単品リピート通販

単品リピート通販でTwitterを効果的に活用するには?特徴を理解することが大切!

Twitterは、マーケティングにおいても高い注目を集めており、実際に活用している企業も増加しています。

しかし、Twitterを利用しているユーザーの年代は様々であり、それ故に成果を得られていないケースも多いようです。

Twitterに限ったことではないですが、マーケティングを行う上で重要なのは的確なターゲティングです。

Twitterを利用するユーザーの年齢層や利用する目的など、ターゲットの詳細な情報を把握し、分析することで効果的なマーケティングを行うことができるのです。

そこで今回の記事では、Twitterを効果的に活用する方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Twitterとは?

Twitterは、SNSの一つで、140文字以内のメッセージ、画像、動画、URLなどを投稿することができるコミュニケーションツールです。

このメッセージはツイートまたはつぶやきと呼ばれ、短文のため誰でも気軽に投稿することができます。

また、他のユーザーが投稿したツイートを再投稿することをリツイートと呼び、このリツイートが連鎖することで、ツイートを広く拡散することができます。

Twitterには、あらゆるジャンルの情報がつぶやかれているため、情報収集に便利なツールです。

リアルタイムで情報が手に入るため、災害時などの緊急の連絡手段としても役立ちます。

しかし、匿名で個人が発信している情報であるため、すべてが正しい情報とは限りません。

間違った情報や悪意のある発信も多く、拡散性の高さから発信する際には内容を十分に考慮する必要があります。

Twitterは、日本国内で4.500万人のユーザーが存在すると言われています。

様々な世代で利用されていますが、特に20代のユーザーが多く、ユーザー数は1.600万人を超えています。

その後に30代ユーザー800万人、10代ユーザー600万人と続き、若年層ユーザーが半数以上を占めています。

Twitterを利用する目的

とある調査結果によると、Twitterの主な利用目的の回答として、リアルタイムでの情報収集、話題になっている出来事の情報収集を挙げるユーザーが多く、コミュニケーションツールとしてよりも、情報収集ツールとして多く活用されていることが分かります。

また、個人だけでなく企業が発信する情報に関心があるユーザーも多く、企業のTwitterアカウントをフォローしているユーザーは5割を超えています。

この企業アカウントをフォローしている目的は、新商品の情報やお得なクーポンの情報など、自身にメリットのある情報を求めているケースが多いようです。

企業側にとっても、自社の商品やサービスに対しユーザーが何を求めているのかを直接確認することができると言う大きなメリットがあり、運用を開始する企業も増加しています。

ただし、上記のようにTwitterを主に情報収集のツールとして利用しているのは、30代以降のユーザーであり、10代、20代のユーザー、特に10代のユーザーは主にコミュニケーションツールとしてTwitterを活用しているようです。

この10代ユーザーの特徴は、アカウントを複数所持し、それを実際の友人知人、家族や親族などの身内、趣味が同じユーザーなどと使い分けを行っているということです。

中でも、実際の友人、知人とTwitterを通してコミュニケーションをとることが多く、友人だけでも複数のアカウントを所持しているケースがあるようです。

この10代ユーザーは、Twitter内での行動が活発であるため、他の年代と比べ拡散力が高いのが特徴です。

このように、Twitterは年代によって利用目的が異なります。10代を中心としたユーザーはコミュニケーションツールとして利用していますが、30代になるとコミュニケーションツールから情報収集ツールへと、Twitterの利用目的が変化していきます。

つまり、マーケティングにTwitterを活用する場合、情報収集をTwitterの用途としている30代以降のユーザーをターゲットとするのが効果的と言えます。

Twitterをマーケティングに活用するには?

しかし、ただ30代以降と言うだけでは、的確なターゲティングとは言えません。

Twitterはそもそも若年層に人気の高いSNSであり、40代、50代ユーザーがそれほど多いわけではないのです。

さらに、Twitterは、どの年代においても男性ユーザーが多く、女性ユーザーが少ないのが特徴であり、この特徴は20代、30代ユーザーで顕著となっています。

つまり、Twitterユーザーで最も多いのは、20代、30代の男性ユーザーであり、Twitterでのアプローチが最も効果的であるのは30代の男性ユーザーということになります。

Twitterは、誰でも活用できる便利なツールですが、その利用方法は世代によって大きく異なっています。

そのため、Twitterをマーケティングに利用する場合には、ターゲットの設定が非常に重要であり、そのターゲット層に応じて、訴求方法を柔軟に変化させることが必要となります。

上記のように、Twitterのユーザーの年齢層と利用目的から考えた場合、最も効果的にアプローチできるのは30代の男性ユーザーです。

しかし、これはあくまでも利用傾向から導き出した結果であり、ほかの年代にアプローチできないと言うことではありません。

Twitterユーザーの特徴を正しく理解し、訴求方法を変えていけば、どの年代であってもアプローチすることは可能なのです。

まとめ

Twitterは、情報の拡散性が高く、うまく利用することができれば、大きな成果を得ることも可能となります。

しかし、そのためには、Twitterと言うツールの特徴と利用するユーザーの特徴を正しく理解することが大切です。

そのうえで、自社の商品やサービスにあったターゲット層を導き出し、的確なマーケティングを行うことで成果につなげていくことが可能となるのです。

まずは気軽に問合せ