単品リピート通販

単品リピート通販で使えるツイッター広告の種類について

Twitter広告の3つの種類

今の時代、SNSは私たちの生活の一部になっていることが多く、多くの人がSNSとともに生活を送っているのではないでしょうか。

SNSと一言でいっても、Twitter、Instagram、Facebookといった3大SNSを始め、世界中で多くのSNSが広まってきています。

個人での使用はもちろんですが、その利用者数の多さから、企業が広告運用の術として、SNSを利用することも多くなってきましたね。

そのようなSNS広告が多い中でも、今回は誰でも簡単に出稿することができる「Twitter広告」についてご紹介したいと思います。

広告運用の増加に伴い、今ではさまざまな機能が増えているTwitter広告には、どのような種類があるのでしょうか。

そこで今回は、Twitter広告の3つの種類について、詳しくお話させていただきたいと思います。

これからTwitter広告を始めようと思われている方、Twitter広告の成果を改善したいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

 

〇Twitter広告とは

Twitter広告とは、Twitterのタイムラインなどに表示される広告のことを言います。

「フォロワー数の増加」「特定のツイートのリーチ上昇」「外部サイトへの誘導」「情報拡散」などを目的とされ、広告が掲載されます。

Twitterのユーザー数は、全世界で約3億2,800万人とされており、日本国内では約4,500万人いるという調査結果があります。

Twitterをもっとも利用しているのは、10~20代の若年層ともいわれており、ユーザーの50%を占めているのです。

ですので特に若年層へのアプローチをメインとし効果を見込んでいく広告が有効となるのです。

また、Twitterでは「返信」や「リツイート」という機能があるので、二次拡散を狙うことができるので、広告効率が高まり広告費を抑えることができるので、SNS広告として発信するにはTwitterはとても良い手法なのです。

 

〇Twitter広告3つの種類

 

1:プロモアカウント

プロモアカウントとは、主にTwitterのタイムライン右上にあるおすすめのユーザー欄に表示される広告のことを言います。

タイムライン、おすすめユーザー、検索結果などの表示がされる場合があり、このプロモアカウントはTwitterアカウントの認知と、フォロワー数の獲得目的としています。

「まずはフォロワー数を増やしたい!」と思われているのであればプロモアカウントはもっとも効果的であるといえるでしょう。

 

2:プロモツイート

プロモツイートとは、Twitter広告の中でメインとなるものです。

ツイートを広告として配信することができ、「プロモーション」というラベルがつくものの、通常のツイートと同じように返信やリツイート、いいねをつけることができるのです。

そしてプロモツイートは、Twitterのタイムライン上だけでなく、検索結果上部やプロモトレンドをクリックした際の検索結果、特定のアカウントのプロフィール、公式Twitterクライアント上に表示されるのです。

このプロモツイートを利用すると、ユーザーがTwitterを利用する上でもっともよく目にするタイムラインに表示されるため、自社が広告宣伝をしたい商品やサービスの認知を高め、サイトへの流入を見込むことができるのです。

 

3:プロモトレンド

プロモトレンドとは、タイムラインの右側にあるトレンドの最上部に表示されるものであり、この広告をクリックすると、検索結果の最上部に表示されるという広告なのです。

タイミング、状況、イベントに基づいて、広告パートナーとなる主がプロモーションを行っているトレンドが、Twitterユーザーに表示されます。

また、このプロモトレンドは、ユーザーのタイムラインに表示されることもあるのです。

検索結果の最上部に表示されるということは、Twitterユーザーの目に留まる頻度が非常に高い場所に広告が掲載されるということですので、今のトレンドや話題に便乗することができるので、注目度を高めることができるのです。

 

まとめ

以上、Twitter広告の3つの種類についてお話させていただきました。

Twitterユーザーの特徴は、消費行動が活発で、若いユーザーが多いということです。

Twitter広告は、リーズナブルなクリック単価が特徴的ではありますが、より効果的な広告運用を行うには、リアルタイム性やTwitter内での盛り上がりを求めるユーザー特性を上手く利用した施策が必要となってくることでしょう。

Twitter広告の種類をしっかりと理解し、自社広告を拡大させるには、どの方法が最適であるのか、考えてみてください。

よりブランド認知度を向上させ、感度の高いユーザーへ、商品やサービスを購買させるためにも、ぜひこの記事を参考に最適なTwitter広告の出稿を行って下さいね。

まずは気軽に問合せ