単品リピート通販

単品リピート通販においてアンノウンマーケティングで見込み客を獲得する!

現在のマーケティングでは様々な手法が用いられていますが、その中で今、最も注目されているのがアンノウンマーケティングと言う手法です。

この手法は、アンノウンと呼ばれるユーザーに対してアプローチを行っていく手法であり、これを行うことにより、今まで、コミュニケーションをとることが不可能とされてきたユーザー層にアプローチを行うことができるのです。

そこで今回の記事では、アンノウンマーケティングについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

アンノウンマーケティングとは?

アンノウンとは、未知の、不明の、名も無い、見知らぬと言った意味の言葉であり、マーケティングにおいては、匿名のという意味合いで使用され、匿名の、名前の分からないユーザーのことをアンノウンユーザーと呼びます。

ECサイトには、毎日多くのユーザーが訪れますが、このユーザーの98%以上がアンノウンユーザーだと言われています。

このアンノウンユーザーは、サイトを訪れてはいますが、個人情報の入力を済ませていないため、どこの誰なのかということが分かりません。

このような素性の分からないユーザーに対して様々なアプローチを行うのがアンノウンマーケティングです。

アンノウンマーケティングは、サイトを訪れてはいても、個人情報を入力していないユーザーに対しアプローチを行う手法です。

前述のように、サイトを訪れるユーザーの内、名前の分からないアンノウンユーザーは98%以上います。

つまり、反対から考えると個人情報を登録してくれるユーザーは2%にも満たないと言うことになります。

サイトを訪れる多くのユーザーは閲覧するだけで、個人情報を登録するような行動をとることはなかなか無いことなのです。

しかし、それらのユーザーは、自社サイトを自ら訪れ、商品を閲覧しているわけですから、自社の扱う商品に関心が高いと考えられます。

アンノウンマーケティングでは、そのようなユーザーに対し、効果的なアプローチを行うことで、顧客へと育成していくのです。

アンノウンマーケティングはなぜ注目されるのか?

アンノウンマーケティングが注目されるようになった背景には、近年のデジタルテクノロジーの目覚ましい発展があります。

従来では、このアンノウンユーザーのような層に対し、個別にアプローチを行うことは、非常に難しいことだとされてきました。

しかし、近年テクノロジーは進化し、DMP(WEB上に蓄積した様々な情報を管理するためのプラットフォーム)やMA(マーケティングオートメーション)などが一般にも普及し、WEB上に蓄積された多くの情報をデータ管理できるようになったのです。

このデータにより、ユーザー個人の行動履歴や閲覧履歴などを分析し、名前の分からないユーザーに対しても個別にアプローチをすることが可能となったのです。

このような状況の中で、高い注目を集めているのがこのアンノウンマーケティングなのです。

アンノウンマーケティングを行う手順

実際に、アンノウンマーケティングを行っていくには、3つ段階を踏んでいくことが必要となります。

まず最初の段階では、アンノウンユーザーの閲覧履歴、行動履歴を蓄積し、データベース化していきます。

サイトが複数ある場合には、すべてのデータを統一しておくことも必要となります。

データベース化が修了したら、次の段階では、このデータを基にアンノウンユーザーが何に関心があるのかを詳細に分析していきます。

ここで重要となるのは、アンノウンユーザーが、サイト内でどのようなコンテンツを見ていたのか?コンテンツを閲覧したのはいつ頃なのか?どのくらいの時間閲覧したのか?と言うデータです。

これらのデータにより、アンノウンユーザーの関心が高い分野や商品などを予測し、同じ関心を持つアンノウンユーザーのグルーピングを行います。

同じ関心を持つアンノウンユーザーをグルーピングすることができたら、次の段階では、これらのユーザーに適切なメッセージを配信していきます。

具体的には、特定の商品に関心があるユーザーには、その商品の関するお得な情報などを届けるわけです。

ただし、この段階においても、このユーザーの個人情報は分からないわけですから、メッセージを届ける手段は、サイト内でコミュニケーションをとる方法とWEB広告を利用してコミュニケーションをとる方法しかありません。

具体的には、サイト内で、メッセージをポップアップで表示する、メッセージをリターゲティング広告で表示すると言った方法があります。

また、自社サイトを訪問中のアンノウンユーザーに対し、チャットで話しかけるという方法も効果的です。

AIやMAツールを導入している場合、これらの手順は自動的に行うことが可能です。

そのため、アンノウンマーケティングと言う言葉を知らない場合でも、実際にはすでに行っているということもあるようです。

ただし、この手法は、ユーザー側からすると、個人情報を登録した訳でもないのに、知らず知らずのうちに行動が読まれており、どこに行っても広告が追いかけてくるような気分になります。

これを、不快に思うユーザーも多く存在しますので、この手法を行う際には、ユーザーに不快感を与えない程度にアプローチを制限することが重要となります。

まとめ

アンノウンマーケティングは、多くの企業やサイトがすでに取り組みを始めており、一般的なマーケティング手法の一つとして広く認知されています。

現在はコストをかけてマーケティング活動を行っても、新規顧客の獲得は難しくなっています。

そのような状況の中で、見込み顧客の獲得と言うのは、非常に重要な課題の一つです。

そして、その見込み顧客を効果的に獲得するには、自社に少しでも関心のある顧客に効果的にアプローチすることできるこの手法が有効なのです。

まずは気軽に問合せ