単品リピート通販

単品リピート通販におけるDSP広告とは?種類と選び方

ネット広告運用担当をされているみなさま。
多くあるネット広告の中でも、最近徳に注目を集めている「DSP広告」をご存知でしょうか?
DSP広告は、従来のネット広告よりも、効率的に効果を得ることができるということから、今多くの企業が導入し、活用している広告なのです。
広告運用を行っている方であれば、一度は「DSP広告」という名を聞いたことがあるかと思いますが、注目は浴びている広告とは言え、DSP広告とはどんなものなのか、どんな種類があるのか、詳しくご存知ない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、そもそもDSP広告とは何なのか、種類と選び方をあわせてご紹介させていただきたいと思います。
企業において、DSP広告の導入をお考えの方、そしてDSP広告に興味があるけど、いまいち種類や選び方が分からない、という方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

DSP広告とは

まず、DSP広告とはいったい何なのか、説明していきます。
「DSP=デマンドサイドプラットフォーム(Demand Side Platform)」の頭文字を取った略語になり、広告効果の最適化や最大化を図る、プラットフォームのことを言います。
複数のアドネットワークなどを通じて横断的に広告を管理したり配信したりすることができるのです。
媒体でインプレッションが発生すると、SSPに通知され、その通知を受けたSSPがユーザーの属性などのデータと共に各DSPへ入札のリクエストを送信します。
その後、DSPが広告主の選定を行い、条件に合う広告主のあいだで入札が実施されるのです。
DSP広告を掲載するうえで、最適なユーザーに対してインプレッション単位で効果的に広告を配信することができることが魅力ですね。
広告自体を「どこに出すか」ではなく、「誰に出すか」という観点で広告運用を行うことができるので、より効果的にユーザーにアプローチできるのです。
また、DSP広告により、高度な広告効果最適化が行われるので、自動的に広告の最適化や最大化をリアルタイムで行うことができるので、より少ないコストで広告効果を追求することができるのです。

DSP広告の種類

・アルゴリズム型
DSP広告内の「アルゴリズム型」では、自動的に広告効果やCPAが最適化されるうえ、
手間がかからず、利用コストが少ないのです。

・運用型
DSPの運用型とは、広告パフォーマンスのデータを見つつ、ある程度手動で広告を運用することです。
アルゴリズム型とは違い、人の手が入るので、さまざまなシチュエーションに対して柔軟にアプローチをすることができることが魅力ですね。
この二つを組み合わせているDSP広告も多いのです。

DSP広告選び方

さっそくDSP広告を導入しようと思ったところで、まず悩みになるものが、「どのDSP広告を利用すればよいのか」というところですよね。
そういったときにはまず、各DSPの「強み」を比較してみましょう。
今では、多くのDSPが存在しているので、それぞれの機能を細かく分析し、比較をしているとキリがありませんし、余計に選択に迷ってしまいます。
ですので、まずはDSPを大きく捉え、そのDSPの強みは何なのか、売りはどういったところなのか、ということを把握して、自社に合いそうなDSPを絞ってみましょう。
そして、広告の配信先端末が、パソコンなのか、スマートフォンなのか、ということを考え、分けてみましょう。
モバイル端末に強いDSPと、パソコン端末に強いDSPはそれぞれ異なってきますので、自社の目的と配信先に合ったDSPを選び観ましょう。
また、そこから配信先のターゲット別にも分かれます。
ユーザー住所のようなIPアドレスから追っていく配信、ユーザーの行動解析からデータベース化していったりと、さまざまあります。
そういった分岐点から、最適なDSP広告を選んでいきましょう。
どのDSP広告を選んでも、ほとんどの場合データの活用方法や、掲載先ページの選別方法の詳細を確認出来ないことや、どのくらいのサイトにどのくらい配信されたか、ということが不明であることのデメリットが生じるので、デメリットをしっかりと理解したうえで、自社の方針に合うDSP広告を選んでみてくださいね。

まとめ

以上、DSP広告とは何か、その種類と選び方についてお話させていただきました。
オンライン広告運用の新しい形ともいえるDSP広告ですので、しっかりと知識を付けて、自社に合うDSP広告を設定することができれば、より少ない手間で高い効果を期待することができるのです。
DSPを上手く活用し、細かな作業に意識を奪われず、広告やマーケティング活動に専念していきましょう。
広告運用について悩まれている方、広告運用の改善を図りたい方は、ぜひこの記事を参考に、DSP広告を導入してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ