単品リピート通販

アド運用型広告の特徴と成功するための2つのポイント

単品リピート通販のビジネスをするうえで最も大事なのは、いかに新規顧客を獲得するかなのです、ここをクリアするため広告を上手に使う必要があります。

広告といっても今の時代はものすごい種類があるのです、これをいかにうまく運用していくかが単品リピート通販ビジネスの成功と失敗をわけるといっても過言ではないのです。

広告を制したものが単品リピート通販を制するといわれている時代なのです。

単品リピート通販では自社広告という自社で行うものと、アフィリエイターなどを使って販売をしてもらう他社販売があります。

単品リピート通販ビジネスで成功している企業は、最初は自社で広告を回して軌道にのってから他社広告という流れでやっている方が多いですね。

最初から他社広告で回していたとすると、アフィリエイターがどういった形で広告を回しているのかがまったくわからないので、それでは困りますからね。

今回は自社広告の一部であるアド運用型広告について解説をしていきたいと思っております。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アド運用型広告の特徴と成功するための2つのポイント

最近、単品リピート通販をはじめネット広告で市場でどんどん需要が高まってきている、「運用型広告」をご存知でしょうか?

インターネット上で運用することができる広告のことをいい、従来のWeb広告とは少し違い、運用型広告自体を調整することで、効果が高まることが期待できる広告です。

今回は、そんな運用型広告の特徴と、成功させるための2つのポイントをご紹介させていただきたいと思います。

運用型広告にご興味のある方、これから運用型広告を始めてみようと思われている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

単品リピート通販ビジネスをやろうと考えているので、アド運用型広告について知識が必須でもっていないといけない知識になりますので、もし知らない人は今回覚えておきましょう。

運用型広告の特徴

もともとのWeb広告であれば、契約しているWebサイト上の決まった広告枠にあわせて広告掲示期間と契約金を合わせ、自社の広告を表示するシステムになっているのですが、運用型広告であれば、広告担当者が自社広告の表示場所を見つけ、そこの表示期間を提示し、入札価格を用意します。

その表示期間と入札価格を随時調整しながら、広告を運用していくことが、運用型広告の特徴です。

さらに、運用型広告でヒットするキーワードに対して、数円からの入札金額を提示することができますし、検索ワードにかかるキーワードを選ぶ事ができるので、本来のWeb広告よりも、ターゲットを絞りやすくなり、より注目されやすくなるのです。

ウェブ広告でターゲットをいかに絞るかというのは非常に大事になってきます、ここの上手か下手かが広告運用でもっと大事だと言われております。

この運用型広告の特徴をしっかり捉え、理解して駆使することで、リアルタイムで広告掲載に関するデータの分析を行うことができたり、より注目されやすい文章に変更したりすることができます。

つまり、運用型広告の担当者次第で、広告成果が変わってくるということなのです。

 

運用型広告を成功させるための2つのポイント

アド運用型広告を始めるには、まず事前にしっかりとした知識が必要です。

適切な目標や指数を設定しておかなければ、そこから得られるはずのものが得られなくなってしまうのです。

運用型広告の成果をしっかりと出し、成功するためにも大切なポイントを2つご紹介させていただきたいと思います。

 

1.日々微調整を繰り返す

運用型広告は、予算やキーワードの設定など、プログラムの調整によって、いかに最適化できるかが、成功するポイントになります。

まずはその広告をみてもらうターゲットを絞り、そのターゲット層にどのようなキーワードで検索させるか、ということから考えてみましょう。

数種類のキーワードを駆使し、キーワード分析を行いながら、競合の広告に繋がらないようなキーワードを見つけてみてください。

たとえば、「ボールペン」といったキーワードだけであれば、他の広告にもかかってしまい、競合してしまうので、「細い ボールペン」「黒い ボールペン」というように、複数のキーワードを設定して、なるべく他社と競合しないようなキーワードが良いでしょう。

その他にも、こういったキーワード設定を微調整し、ミスをしないことで、広告費用が無駄にならずに済むのです。

より競合が少なくて、そして自社の商品を買ってくれそうなキーワードで入札をするのがいいということですね。

数値がでるものはすべて正確に把握し、日々データの微調整を行いながら毎日より良い結果を出すことができるように努めましょう。

 

2.広告デザインの作成のこだわり

運用型広告を成功には、広告デザインも非常に大きな役割を果たします。

ポイントとしましては、ひとつの広告デザインを作り、それ一本にするのではなく、数種類のデザインの広告を作成し、テスト運用を行ってみましょう。

広告内にキャッチコピーのような文言をつけるのであれば、その分言を数パターンにしてみたり、同じキャッチコピーでも違うデザインで作成してみてください。

まずテスト期間を作り、実際に広告を掲載し、運用本番へと繋げましょう。

そんな風にしっかり分析と修正を行いながら、広告デザインを絞り込んでいくことが、より最適な広告デザインを作成することに繋がるのです。

広告デザインを作成する上で、その専門のプログラファーに依頼したり、専門の業者から良い文言を購入したりする方もいらっしゃいますが、そのような過程においても無駄な出費を減らすようにしましょう。

効率良く、広告デザインを作成し、見る人の目に留まるような広告を作成することこそ、運用型広告が成功する第一歩なのです。

最近ではウェブ通販は動画広告を使ったり、目に止まる画像でA/Bテストをしたりして常に改善をしていくのがベストだといわれています。

まとめ

以上、運用型広告の特徴と、成功するための3つのポイントをご紹介させていただきました。

運用型広告は、とりあえず始めてみなければ、コツを掴めないものですし、おそらくほとんどの方が右も左も分からないまま、始めることでしょう。

ですが、その最初にどうスタートを切るかで、あなたが始める運用型広告の成功が決まるのです。

キーワードやターゲットの設定ミスをできるだけ少なくするためにも、日々データと細かい数値を分析しながら、費用対効果の高い広告を打ち出しましょう。

今回ご紹介した、運用型広告の特徴をしっかりと理解した上で、成功するためのポイントを押さえておきましょう。

ぜひ今後のあなたのためになさってくださいね。

まずは気軽に問合せ