターゲットが求めるサービスにぴったり合ったサブスクリプションサービスを提供して下さいね。

まずは気軽に問合せ