単品リピート通販

単品リピート通販広告代理店の選び方(トレーティングディスク)

単品リピート通販で成功するにもっと大事なのは広告代理店の選び方だといわれています、今回は広告代理店の選び方について解説をしたいと思います。

トレーディングデスクの4つの選び方

インターネット上で広告運用を行われているみなさま。

広告担当者となると、自分自身で広告を運用しなければならないので、さまざまな知識と手法が必要になってくるので、とても大変なことですよね。

そんなあなたは、「トレーディングデスク」というものをご存知でしょうか?

トレーディングデスクとは、広告を出稿する広告主の代わりにデジタル広告運用をおこなってくれる、広告運用の代行サービスのことを言います。

トレーディングデスクに広告運用を依頼すると、専門の知識を駆使して、広告主の広告運用や設計、分析を一貫して請け負ってくれるので、知識が少ない方に広告運用者を任せるよりも非常に頼もしい存在であるといえるでしょう。

トレーディングデスクは、クライアント担当者ではカバーしきれない知識やノウハウ、工数をトレーディングデスクにが代替することで、広告のパフォーマンスを最大化することに、存在意義があるのです。

そこで今回は、そんなトレーディングデスクの4つの選び方についてお話したいと思います。

広告運用を行う上で、トレーディングデスクに依頼したいけれどどのようにして選べば良いのか分からない、トレーディングデスクに興味がある、という方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

1:手数料で判断しない

トレーディングデスクに広告運用を依頼するにあたって、まず気になることといえば代行手数料ですよね。

できるだけ手数料が安いところに依頼をしよう、と思っても、安いから、という理由ではトレーディングデスクを選んではいけません。

「良いトレーディングデスク」というものは、手数料が安いということではなく、十分な成果を出し、継続的に改善に取り組んでくれる代理店のことを言います。

インターネット広告は、専任スタッフの広告運用の技術によって成果に大きな差がついてしまうので、手数料が少し安くても、広告全体の費用効果を考えると金額の誤差の範囲になってしまうのです。

トレーディングデスクでは、広告運用のために何を行ってくれ、その運用において随時報告をくれるのか、というところで判断すると良いでしょう。

 

2:運用担当者認定資格は最新のものであるか

インターネット広告運用を行う際、広告の提供元であるGoogleとYahoo!JAPANの認定を受けているかどうかは大きな基準にしてください。

広告運用担当者が認定資格を持っている、ということは、GoogleとYahoo!JAPANのお墨付きと言え、それだけで高い広告運用レベルを持っていると言えるでしょう。

もちろん認定資格を保有していないトレーディングデスクスタッフでも、広告運用成果を出せるところも多くありますが、認定を受けているトレーディングデスクを選ぶことで、広告運用後に発生するリスクを大きく下げることができるのです。

 

3:当事者意識と第三者視点を持ち合わせているか

トレーディングデスクを選ぶうえで、どのトレーディングデスクを選ぶのか、ということも非常に重要な点ではありますが、だれが自社の広告運用を担当するか、ということも重要なポイントなのです。

広告主でない、第三者だからこそのきづきや意見を持っているか、担当してくれる人の能力や熱量は、少なからず広告運用の成果に少なからず影響してきます。

パートナー企業ならではの旬な情報を提供してもらえたり、時には業務時間外であってもマーケティングに関して楽しく議論を交わせるパートナーとなれば、より良いですよね。

大手トレーディングデスク事業を選んでも、やる気のない担当者になってしまえばそれなりの成果しか出ない場合もありますし、中小企業で広告運用の実績が乏しい場合でも、熱意とノウハウをしっかり持っている担当者であれば、大きな成果を出すこともあるのですよ。

 

4:情報感度は高いか

あるトレーディングデスクに広告運用を依頼し、、チューニングが適切に行われているか、除外すべきキーワードやドメインなどが自社ノウハウとして蓄積されているか、ということは、実際に広告を配信し始めなければわかりません。

なので、こういった情報を事前に察知するためにも、トレーディングデスクでの運用担当者と契約を結ぶ前に、その人との会話で読み取ることが必要となってくるのです。

たとえばデジタルマーケティングに関する話題を振ってみて、その反応を参考にしてみたり、パートナー企業だからこその情報を提供してくれるか、ということを重要視し、見極める必要があります。

 

まとめ

以上、トレーディングデスクの4つの選び方についてお話させていただきました。

これ以外にも、良いトレーディングデスクを選ぼうと思えばさまざまな判断基準が存在しますが、まずはこの4つを重要視し、考えてみてください。

この4つをしっかりと判断し、自社のパートナーとなるトレーディングデスクを見極めることで、より広告の効果を最大化させることができるのです。

トレーディングデスク選びにお悩みの方は、ぜひこの記事を参考に良いトレーディングデスクを選んでくださいね。

まずは気軽に問合せ